狭山事件 石川さんの再審・完全無罪を

2023年
(上にあるものほど新しい書き込みです)

2022年の情報はこちら
2021年の情報はこちら
2020年の情報はこちら
2019年の情報はこちら

第8回・狭山事件の再審を実現しよう市民のつどいin関西開催のお知らせ

 昨年は、第7回市民のつどいにご登壇いただき、本当にありがとうございました。ご案内が遅れて大変申し訳ありませんでしたが、別紙添付チラシのとおり、2月23日(金)13時より、大阪市西成区民センターにて、狭山事件の再審を求める市民集会を開催致します。ご支援、ご協力のほど、何卒よろしくお願い致します。
【集会要綱】
集会名称:第8回・狭山事件の再審を実現しよう市民のつどいin関西
と  き:2月23日(金)12時開場/13時開会/16時終了
会  場:大阪市西成区民センターホール
登 壇 者:袴田ひで子(清水こがね味噌事件えん罪被害者家族)/青木惠子(東住吉事件再審無罪・冤罪被害者)/西山美香(湖東記念病院事件再審無罪・冤罪被害者)/黒川みどり(静岡大学教授)/伊藤睦(京都女子大教授)/イノセンスプロジェクトジャパン学生ボランティアの皆さん/石川一雄(狭山事件えん罪被害者・ビデオメッセージ)
【狭山事件について】
 狭山事件は今から60年前の1963年5月1日に埼玉県狭山市で起きた女子高生誘拐殺人事件です。この事件の犯人として一審で死刑、二審で無期懲役判決が確定している石川一雄さん(今年85歳)は無実です。
 2006年に提訴された第三次再審請求審では、2009年に証拠開示勧告が出され、現在まで約250点の新証拠が開示されました。弁護団は2022年8月に新証拠の鑑定を行った科学者ら11名の証人尋問と石川さんの自宅から発見された万年筆の真偽を確認するための裁判所による鑑定の申請を行い、検察の反論が出そろい次第、年内にも裁判所の決定が出される見込みです。
 作家の鎌田慧さんらが呼びかける証人尋問等の事実調べを求める緊急署名は、現在、全国で54万筆を超えて拡大しています。
 11人の証人等の詳細は、サイト「狭山事件 59年目の新証拠」で公開されていますので、是非ご参照ください。
【2024.2.9 狭山事件の再審を実現しよう市民のつどいIN関西実行委員会 TK様】

来年には必ずや、事実調べの実現を

 狭山事件・無実の石川一雄さんの再審無罪判決を願う全ての皆さん!
 63年5月、狭山事件発生・石川一雄さん不当逮捕から60年半、24歳だった無実の部落青年は来月85歳となります。
 昨年、
 「74年10月、寺尾裁判長による二審・東京高裁差別無期懲役判決=確定判決から48年、最大のチャンスが来ています。77年8月、第1次再審請求申立てから45年余り、ただの1度も実施されなかった事実調べを実現できる可能性が高まっているのです。8月29日、狭山再審弁護団は、東京高裁に「事実取調請求書」を提出しました。
★9月半ばから年内20万筆を目標に、全国で緊急署名運動が取り組まれ出しています。取組みを進め、東京高裁大野裁判長に事実調べ実施を決断させ、来年の再審開始決定へと進めたいものです。是非とも周辺に拡散し、1筆でも多くの署名を集めましょう。」
 とのメールを皆さんに送りました。大野裁判長宛の緊急署名は狭山闘争の底力ここに在りと、多くの人を動かし、52万余筆が集まりました。また、徳島新聞・毎日新聞(埼玉版)・埼玉新聞・西日本新聞等、多くの日刊紙に狭山再審を取り上げる記事が掲載されたのも2023(癸卯)年の特徴だったかと思います。残念ながら今年、事実調べの実施判断は勝ち取れませんでしたが、確実に狭山の風は勢いを強めています。来たる2024(甲辰)年には必ずや事実調べを実現しようではありませんか。

★12月、3つのニュース
☆悲しいニュース
 8日(金)、狭山弁護団事務局長であり、関西共同行動代表として、反戦反基地・改憲阻止等の市民運動の先頭に立っていた中北龍太郎さんがなくなりました。私個人としては、中北さんの事務所で開かれていた狭山事件研究会に参加していた事が、思い出されます。他に解放新聞社の笠松さん、枚方市民の会の松本さんの4人だったと記憶しています。3人とも亡くなられ、さみしい限りです。
以下、関西共同行動の頁から
訃報
関西共同行動・共同代表 中北 龍太郎さん(1947-2023) 2023年12月8日 急逝す
関係各位
 2022 年末ごろより体調不良を訴えられ、今年6月より入院・加療を続けておられましたが、容態急変し、逝去されました。
 早稲田大学を卒業後、1976 年に弁護士となり、人権派弁護士として名を馳せ、同時に様々に反戦・平和運動に一貫して取り組んで来られた生涯でありました。
 そしてその中で1980 年に反戦市民運動団体として「関西共同行動」の結成を呼び掛けられ、その後40 年以上今日に至るまで、共同代表を務めつつ、最後まで発行するニュースにて巻頭言を書き続けて来られました。
 その長き時間を共に過ごしてきた私たちは、この突然の別れに驚愕し、悲しみ、深く追悼しつつ残された遺産ともいうべき反戦の灯を燈し続ける決意を新たにするところであります。
関西共同行動 事務局一同
☆大切なニュース
 11日(月)、東京高等裁判所第4刑事部判事だった大野勝則裁判長が、事実調べに何一つ判断を示さないまま、定年退官しました。翌12日(火)、静岡家庭裁判所所長だった家令和典判事が着任し、狭山第3次再審請求審10人目の裁判長となりました。
 今後の狭山担当体制は
  家令和典:裁判長・新任
  安藤祥一郎:右陪席・留任
  佐脇有紀:左陪席(主任)・留任
『新裁判長は主任裁判官作成のレポートと弁護団作成のポイント資料を読んで2月下旬の三者協議に臨む事になる』(11月和歌山全研での竹下弁護士報告)との事です。
以下、部落解放同盟大阪府連合会の狭山頁から
 裁判長が交代             2023/12/12
 狭山事件の再審請求を継続している東京高等裁判所第4刑事部の大野勝則裁判長が定年退官により交代した。後任の裁判長は家令和典(かれいかずのり)裁判長がつとめる。 
 84歳の石川一雄さんは今年10月の狭山市民集会で「無罪を勝ち取るまで石川一雄は死にません。大野裁判長 は12月で退官するが再審の門を開いてほしい」と訴えてきたが叶わなかった。
 狭山事件から60年。一日も早く無罪を勝ち取るために家令和典裁判長あてに再審開始を求める署名ハガキを送ろう。
 送付先・郵便100-8933 東京都千代田区霞ヶ関1-1-4 東京高裁第4刑事部 家令和典裁判長 様
☆嬉しいニュース
 13日(水)、『西日本新聞』の朝刊1面と社会面に狭山の大きな記事が掲載されました。とりわけ、1面記事では月刊狭山パンフレット『狭山差別裁判』が取り上げられました。半世紀前の73年11月、タブロイド版新聞として創刊された当時から購読し、82年10月から月1回の読み合せをしている読書サークル「狭山パンフを読む会」に参加している私にはとても嬉しい記事です。今月も30日(土)に第495回読む会を持ちますので、皆で話せたらと思います。
記事内容は石川早智子さんの頁をご覧下さい。
【2023.12.17 大阪市住吉区 HM様】

10・31

 10月31日 49年前のこの日、狭山事件の高裁判決が寺尾裁判長によって出され、多くの人の期待を裏切りました。明々白々の冤罪事件なのに言葉を弄びながらの差別判決。私が初めて「お上のやることにも間違いはある」と知った日です。東京、日比谷野外音楽堂では「狭山事件の再審を求める市民集会」が開かれ、全国から多くの方が参加されました。私は参加しませんでしたが、成功を願っていました。折しも袴田巌さんの「清水こがね味噌事件」も再審が始まり、盛りあがったことと思います。「次は狭山や!」この言葉も大きな広がりを見せてます。石川一雄さん、84歳。お元気ですが、かなりの高齢。お元気なうちに見えない手錠がはずされ、晴れてご両親のお墓参りに行って貰いたいです。そして夜間中学で学び、アフリカ旅行の夢を叶えて戴きたいです。全ての冤罪事件は犯罪です。許してはなりません。ほんまにそおおもてます。
【2023.11.1 新治】

 10・31の東京の行動、読む会の関西メンバーは私だけでしたが、豊橋からMさんが久し振りに来ていました。集会の報告記事は部落解放同盟大阪府連合会の狭山頁『えん罪狭山事件』を、写真はFacebook『狭山事件の再審を実現しよう』を御覧下さい。私の撮ったものも何葉か添付します。
【2023.11.3 大阪市住吉区 HM様】

10.31を前に

★石川一雄さんから『10.31メッセージ』が発せられました。不屈に闘う事を表明しながらも、現裁判長による開始決定を望めなくなった事から「いたずらに時間が過ぎ、その結果、私の命が失われていく」「私が逝ってから無罪を勝ち取っても遅い」「先の見通せない中で」等の悲痛な思いが滲み出ています。全文は石川早智子さんの頁『冤罪狭山事件』でお読み下さい。

以下部分引用
「最近特に、目が見えにくくなり、階段等で転んだこともあったので、遠くの集会等に支援のお願いに出ていくことも遠慮させて頂いております。」
 「57回目の三者協議も来月に予定されていますが、現在の状況を直視すれば、大野裁判長の退官は12月に迫っている由で、事実調べ・再審開始の可否の判断は、次の裁判官に託すにしても、それほど時間はかからず判断されるものと思われます。」
 「確かに確定判決の7点の情況証拠、秘密の暴露と自白を完全に潰し、事実調べ・再審開始を求めるのが一番と思われますし、そのように戦われていることは承知しておりますが、その都度、検察は時間をかけて反論等を提出してくるので、いたずらに時間が過ぎ、その結果、私の命が失われていくことになります。こうした検察官のやりかた(再審妨害)を止めるには、やはり再審法の改正しかないのかもしれません。
 第3に万年筆の件は今更私が申し上げる迄もありませんが、弁護団の皆様方には、何時如何なる時でも長期間に渡って多大なご尽力、ご協力を賜っていることに、心から敬意と感謝の念で一杯ですが、私が逝ってから無罪を勝ち取っても遅いので、つい泣き言、愚痴を零してしまいました。
 事実調べ・再審開始の可否の判断を次の裁判官に委ねることになっても、支援者、弁護団の皆様方と共に奮闘して参る決意は変わりませんが、何卒、皆様方も、今次の再審闘争に全勢力を傾注して下さいますよう伏してお願い申し上げます。
 先の見通せない中で、寺尾不当判決糾弾集会が全国各地で開催されている訳ですが、私も年齢的にみて今次の第3次再審請求にかけており、全国の支援者皆さん方のご支援、ご協力に応えるべく、全身全霊で闘い抜くことをお誓いして寺尾不当判決から49年を迎えての決意とさせていただきます。

2023年10月
寺尾不当判決49カ年糾弾・狭山再審要求集会
ご参加ご一同様
石川 一雄」
★74年10月31日の第二審東京高等裁判所寺尾正二裁判長による差別有罪判決=石川一雄さんに今なお見えない手錠をかけている確定判決49か年を糾弾し、第三次再審請求審における事実調べの実施→再審開始決定を求める様々な取り組みが行われています。大阪・東京の両集会のみ紹介します。

※24日(火)、PLP会館(大阪メトロ・扇町)、18:30~20:00
 「『狭山事件を世に問う 石川一雄さんの半生から』学習会」
 講演:黒川みどり(『被差別部落に生まれて 石川一雄が語る狭山事件』著者)
 主催:部落解放大阪府民共闘会議・部落解放同盟大阪府連合会
※31日(火)、日比谷野外音楽堂(東京メトロ・霞ヶ関)、12:30~15:30頃
 「寺尾差別判決49カ年糾弾!今こそ鑑定人尋問実現を!狭山事件の再審を求める市民集会」
 ミニコンサート+集会+デモ
 集会内容:石川一雄・石川早智子挨拶、再審弁護団報告、
        片岡明幸(部落解放同盟中央狭山闘争本部長)基調提案、
        冤罪被害者連帯アピール
 主催:狭山事件の再審を求める市民集会実行委員会
【2023.5.23 大阪市住吉区 HM様】

「狭山の黒い雨」上映会

 先ほどFacebookで見つけたチラシです。主催者のサイトに何も情報が無いのですが、紹介していただければ幸いです。

【2023.10.7 京都市下京区 TM様】


黒川みどり 「いま狭山事件を問うこと
 先日、Facebookで知った記事です。ぜひ、皆さんに紹介していただきたいと思います。既にご存じでしたら、ご放念ください。
 黒川みどり 「いま狭山事件を問うこと」(『図書』2023年9月号より)

【2023.9.5 京都市下京区 TM様】

5・23狭山事件の再審を求める市民集会

 「5・23狭山事件の再審を求める市民集会」に参加してきました。写真は、神林成光さん(千葉県松戸市・狭山事件に取り組む東葛住民の会・会長)=信州出身、露の新治さん=狭山パンフを読む会・会員、中本栄さん(部落解放同盟長野県連合会・書記長)。
12:00頃、要請行動終了後の東京高裁前で
黒地赤字の幟を持ってデモスタートを待つ新治さん
【2023.5.23 大阪市住吉区 HM様】
 50万筆の署名と石川一雄さん、石川早智子さんのお二人。右側の赤い服は、福島瑞穂社民党党首(ちゃんとしたみずほさんの方です)。「雨にも負けず。今年こそ、再審、無罪を。50万の署名を力として。(新治)」
【2023.5.23 新治】

 集会前のバンド演奏、獄友イノセンスバンド(李政美、うじきつよし、河野俊二、小室等、こむろゆい、谷川賢作)。ええ演奏でしたが、歌手のひとりがのってきて「雨よ、ふれえ!」と叫んだ時は「何をゆうねん。こちゃ、ずぶ濡れやがな」とつっこみました。うじきつよしさんは、演奏が終わったら、楽器やアンプの片付けを率先してされてました。お人柄を感じました。
【2023.5.29追加 新治】

 「狭山事件の再審を実現しよう市民のつどいin関西。」
 袴田巌さんの再審が確定し、新聞の一面を飾ったその佳き日に最高のタイミングで行われた「狭山市民の集い」。西成区民センター大ホールは大入り、大盛況。なんとロビーに夜間中学のレジェンド高野雅夫さんの姿が!感激してると戸川正明先生とも再会。東本願寺の相良晴美和尚(元同宗連議長)は衣を着ての参加。パギやん(趙博さん)の姿も。狭山パンフを読む会からは、豊橋で活動する山崎和男さん、幽霊会員の私を入れて七人の参加。「狭山は人をつないでくれる、出会わしてくれる!」解放同盟代表の挨拶の後、いきなりの出番。思えば、狭山差別事件の集会でお話するのは初の経験。つい自分の思いを話したくなりましたが、えらそうに「関わってきた」と言える身でもなく、芸人として精一杯お笑いいただけるよう努めさせていただきました。指宿弁護士の再審へ向けての分かりやすいお話。袴田ひで子さん(巌さん姉)、狭山の主役、石川一雄さん、石川早智子さんのビデオでのアピール。冤罪被害者の青木さん、西山さん、金監督、支援者のノジマミカさん。四人のトーク。当事者のなまの声は心に響きました。青木さん、西山さんのお二人は想像を絶する辛い体験を乗り越えられ、お人柄もお話も魅力的でうなずきながら笑え、いつまでも聴いていたいほど。迫力いっぱいの太鼓演奏もあり気分も高揚。そのままデモへ。岸里から花園、あいりん地区を通り新今宮まで。先導車から流れる「差別裁判うちくだこう」に目がしらがうるみました。ええ加減な関わり方、生き方をしてきた私が参加してええのかと、腰の引けた参加でしたが、ありがたい一日でした。次々と冤罪事件の再審が決まる中、ほんまに狭山は遅すぎます。石川一雄さんは84歳。次こそ狭山!ほんまにそう思います。

<プログラム>
 地元挨拶
 記念講演 「お笑い人権高座」 露の新治
 弁護団報告 狭山再審弁護団 指宿昭一さん
 議員・政党挨拶 衆議院議員・大石あきこさん、社民党副党首・大椿ゆう子さん
 (休憩)
 ビデオメッセージ 狭山事件えん罪被害者 石川一雄さん、石川早智子さん
 連帯挨拶 清水事件えん罪被害者家族 袴田ひで子さん
 トークセッション 映画監督・金聖雄さん、東住吉事件えん罪被害者・青木惠子さん、
          湖東記念病院事件えん罪被害者・西山美香さん、FB狭山事件の再審を実現しよう管理人・ノジマミカさん
 太鼓演奏 熱光(ひかり)、鼓情炎(こじょうえん)、いぶき
 閉会挨拶
 集会終了 パレード出発
大きな看板 高野雅夫さん 山崎さんと
【2023.3.21 新治】

 久々に聞く新治さんの「お笑い人権高座」さすがでした。会場は270人程、参加者の多くは反差別・反冤罪・労働組合・釜ヶ崎等の活動に参加している人々ですが、本真によう笑うてました。集会の内容は部落解放同盟大阪府連の狭山頁に報告が載っています。集会や高座のようす、新治さんが幟を掲げて釜ヶ崎・あの西成警察署前をデモする写真を添付します。ちなみに高座の中で何度も私の名を言うたのは堪忍して欲しかったです。
会場のようす 狭山パンフを読む会の幟
新治さん「お笑い人権高座」
石川一雄さんご夫妻 袴田ひで子さん(巌さんのお姉さん)
パレード(デモ行進) 新治さんも
 おまけ:シンポジウムで湖東記念病院事件で再審無罪を勝ち取った西山さんが、『とても面白かったのに会場が暗かったので途中で寝てしまいました。すみません。』と発言し、会場の笑いを誘ってました。
【2023.3.21 狭山パンフを読む会 HM様】

祝!再審開始決定!次こそ狭山や!
 清水こがね味噌事件(いわゆる袴田事件)の再審開始決定を心から喜びます。袴田さんが犯人にでっち上げられた原因の一つが「元プロボクサーだった」ということがあります。昔は「ボクサー崩れ」という言葉がありました。「ゴルファーくずれ、剣道くずれ、柔道くずれ、フィギュアスケートくずれ」とか聞きません。ボクシングを野蛮なスポーツと見る蔑視が、袴田さんを色メガネで見ることになりました。とんだとばっちりで、許されない差別です。それでこれは袴田個人への蔑視ではなく「ボクサー全員、ひいてはボクシングというスポーツへの偏見」だと言うわけで、日本ボクシング協会(ファイティング原田会長・当時)が再審開始をリングの上から訴えてきたりしました。今日ようやく再審開始が決まったこの事件。次は無罪獲得です。そして、次こそ狭山です。
【2023.3.13 新治】

第7回市民のつどいのお知らせ
 一人でも多くの市民の皆さんと石川一雄さんとの出会いの場を設けようと開かれてきた「狭山事件の再審を実現しよう市民のつどいin関西」も第7回目を迎えます。事実調べを行うかどうかの裁判所の決定は、2023年5月頃と見込まれています。第7回市民のつどいで、事実調べを求める市民の声を大きくあげていきましょう。皆様のご参加、ご支援をどうかよろしくお願いいいたします。
■第7回市民のつどい概要
日 時:2023年3月21日(火・春分の日) 12時開場/13時開会
場 所:大阪市西成区民センター(大阪メトロ四つ橋線『岸里』駅すぐ/南海電車『天下茶屋』駅から徒歩5分)
会場費:500円 ※オンライン参加無料。申込みはこちらのホームページから。
主 催:狭山事件の再審を実現しよう市民のつどいIn関西実行委員会
連絡先:メールsayama.kansai@gmail.com
<プログラム>
 ・地元あいさつ …部落解放同盟大阪府連合会
 ・冤罪アピール…袴田ひで子さん(リモート)
 ・記念公演 …「お笑い人権高座」露の新治さん
 ・狭山再審弁護団の報告…指宿昭一弁護士(暁法律事務所)
 ・石川一雄さん、早智子さんのビデオメッセージ
 ・シンポジウム ―青木惠子さん、西山美香さん、金聖雄監督、ノジマミカさん―
 ・3チーム合同太鼓演奏 ー熱光(ひかり)、和太鼓いぶき、太鼓集団 鼓情炎(こじょうえん)ー
〈ご支援のお願い〉
■賛同金 1口 1000円×何口でも。
■郵便振替口座にて受付中
【口座番号】00990-6-333303
【口座名義】狭山再審実現しよう市民のつどい関西実行委
【2023.2.4 狭山事件の再審を実現しよう市民のつどいIn関西実行委員会 TR様】

ブラウザの「戻る」ボタンで戻ってください。