へらへらメール

 このページでは、ファンの皆様から寄せられたメールを公開しています。なお、事故防止のため、お名前は伏せさせていただいております。また内容も一部添削させていただいております。ご了承ください。

 (未掲載をご希望される場合は、その旨メールしてください。削除させていただきます。また落語会や講演会の依頼メールは、原則として割愛させていただいておりますので、ご了承ください。)


過去のメールはこちらから・・・(バックナンバーの目次)


 2023年10月

 夜分に失礼いたします。442000番を頂戴しましたが、相変わらず番号をアップすることができず、申し訳ありません。月日が過ぎようとも、テント師匠を憶う涙が涸れることはないでしょう。テント師匠のご冥福を心よりお祈り申し上げます。【2023.10.2 東京都国分寺市 IN様】(キリ番ゲット、おめでとうございます。豪華な粗品をお送りします。キリ番の画像を送っていただいたほうが、このコーナーの見栄えはいいのですが、別に画像がなくても構いません。ゲットされた方は遠慮なくお知らせください。MORI)
 今週の喜楽館昼席、タニマチ割引で楽しませていただきます。我らが師匠、桂三象・梅沢富美男両氏からの「女性の描き方」理論を開陳しているところで、突然指先からの出血というハプニング発生。お茶子さんに絆創膏を貼っていただいてからの続演、「紙入れ」の一席でした。私の周辺のおばさまたちからは同調と羨望の笑いと拍手、よく受けていました。ではこれから晩酌開始、次は金曜日に伺います。
【2023.10.3 京都市下京区 TM様】(喜楽館昼席2日目の報告をいただきました。なぜに指先から出血!? ちょっとびっくりしてしまいましたが、大した事なかったようで、ほっとしました。今週日曜日まで、喜楽館昼席で新治さんがトリを務めます。皆さん応援よろしくお願いします。MORI)
 今席の個人的収穫は桂九寿玉君、声が大きく口跡もよくて聴きやすい。兄弟子の九ノ一君ともどもこれからが楽しみですね。もう一つは笑福亭生寿さん、初めてではないのですが上下の切り方が江戸前なのが新鮮でした。我らが師匠、登場された瞬間の衣装を見て「ラッキー!」、寄席で仲蔵がかかると木戸銭が2割ほど安く感じます。明日も伺いますよー。
【2023.10.6 京都市下京区 TM様】(今日も喜楽館の感想をお寄せいただきました。エックス(ツイッター)情報では、お客さんの入りはもう一つとか。平日なので仕方ないかも知れません。あと残すところ2日となりました。秋祭りシーズンですが、喜楽館もよろしくお願いします。MORI)
 喜楽館昼席6日目、今日の敢闘賞は生寿さんですね。鹿えもんさんが時間を5分残して下りたため、慌てて着替えて高座へあがられました。松鶴一門の松濤園とNHKの二葉さんネタで時間をつないで盛り上げ、きれいにネタに入られました。我らが師匠、サゲに繋がる浄瑠璃の説明をした上で宿屋夫婦と絵師親子、二組の人間関係を巧みに対比させながらテンポ良くサゲまで運ばれました。明日は伺えませんので私にとっては今日が楽日、東京のNさんにお会いできたことも含めて楽しい昼席でありました。

 喜楽館とは関係ありませんが、先ほどFacebookで見つけたチラシです。主催者のサイトに何も情報が無いのですが、紹介していただければ幸いです。
【2023.10.7 京都市下京区 TM様】(喜楽館6日目の感想を送っていただきました。今日の新治さんの出し物は「抜け雀」、お客さんも大満足だったことでしょう。明日は楽日、新治さんの出し物もお楽しみに。「狭山の黒い雨」上映会の紹介もありがとうございます。MORI)
 10月10日は「体育の日」ならぬ平日、私は在宅ワークの日、ツレアイ(訪問看護師)は昼で仕事が終わり、それならと天満天神繁昌亭昼席に伺いました。今席は露の都師匠が主任ですが、今日は我らが新治師匠の代バネ、事前に席をお願いしましたがちょっと遅れての入場、2番目の笑福亭飛梅さんから拝見しました。この方は初見ですが、バイクのハンドルの形状・アクセルとクラッチの使い分けの暴走族の伝承技には大笑いしました。その後は淡々と進んでちょっとウトウト(失礼)、仲入りで気を取り直してトリネタは「井戸の茶碗」、個人的には久しぶり、正直清兵衛の取り持つ縁はいつ聴いても心洗われる爽やかさが魅力です。次は週末の三田落語会に東上、楽しみです。
【2023.10.10 京都市下京区 TM様】(いつも報告、ありがとうございます。10月になってからの追っかけはすごいですが、東京の三田(みた)落語会にも行かれるんですね。報告を楽しみにしておきます。MORI)
 この度もとても嬉しい貴重な 品々を誠にありがとうございました。昭和記念公園の切手も嬉しい限りです。隣まちにある公園で、今まさに美しいコスモスが咲いています。娘が小さい頃は自転車でよく訪れたことが思い出されます。森脇様の お心がとてもありがたいです。【2023.10.10 東京都国分寺市 IN様】(いつも丁寧なお礼メール、恐縮です。切手が昭和記念公園だったのか、もしそうであったとしても昭和記念公園がどこにあるのかも存じません。そこに行かれたことがあったという偶然に驚いています。MORI)
 天満天神繁昌亭昼席行ってきました。今日のお客さん当初は固めな感じでしたが、終盤は新治師匠のペースに乗ってきた感じでした。演者が客を動かしたのか、客が演者を動かしたのか解りませんが、新治師匠で聴いたことあるネタでも客のノリで変わるというのを感じられるのはライブならではの楽しみではないでしょうか。【2023.10.11 千葉県船橋市 MY様】(私の分析では、残念ながら上方でも新治さんを知らないというお客さんも多く、落語の初めの方は「この落語家、誰や?」で始まり、新治さんの落語に引き込まれ、終わって大きな拍手、というパターンが多いのです。MORI)
 本日も動楽亭昼席に行き、新治師匠聴いてきました!本日も「竜田川」。客席と演者の波長が合ってか、昨日より盛り上がり、ノリノリの師匠でした。【2023.10.12 千葉県船橋市 MY様】(動楽亭も行かれたとは、びっくりです。基本的に、2日連続で、別の寄席に、同じ噺家目当てに行くことはあまりないと思いますので、ネタがかぶってしまいましたね。できれば違う話を聞きたい、でも新治さんの十八番は何回でも聞きたい、というジレンマ・・・。MORI)
 先日、お世話になったばかりですのに、連続してキリ番を頂戴しました。申し訳ない気持ちでおります。今日が私の誕生日でしたので、挑戦してしまいました。そうは言っても、やはりとても嬉しいです。お蔭様で嬉しい誕生日となりました。ありがとうございます。【2023.10.12 東京都国分寺市 IN様】(このたびはキリ番連続ゲット、おめでとうございます。連続ゲットは、狙ったからと言って簡単にゲットできるわけではありません。加えてお誕生日おめでとうございます。豪華な粗品をお送りします。いいプレゼントになりましたでしょうか。MORI)
 12日の動楽亭に行かせてもらいました。新治さんの演目の「ちはやふる」は 一旦新治さんの中で咀嚼して再構成された「ちはやふる」だったようで、熟練の味を楽しめました。【2023.10.13 大阪府堺市 AN様】(動楽亭昼席の感想をお寄せいただきました。ちなみに「竜田川」と「ちはやふる」は、同じ噺の別名です。MORI)
 落語ファンには本寸法と評価の高い「三田落語会」、初めて伺うことができました。席は2列目の中央よりの見やすい位置、そこへ現れたのが新治ファンの先輩Nさんとお友だち、私のすぐ前に着席されました。このお友だちというのが、以前からInstagramでフォローしていた方と分かってビックリ、開演前から盛り上がっておりました。
 開口一番は入船亭扇ぱいさん「たらちめ」、昼席に登場された入船亭扇遊師匠の四番目のお弟子さん、なんとNHKアナウンサーからの転身という変わり種、かつて桂小米(枝雀)に入門されたABCアナウンサーの故今井音也氏のことが頭をよぎりました。さすがに声も口跡も良くて聴きやすい。
 さん喬師匠の一席目は「応挙の幽霊」、下戸の師匠が描く幽霊の酔っぱらいに大笑い。続いて我らが師匠は黄色のお召しで登場、ファンにはお馴染み「まめだの衣装」、この時期もっとも聴きたい噺をしっとり演じてお仲入り。二席目は「口入屋」、ドガチャガドガチャガで笑いをとって、トリはマクラ無しで「鰍沢」、客席も雪深い山の中へ誘われ、思わず襟をそばだてたほどでした。秋から冬への両師匠のリレー、大変結構な演出で大満足の一夜となりました。新治師匠は続いて東北公演、どうぞお身体大切に。
【2023.10.15 京都市下京区 TM様】(東京の文化放送メディアプラスホールで開催された、第67回三田(みた)落語会まで足を運んでいただき、感想をお寄せいただきました。エックス(ツイッター)でも多くの方がポスト(ツイート)されています。MORI)
 この度もとても嬉しい宝物をありがとうございました。お蔭様で誕生日プレゼントを頂戴した嬉しい誕生日となりました。よい年にしようと意欲が湧いてきました。小さな切手の奥深い芸術性に魅了されます。貼ってくださったMORI様の お心にありがたい気持ちになります。この度も美しいお花の切手をありがとうございました。切手が貼られているだけで とても嬉しいのです。【2023.10.17 東京都国分寺市 IN様】(豪華な粗品のお礼メールをいただきました。いつも丁寧なメールで恐縮します。こちらは大量の切手の処分に困っているだけなので、恐縮です。MORI)
 先日、秋葉原で変なポスターを見つけたので、こっそり撮ってきました。「盗撮注意」のポスター、やっぱり東京は「注意」なんですね。
【2023.10.17 大阪府高槻市 TS様】(だめですよ、「盗撮注意」のポスターを盗撮するのは。でもこれなら、「盗撮されるのを注意しなさい」なので、被害者へのメッセージですね。大阪なら「盗撮あかん!」でしょうか。MORI)
 先日の「三田落語会」初めて観させてもらいました。昼席と夜席、両方観させてもらいました。新治師匠はただ一人上方落語、よう目立っておられました。私の好きな落語家、新治師匠、さん喬師匠、文菊師匠の三人が出演されるとあり、飛ぶ想いで行かせてもらいました。夜席は、幽霊やら、化かし狸やら、山姥?如きのお熊さん・・・ちょいとアチャラのお話し続きで、しんみりともさせて貰いました。落語観客、駆け出しの身、としましては、入船亭扇遊師匠の落語は初めてでおました。扇遊師匠の落語、また聞きとうなりました。一日中の落語三昧、しっかり楽しませていただきやした。来月の25日は、地元の名古屋で、さん喬師匠と新治師匠の二人会、行かせて貰う予定です。楽しみでおます。【2023.10.19 岐阜県岐阜市 面紙様】(12月の新幸さん独演会のチケット予約をいただきました。岐阜県から、東京、名古屋、大阪と、東奔西走の追っかけ、ありがとうございます。MORI)
 私にとっては2020年12月11日の露新以来、久しぶりの動楽亭にまいりました。番組は、「桃太郎」桂弥壱、「親子酒」桂そうば、「悋気の独楽」桂歌之助、「猿後家」露の新治、仲入り。所用のため、仲入りで中座させていただきました。我らが師匠、東北公演直後でお疲れでしょうが久しぶりに「猿後家」を聴かせていただきました。個人的には、2018年4月24日(火)天満天神繁昌亭朝席のトリで聴いていますから、5年半ぶりということになります。何と言っても奈良名所の立て弁が聴き所、師匠も久しぶりのご様子でしたが客席を十分唸らせる出来映えでした。明日はさかぐら寄席、どうぞお疲れの出ませんように。
【2023.10.20 京都市下京区 TM様】 (動楽亭昼席の報告を送っていただきました。改めて看板を見ると、桂のなかに「露の」が一人。ざこば師匠が作られた寄席だからということもあるのでしょうか。それとも、たまたま?MORI)
 11回目を迎えた「新治さかぐら寄席@太陽」、初めての浪曲(天光軒新月師匠)との二人会の番組で開催。飛び入りあり、トラブルありのハプニングに満ちた会になりましたが、心優しい観客の方々、演者さんに助けられて何とか無事終了できました。新治師匠に続いて浪曲の新月師匠に変わった直ぐに、マイクが突然切れて、「席亭」は一瞬真っ青に。が、新月師匠が落ちついて続けていただきひとまずクリア。中入り後の新月&新治のトークには、新月師匠の台本作家でもある山下孝夫氏も飛び入りで加わって、浪曲にまつわる話に参加して頂きました。その後も、もう一度マイクトラブルがありましたが皆さんの暖かい気持ちで乗り超えさせていただき、閉演できました。ちなみに、演目は「野ざらし」(新治)、「父帰る」(新月)、「二等兵物語」(新月)、「紙入れ」(新治)でした。
 続いての試飲会、殆どの皆さんが残られ、新治師匠も加わって頂き、うま酒を楽しみながら、山下さんの描かれた「絵」のプレゼントというお楽しみもあり、大いに盛り上がりました。観客の皆様、演者の皆様、蔵の皆様に助けられ、心より感謝を申し上げます。なので、来年もやります!
 追伸 帰りの山陽電車が人身事故で遅延、新治師匠が駅で待ちぼうけを食らわされるハプニングもありました。
太陽酒造 酒蔵2階の会場
準備は完璧 「野ざらし」・新治
「父帰る」・新月 「二等兵物語」・新月
トーク 「紙入れ」・新治
試飲会風景 お楽しみ・絵のプレゼント
【2023.10.21 兵庫県明石市 OY様】(造り酒屋「太陽酒造」の酒蔵での「さかぐら寄席@太陽」。落語がメインか試飲会がメインかわかりませんが、毎年大盛り上がりです。初めての浪曲とのコラボでしたが、いかがでしたでしょうか。MORI)
 冷え込んだ秋晴れの昼下がり、明石・江井島で第11回の「新治さかぐら寄席」が開催され、大盛況だった。今回は、浪曲もあり、新たな参加者も多く見られ、マイク無しでも広い会場(古い歴史ある酒蔵)に十分伝わる声量には正直驚かされ、圧倒的な迫力だった。2人の熱演で予定時間を1時間ほどオーバーしたが、今回、異なる分野の芸能を堪能させていただいた。席亭の岡崎夫妻に感謝します。ありがとうございました!(前方の島は淡路島)
【兵庫県芦屋市 OK様】(「さかぐら寄席」の感想を、フェイスブックがら転載させていただきました。初めて落語と浪曲のコラボ開催でしたが、お楽しみいただけたようでよかったです。MORI)
 日本シリーズ予定に取得した休みが未定になった福岡で、また悲しさを慰めてくれるキリ番をゲットしました! ホークス敗退で又落語に逃避する日々。いいなあ大阪は関西対決ですね! ホークス時代大竹は山本と良い試合してたんです、どちらも勝たせたい日本シリーズです。
【2023.10.24 福岡県大牟田市 UN様】(キリ番ゲット、おめでとうございます。豪華な粗品をお送りします。日本シリーズは阪神(兵庫県)とオリックス(大阪府)ですが、ソフトバンクホークスも南海時代はホームグラウンドが大阪球場ですね。オリックスバファローズの合併前の阪急は兵庫県、近鉄バファローズは大阪府です。近鉄ファンの私は、大阪球場に近鉄南海戦を見に行きましたよ。なつかしい。MORI)
 天満天神繁昌亭10月29日昼席、今週の昼席は桂そうばウィーク、千穐楽でざこば師登場とのことで早めにチケットを抑えておきました。あおばくん、ぽんぽ娘さんは手短にまとめ、かい枝さんは独特の味付けの「代書」、やはりうまいですね。トークコーナーは、あおばさんのしくじりエピソードのオンパレード。三度さんはそれなりの「牛ほめ」、我らが師匠の登場は黄色い衣装だったので「あれ、まめだ?」と思ったのですが、場内は寄席慣れしていない団体客が多く、「竜田川」で正解でした。仲入りにはぽんぽ娘・あおばコンビがそうばさんのグッズ販売、ぽんぽ娘さんはこのような仕切りがとても上手です。後半は小鯛さんから、実は2年前のグランプリ優勝者、滑舌もよく聴き応えのある「がまの油」でした。ラッキー舞さんの太神楽をはさんでざこば師登場、体調不良で落語は無理とのことで、そうばさんとの対談、もっぱり脳梗塞後のリハビリの様子をそうばさんが専門用語を交えながら上手に聞き出していました。トリは藤沢周平原作を落語に仕立てた「遠ざかる声」、旦那と死んだ女房の霊が滑稽なやり取り、原作は知らないのですがうまく構成されています。そうばさん、もう少し注目して聞いてみたいと思いました。
【2023.10.29 京都市下京区 TM様】(「桂そうば第9回上方落語若手噺家グランプリ優勝記念ウィーク」最終日に、新治さんが出演、その様子をお知らせいただきました。いつもレポート、ありがとうございます。MORI)
 10月31日、ハルカス寄席行ってきました。ネタは「井戸の茶碗」。内容知ってますけども、千代田氏の娘と高木氏が終盤に結婚することが決まッタ時、屑屋の正兵衛が嬉しそうに「出来た!」のセリフで、思わずこちらも嬉しくなり手を叩きたくなりました。新治師匠の純粋な語り口がそうさせたんでしょう。結構な素晴らしい落語聴け良かったです。追伸 今から甲子園に日本シリーズ見に行ってきます!【2023.10.31 千葉県船橋市 MY様】(10月11日、12日に続いて、大阪の寄席で新治さんの追っかけをしていただいています。大阪人より追っかけ率が高かったりして・・・。日本シリーズは、どちらの応援?千葉はロッテマリーンズなので、パリーグのオリックスでしょうか。MORI)
 2023年11月

 昨日はハルカス寄席で、「井戸の茶碗」をたっぷりと、笑いも多めに盛り込んだ円熟の芸を堪能してきました。【2023.11.1 大阪府堺市 AN様】(ハルカス寄席の感想を送っていただきました。先日ラジオで、ある落語家さんの「井戸の茶碗」を聴きましたが、新治さんの「井戸の茶碗」とは別の噺のような気がしました。MORI)
 豪華な粗品届きました! ありがとうございます。大牟田高校の3年ぶりの全国高校出場、アビスパ福岡のルヴァン杯優勝と良い事が続きうれしいかぎりです! 11月18日、博多の「落語カフェ笑庵」さんに、桂蝶の治さんがお囃子さんつれて落語会に来られましたので伺って参りました。へらへら日記で新治師匠がお稽古をつけてらしたの読んでおりましたので、「狼講釈」とか新治師匠由来の噺を聴けるか望みを持って。一席目「明石飛脚」、二席目「百川」、教えいただいた師匠のお話されながら三席目「深山隠れ」! 新治師匠のお話とともに面白い話聴くことが出来ました! 会が終わり、「こちらのホームページを読み、お囃子さんもご一緒なので、露の新治師匠から教わった噺聴けるんじゃないか楽しみにしてました」とお話しました。若干引いてる様な気もしましたが、お伝え出来て良かったです。落語面白いですね、いろんな出会いや気づきがあります。また新治師匠の会も是非行きたいです。【2023.11.4 福岡県大牟田市 UN様】(キリ番の「豪華な粗品」のお礼メールをいただきました。蝶の治さんといえば、11月22日(水)に岐阜市で、「桂蝶の治 落語会in岐阜vol9」ですが、さすがに福岡からは遠いですね。九州で落語会がある時は、ぜひともお越しください。MORI)

 秘密のキャンペーン ゲット。445000キリ番、バッチリでした。あまりの嬉しさで、舞いあがってしまい、住所と名前を忘れていました。失礼しました、宜しく。
【2023.11.4 京都府宇治市 MY様】(キリ番の画像を送っていただき、あとから住所と名前をお知らせいただきました。6年ぶりのキリ番ゲット、おめでとうございます。豪華な粗品をお送りします。MORI)
 メールニュースの配信を希望します。先週土曜日、いかいの寄席に東京からうかがいました。井戸の茶碗、ものすごく感動しました!【2023.11.13 東京都 SM様】(久しぶりに、メールNEWS新規登録の依頼メールをいただきました。新治さんの落語を聴いて、NEWS配信を希望していただくとは、うれしカルカル~。←これが分かる人は、60歳以上の方でしょうか。MORI)
 仕事終わりにうまいこと時間が合いまして、「いかいの寄席」にうかがうことができました。この寄席は、笑福亭呂翔さんの勉強会で、その記念すべき第1回目のゲストとして新治師匠のご登場。呂翔さんの「時うどん」に続いて、新治師匠の「井戸の茶碗」には、「たがや」と「抜け雀」がチラリと入り、落語好きなら、ニヤリとなります。写真は、トークタイムで、25歳の笑福亭呂翔さんと、「親子どころか・・・」と話される新治師匠。今はもうない「猪飼野」という地名を、呂翔さんが「いかいの寄席」として続けていくことに、師匠はとても喜びを感じたと話されていました。抽選会を回される師匠は、さすがの話術でした。「どこどこの店が」「あの小学校で」と、どの地名を話されても、うんうんとうなずかれるお客さんに師匠のトークがさらに後押しされたのでしょう。新治師匠に会ったときに中学生だった呂翔さんが、噺家となって新治師匠と勉強会をするというご縁の場に立ち会えたわけですが、残念ながら時間切れで、新大阪駅に向かわなければならず、呂翔さんのトリネタを聞けませんでした・・・あわただしくてごめんなさい。
【2023.11.13 東京都荒川区 YT様】(わざわざ東京からありがとうございました。ということは、上のSMさんも東京の方なので、「いかいの寄席」にお二人も東京からお越しいただいていたということですね。ある意味すごい!ちなみに呂翔さんは、小学生の頃から「いかいの寄席」に来られていたそうですよ。MORI)
 12月16日(土)の香川県観音寺市市民会館(ハイスタッフホール)での独演会、チケット購入してきました。「元西日本放送パーソナリティ露の新治による独演会です。2023年の笑い納めは観音寺市民会館で!」というなんとも香川らしい触れ込みで売られていました。とにかく久しぶりに師匠の噺が聞けるので今からわくわくしています。また新幸さんの噺は初めてなので楽しみにしています。
 話は変わりますが、今度の日曜に差別の問題を取り上げたテレビ番組が放映されます。11月19日(日)24:55~ 日本テレビ系全国ネットの「NNNドキュメント’23」、山口放送制作「いろめがね」という番組です。起きてる自信がないので、しっかり録画予約しました。【2023.11.15 愛媛県四国中央市 TK様】
(紹介していただいた番組は、部落差別問題を取材したドキュメント番組です。部落差別を取り上げた番組が放映されることは少ないので、是非ともご覧ください。リアルタイムで見られる方は、11月20日(月)00:55~ですので、お間違えなく。MORI)
 こんばんは。仕事終わりにクリックしたら当たちゃいました。雪が降る予報が出ています。寒くなります。私は寒さが身にしみて辛いです。皆様も、ご自愛ください。
【2023.11.17 鳥取県八頭町 KT様】(T今年は暑かったり、寒かったりで、秋はどこへ行ってしまったのでしょう。これからもホームページ「まいどおおきに露の新治です」をアキナイ(秋ない)で見てください。MORI)
 お礼のメールが遅くなってすいません(忘れっぽくなって)。豪華な粗品、届きました。有難うございました。前回同様、今朝思い出して今返信しているところです。歳をとると忘れっぽくなって困っています。【2023.11.24 鳥取県八頭町 KT様】(キリ番の「豪華な粗品」のお礼メールをいただきました。ゲットメールも雪のことが書いてありましたが、今夜からもまた寒くなるようです。体調にお気を付けください。MORI)

 秋の日はつるべ落とし、名古屋から京都へ戻るとすでにまっくら。しかし、喜楽館とさほど時間距離は変わりません。中電ホールの「第26回あきつ落語会」、素晴らしい内容でした。個人的には久しぶりの新幸さん、得意の「金明竹」ですがマクラでの会場の温め方、立て弁だけではないネタの深まり、素晴らしい開口一番でした。新治師匠はネタ出しの「七段目」を「まめだ」に変更とのこと、なるほど、時間の流れが自然になりますね。三津寺筋に入ったあたりで羽織を脱いで銀杏の説明、心憎い演出でした。二席目の「七段目」は鳴り物タップリ入ってノリノリの芝居話、今までに聞いたなかでのベストでした(当社比)。さん喬師匠、「芝浜」の前に新治師匠と上方落語に言及、「七段目」も「ちりとてちん」も上方は論理的、江戸は亜流とまで。さて「芝浜」、勝五郎に「夢」と信じさせるまでのくどいほどの同じやり取り、そのプロセスの勝五郎の微妙な変化が面白い。こんな「芝浜」なら何度でも聞きたいと思いました。取り急ぎの感想でした。
【2023.11.25 京都市下京区 TM様】(京都から名古屋まで追っかけていただきました。京都から神戸新開地までは大阪府を通り越して兵庫県ですが、名古屋までなら滋賀県と岐阜県(もしくは三重県)を通り越さなければいけませんので、やはり遠いような気がするのですが。いずれにしても、お疲れ様でした。MORI)
 第26回あきつ落語会「柳家さん喬・露の新治 其之二」、地元名古屋ですので、キッチリ行かせてもらいました。私の大好きな両師匠です。江戸落語と上方落語、私なりの堪能、をさせて貰いました。演目もさん喬師匠が、「ちりとてちん」・「芝浜」、新治師匠が、「まめだ」・「七段目」でした。ほぼ5年前の名古屋今池ガスホールでの「毎日落語会」の時は、新治師匠が「ちりとてちん」、さん喬師匠が「文七元結」でしたね。新治師匠の「七段目」、神戸文化ホールで聞かせて貰いましたが、とても賑やかで良かったです。今回も大いに楽しめました。また「まめだ」は、三田落語会で聞かせていただき、子狸を「まめだ」という所など、上方の親しみがこもっていますね。さん喬師匠の人情噺は、多くの人が聞きたいと思って居るかと思います。さん喬師匠の「芝浜」は、初めてでしたので、これも又大いに楽しめました。次は、12月7日繁昌亭です。今から楽しみです。【2023.11.26 岐阜県岐阜市 面紙様】(名古屋の「あきつ落語会」の報告を送っていただきました。エックス(旧ツイッター)でも、今回の寄席はなかなか好評だったようです。来月は大阪に来られるそうで、お気をつけてお越しください。MORI)
 先の方も書かれていますが、昨日の「第26回あきつ落語会 柳家さん喬・露の新治 其之二」は本当にすばらしかった。これこそ上方落語と江戸落語の神髄でしょう。風邪をひいて行くのやめようかと思いましたが、行って本当に良かった。
 新治師匠の「まめだ」も「七段目」も気持ちの入ったすばらしい噺でした。特に「七段目」は、手振り身振りがとても楽しく、新治師匠ノッテましたね。さん喬師匠の「芝浜」はもう秀逸でした。実は私、「芝浜」は数ある噺の中でも一番好きな噺です。新治師匠の「芝浜」を聴いてから一気にこの噺のファンになりました。場内水を打ったように静まり返り、お客さんはさん喬師匠の噺に引き込まれていきます。緩急自在、さん喬ワールドの真骨頂でした。「さん喬師匠、新治師匠、こんなすてきな落語会をありがとう」と言いたい。そしてこの落語会を企画してくださったあきつ舎の皆さん、本当にありがとう。
 ちなみに私、奈良県の大和郡山から行きました。前の方に張り合っているわけではありません(笑)。それくらい値打ちのある落語会だということです。【2023.11.26 奈良県大和郡山市 TT様】
(京都や奈良の人が名古屋に行き、来月は岐阜の人が大阪へ、と新治さんの追っかけが増えてきて、なんか楽しいですね。今回の「あきつ落語会」は、エックス(ツイッター)でも評判がよく、読んでいると見てきたような気になってしまいます。MORI)
 447000番を頂戴できました。妻が一度ならずキリ番を頂戴していて、私も挑戦していたところ、8年ぶりに頂戴できました。以前、鈴本演芸場や東京三鷹での二人会で、新治師匠・さん喬師匠の御高座を堪能させていただきました。今も感動の余韻を味わっております。【2023.11.30 東京都国分寺市 IM様】(キリ番ゲット、おめでとうございます。豪華な粗品をお送りします。8年間、キリ番に挑戦していただき、ありがとうございます。また次回も挑戦をお待ちしています。MORI)
 2023年12月

 豪華な品々をお送りくださり 誠にありがとうございます。私も少年時代は野球小僧でしたので、「8年ぶり3回目の甲子園出場」と書いてくださり、とても嬉しいです。この度の快挙を妻にも褒められました。キリ番に挑戦できている
ご縁に改めて感謝しております。本当にどうもありがとうございました。【2023.12.6 東京都国分寺市 IM様】
(8年ぶり3回目のキリ番ゲットの、豪華な粗品のお礼メールをいただきました。また関東で落語会に出演した時は、ご夫婦お揃いでお越しください。MORI)
 昨晩の「露の新幸入門十周年記念落語会」、大盛況でおめでとうございます。少し早めに繁昌亭に着くと、新幸さんの幟が立ってそこで記念撮影する女性二人、何とこの方が幟を作られたとのこと。入場すると、若いスタッフがキビキビ動いて会場案内やグッズ販売、私も三点セット(サコッシュ、手ぬぐい、ハンドタオル)を早速購入しました。
 開口一番で雪鹿さんが穏やかな語りで会場を和ませ、いよいよ新幸さん登場、満員の客席からは拍手が鳴り止みません。深々と頭を下げたあと、新幸さんから衝撃の告白、「実は入門十周年ではなく入門十年目でした」。場内大爆笑、新幸風味の「ちりとてちん」で沸かせた後に師匠登場、私の方は気楽にやりますと鉄板の「紙入れ」、久しぶりに聞いた「みんな夢の中、高田恭子!」に大笑い。仲入りの後は太神楽曲芸の豊来家幸輝さん、なんと新幸さんと同年・同キャリアで初めての共演とのこと。トリは「井戸の茶碗」、個人的には初めて聴かせていただきました。年季明け落語会の時には、「落語を演じる新幸」の旅立ちにみなで拍手を送りましたが、今回は「新幸の演じる落語」を堪能した素晴らしい一夜となりました。これからは「入門二十周年記念落語会」に向けて新たな精進を期待します、おっと、その前に「入門十周年記念落語会」でしたね(笑)。
【2023.12.8 京都市下京区 TM様】(新幸さんの入門10周年記念落語会の感想をお寄せいただきました。10周年と10年目は、やはり違うんでしょうね。それも笑いにしてしまうところが、さすがです。MORI)
 7日(木)、本真に久し振りに繁昌亭の寄席に行きました。19:00開演やったんで、兵庫県の職場を定時退勤しても阪神梅田から地下鉄東梅田を経て南森町の乗継で余裕で間に合いました。題して『露の新幸 入門10周年記念落語会』ですが、実は未だ9年と2週間! 1階席をぎっしり埋まった会場は、新幸さんのこの挨拶で落語の前から爆笑に包まれました。実に賑やかで、笑いも拍手も大きい客席でした。『時うどん』桂雪鹿:導入から何の話か殆んどの人が知る咄ですが、きっちり盛り上げました。『ちりとてちん』露の新幸:しったかぶりで腐った豆腐を食べる様は新治さんよりオーバーな身振りで中々面白かったです。『紙入れ』露の新治:いつもながら見事なおかみさんの表情、クスクス笑う声が絶えません。声は出てないのに『アホ!』と色っぽく言うのが聞こえるから不思議です。(仲入り)。『大神楽』豊来家幸輝:見事な曲芸、特に土瓶(きゅうす)を使った芸の見事さに何度も拍手が起こりました。『井戸の茶碗』露の新幸:これも新治さんの得意のネタですが、新幸さんの清兵衛はかなり賑やかに演じられてました。
【2023.12.8 大阪市住吉区 HM様】(こちらも新幸10周年記念落語会の感想をお寄せいただきました。最後はにぎやかに、大阪締めでお開きとなったそうです。MORI)
 7日(木)の繁昌亭、名古屋より新幹線で、友人と二人で駆けつけました。新幸さんの入門十周年(足らず)記念、聞かせて貰いました。私にとっては、いつになくとても楽しい落語会でした。繁昌亭の前では、新幸さんが眼鏡を掛けて対応していただき、チケットをもらうテーブルの横には、新治師匠が浴衣姿で。「今日はこのなりだと、寒いですわ」と新治師匠。開口一番の雪鹿さん、ゲスト出演の新治師匠、大神楽曲芸の豊来家幸輝さん、どれも楽しませてくれました。新幸さんの井戸の茶碗も楽しくきかせて貰いました。最近に無く、アットホームな落語会で、ホンマに楽しませていただき、ありがとうございました。木戸銭、もう少し高うても宜しいんとちゃいまっか? これだけ楽しませていただきましたよって、もうちいとよろしいんとちゃいますやろか? また、全くの個人的見解、ですが、天神橋四丁目の大衆酒場××も、日本酒が色々あり、楽しめました。正月に大阪、また行かしてもらいます(新治師匠の公演は、ニアミスで終わりますが・・・・)。【2023.12.9 岐阜県岐阜市 面紙様】(わざわざ岐阜からお越しいただきました。木戸銭のことを書かれていますが、岐阜からだと、木戸銭より高い交通費。ありがとうございました。MORI)
 べっぴん寄席に行ってきました。受付で名前書くんだったんですね。簡単な住所も(^^; 尾道からの参加バレてしまい、恥ずかしかったですが、師匠さんと落語会のあとお話ができて、改めてまたファンになりました。帰りに事故しないようにと、心配までして頂いて、恐縮ですm(_ _)m これからも、可能な限り、師匠さんの落語を聞きに行きます(^^)
【2023.12.10 広島県尾道市 YK様】(尾道から島根県浜田市まで、中国地方を横断して追っかけていただきました。恥ずかしいことはありません。私は兵庫県から浜田市まで追っかけました。日帰りはあきらめて、一泊しました。MORI)
 12月7日、新治師匠「紙入れ」。おかみさんが新さんを見る、愛おしさに満ちた目、が好きなんです。可愛らしさと色気の絶妙なバランス・・・(絵にするの難しすぎる)
【2023.12.11 maman (masa yan)@maman2nd さん】(エックス(旧ツイッター)に書かれていたものを、ご本人の了解を得て転載させていただきます。新治さんの「紙入れ」のおかみさんの色気は、どう見ても70歳を過ぎた「じいじ」が演じているとは思えないんですよねえ。それにしても、このイラストはすごい。MORI)
 今帰宅してアクセスすると、ぴったりキリ番でした。平日ですが、気分良いので晩酌少し多い目にいただきます。
【2023.12.12 京都市下京区 TM様】(キリ番最多獲得記録更新中のTMさんですが、これでも前回のキリ番が8月ですので、4か月ぶりのキリ番ということになりますね。おめでとうございます。豪華な粗品をお送りします。MORI)
 去年、今年と喜楽館「忠臣蔵ウィーク」で、長尺版の「淀五郎」がかかりました。ひたひたひたと心に迫る名演で、真に得難い機会に恵まれました。来年はかかるでしょうか。あと忠臣蔵に因んだネタというと・・・ 「天野屋利兵衛は男でござる」この時、利兵衛を拷問にかけたのが松野河内守です・・・ というわけで来年の忠臣蔵ウィークは「鹿政談」と予想しておきます。【2023.12.14 大阪府高槻市 TS様】(「鹿政談」も忠臣蔵にちなんだネタになってしまうんですね。「忠臣蔵ウィーク」にかけるには、ちょっと違うような気もしますが。実は「淀五郎」はまだ聞いたことがないので、一度聞いてみたいです。MORI)
 12月16日、香川県観音寺市で新治師匠の独演会がありました。気温はそこそこやけどかなりの強風の中、まさに嵐を呼ぶ男(何年前の話やねん)の登場です。露の新幸「金明竹」、露の新治「紙入れ」、豊来家玉之助「太神楽」、新治「千早ふる」、仲入り後に、新幸「ギター漫談」、新治「中村仲蔵」でした。帰りがけに新幸君から「遅くなってすんません」と声を掛けられましたが、たっぷりと大トリを堪能できて満足満足。【2023.12.16 香川県丸亀市 TS様】(観音寺市の独演会の報告をお知らせいただきました。来年3月には、久しぶりに綾川新治寄席も再開いたします。お楽しみに。MORI)
 私も、さっきパソコンメールのアップデートか何かわかりませんが、勝手にマイクロソフト、GmailやOutlookの関係で、余分な時間?手間が必要になって悪戦苦闘していました。より良い新年をお迎えくださいませ。【2023.12.17 三重県鈴鹿市 WY様】(露の新治メール情報の「※プロバイダの関係で、いつものアドレスからメールが送信できなくなり、困っています。試行錯誤中。ご了承ください。」のメッセージに反応していただきました。メールのセキュリティが高くなり、メールNEWSのアカウントからメールを送信できなくなっています。いつもと違う送信者名でメール情報が届いていると思います。ご了承ください。MORI)
 先日の米團治師匠のツイッターの件です(^^;  新治師匠が着て帰ったというダウンジャケットの持ち主さん、みつかったみたいです。間違いは誰にでもあるのですが、寒い季節なので、持ち主さん、帰りは寒かっただろうなぁと、気になってしまいました。新治師匠も、朝は寒いから薄着しないで出掛けてほしいですね(^^; 風邪引くと大変ですよね(^^;【2023.12.19 広島県尾道市 YK様】(今回はダウン蛇jケットでしたが、もうだいぶん前になりますけど、遠方での落語会で宿泊のとき、新治さんが大浴場で他人のパンツを間違えて履いたという話が以前ありました。それに比べれば他人のダウンジャケットのほうが清潔です。ただ、今回の被害者の方は、寒かっただろうなと思います。MORI)
 少しだけガラガラの客席を心配していましたが、ほぼ8割くらいの客入りで良かったですね。新治さんは「ちはやふる」で前回と同じ演目でした。余談ですが、繫昌亭の番組構成は演者が多すぎると思っています。じっくり落語を聴きたい派の私は 前半4、5人で後半は二人が理想です。【2023.12.19 大阪府堺市 AN様】(繁昌亭昼席にお越しいただきました。繁昌亭や喜楽館の昼席は、多くの演者さんの落語が聞ける会だと割り切って見るといいと思います。中トリ、トリの人は時間が多いですが、それ以外の人は短い時間になっていますので、大ネタはかけられません。前の人の出し物によって、かけたいネタがかけられないということもよくあるそうです。あるいはANさんのような希望をお持ちの方は、動楽亭昼席とか、ハルカス寄席とかがおもしろいかも知れません。またチェックしてみてください。MORI)
 福岡の還暦過ぎのジジイですが、上方落語、芝居、文楽などが大好きで、大阪単身赴任中は豊竹呂大夫師匠に、義太夫を教わったりした事もあります。たまたま大阪出張中に、繁盛亭で「七段目」を聴かせていただきました。本格的な芝居噺を生で聴く機会はあまり有りません。貴重な機会に素晴らしい芝居の雰囲気たっぷりの芸を聴かせていただき、感動致しました。最後に思わず、一声掛けさせて頂きました。寒さ厳しかおり、ご自愛ください。ますますのご活躍を祈念申し上げます。【2023.12.22 福岡県 YM様】(出張中に寄席で「研修」とは、うらやましい。今日のネタは「七段目」でしたか。忠臣蔵シーズンにピッタリですね。ただ、今はなかなか忠臣蔵が通じないそうです。MORI)
 お元気でいらっしゃいますか? 15日(金)、61Birthday迎えました。記念に水沢有美さんのYouTube きらきらら~インディゲスト出演、配信されてます。ぜひぜひご覧くださいね! 撮影はギタリストの落合努さん。憧れの青春ドラマ「俺たちの旅」いろは食堂カンバン娘のナミさん役でお馴染み水沢有美さんは、お父様があの名曲「リンゴ追分」の作詞家の小沢不二夫先生。そしてご主人がユーミン、ハイファイセット、ブレッド&バター育ての親、プロデューサーとしてニューミュージックの一時代を築かれた、テナーサックスプレーヤーでもあるトニー有賀さんです。
【2023.12.23 大衆ソウルシンガー インディ様】(インディさんから、ユーチューブ出演のメールをいただきました。「俺たちの旅」は中村雅俊さんでしたか?懐かしい。MORI)
 私の職場(私立女子大学)では22日(金)が年内授業終了、23日(土)になってやっと天満天神繁昌亭昼席に伺うことができました。土曜日とあって1階席はほぼ満席、2階にも客の姿があっていい雰囲気で開演です。トップバッターは希遊さん、軽いネタですがもう少しゆっくり喋ってくれると年寄りでも聞きやすいのですが(笑)。2番手はそうばさん、福岡出身の九州男児からすれば関西の言葉は品がないとのこと。そこから「ヒレ肉」「ヘレ肉」をざこば師匠へとつなぐ上手い運び、演題が何故こうなるかは木戸銭払った客だけの楽しみ。初めて聴きましたが漫談というより一席のネタになっています。続いて純瓶さん、寄席サイズにコンパクトにまとめて聴かせてくれました。似顔絵のいわみせいじさん、なんと隣に座るツレアいがモデルになることに、帰りに作品を頂きました。吉弥さんは三枝作品、初めて聴きましたが創作落語でもうまく聴かせてくれるのは実力の証明。さて我らが師匠は鉄板の「狼講釈」、狼の前で苦しむ五目講釈、いつも以上にリアリティーがありました(笑)。中入り後は染左さんが袴姿で登場、大きな所作の芝居話で楽しませてくれました。文都さんは自作でしょうか、日本昔話のパロディーをダジャレを恐れることなく連発して大うけでした。千田やすしさんは来年で芸歴50年とのこと、我らが師匠と(ほぼ)同じキャリアですね。腹話術には人形が登場するまでの巧みな話術が重要であることを再認識しました。トリは塩鯛さん、乗り物のマクラを十分振られましたが、できればマクラを軽くしてサゲまで聴きたかったですね。私にとっては今日が今年の落語納め、明日からは兼業主夫として小掃除に励みます。
【2023.12.23 京都市下京区 TM様】(繁昌亭昼席の感想をお寄せいただきました。クリスマス・イブイブの繁昌亭、天神さんはあまり関係ありませんね。新作落語が多めのバラエティにとんだ演目でした。MORI)
 秘密のキャンペーン449000ゲットしました。11月に続いて、今年運を使い過ぎか?
【2023.12.25 京都府宇治市 MY様】 (おそらく今年最後のキリ番です。おめでとうございます。豪華な粗品をお送りします。ぜひとも来年の初ゲットも挑戦してください。MORI)
 門戸寄席「露新落語会」に行ってきました。昼席のみでしたが、新治師匠のネタが急遽変わりまして、「風呂敷」と「高津の富」でした。「風呂敷」はべっぴん寄席でも聞きましたが、面白くて大笑い(^^; 「高津の富」は初めて聞きましたが、面白くて大笑い(^^; 今回も笑わされました(^^) 生はいいですね~! 師匠には長生きしていただいて、これからも笑いを届けて頂きたいです(^^) 今年最後に師匠の落語聞けて、笑い納めができました。三ノ宮も西宮北口も駅が大きくて乗り換えを迷いました。帰りが、三ノ宮に着いて、地下鉄の乗り場を探しました(^^; でも、無事に尾道に帰りました(^^; 来年もたくさん、師匠と新幸さんに会いたいです(^^)
【2023.12.29 広島県尾道市 YK様】(尾道から遠路はるばる、ありがとうございました。帰省ラッシュのなか、無事に帰られたようで、よかったです。来年も、無理をされない程度に、応援よろしくお願いします。MORI)
 第21回記念門戸寄席露新落語会報告
 本年最後の門戸寄席露新落語会。満員御礼でした。トップは新治さんで風呂敷。

 続いて新幸試練の十番勝負、雪の戸田川。

 公開ダメ出し。まずは合格点。

 中入を挟んで、新幸さんのギター漫談。

 とりは久しぶりの高津の富。

 夜の部は新治さんの道具屋から。

 十番勝負は阿弥陀池。

 トークはお手伝いの智丸さんも参加。阿弥陀池も合格点。新幸さんの腕が上がったのか、新治師匠が甘くなったのか。

 中入後はギター漫談をネタを変えて。

 そしてトリネタは年末らしく夢の二部金(芝浜)。

 次回は3月20日.春分の日です。【2023.12.29 兵庫県西宮市 YK様】
(露新落語会の席亭より、詳しい報告を送っていただきました。コロナ禍を経て、久々に満員御礼となりました。次回もお楽しみに。MORI)
 2024年1月

 新年明けましておめでとうございます。1月3日の門戸寄席「桂福楽の落語会」、初笑いに行ってまいりました。露の新治師匠、桂福楽師匠の落語楽しませていただきました。お目当で行った大阪俄が残念・・・。リベンジ楽しみにしています!
【2024.1.3 千葉県船橋市 MY様】(新年から門戸寄席にお越しいただき、ありがとうございました。「大阪俄」は、かつて繁昌亭で「露の五郎兵衛追善落語会」で一門の方がされたとき、お客さんの評価がいろいろあったことを思い出しました。本年もよろしくお願いします。MORI)
 明けましておめでとうございます。1月3日「桂福楽の落語会」、ゲストが新治師匠、大阪俄ありということで愛知県蒲郡から、名古屋、新大阪、大阪、阪急梅田、西宮北口、門戸厄神と乗り継いで参加させていただきました。
大阪俄初めて拝見、きっちりした話芸と芝居の台詞、所作が身に付いてないと成立しない芸事ですね。稽古不足と言いながらお二人の実力のお陰で十分楽しませていただきました。今時人気の漫才、新喜劇の原形と言えるのしょう。ただ落語会の打ち上げ等で何度か両師匠とご一緒したことありますが、お二人の日常会話が実に心地良く楽しく、既に俄として成立している様な気がします。更に文福師匠が加わると無敵の俄かと。
 コロナ禍で、大阪、東京の落語会自粛していましたが、今回が4年ぶりの愛知県内以外の落語会でした。やはり落語が生まれ育った土地での会は、噺家さんの、お客様の落語愛が溢れ、地方の会とはひと味違いました。今年は色々乗り継いで伺います。コロナ後今日が7日目かと思います。一応高齢者に当たると思います。くれぐれもご自愛下さい。【2024.1.4 愛知県蒲郡市 TH様】
(遠路はるばる、ありがとうございます。新幹線からちょっと行きにくい門戸厄神。マニアックな方法としては、新大阪から地下鉄で1駅の西中島南方で阪急に乗り換えという方法もあります。けど、阪急梅田駅のダイナミックさも体験していただきたい。あ、落語会の話でしたね。MORI)
 一月三日の門戸寄席「福楽の落語会」での俄(にわか)の写真を送付します。写真だけ見ると、ただの立ち話ですが、これは間違いなく俄です。
【2024.1.5 兵庫県西宮市 YK様】(福楽師匠と新治さんの「大阪俄(にわか)」の画像を送っていただきました。前に繁昌亭で見た時は、衣装やカツラも付けて演じられていたように記憶しています。露の一門に伝わる貴重が伝統芸です。MORI)
 明けましておめでとうございます。1月8日はお誕生日ですね! 少し早いのですが、おめでとうございます。今年も健康管理には気をつけられ、落語を存分楽しんで下さいね! 伊勢から応援しています。【2024.1.6 三重県伊勢市 伊勢の追っかけマネージャ様】(フェイスブックのほうにお誕生日コメントを戴きました。久しぶりにメッセージをいただきました。本年もよろしくお願いします。MORI)
 今日は師匠のお誕生日ですね(^^) お誕生日、おめでとうございます(^^) これからも、元気で長生きしてお仕事できますように(^^) たくさんの笑顔を見せて下さい。また、関西に行って、師匠の落語聞きに行きます。今日は岐阜でお仕事ですね。身体に気を付けて頑張って下さい(^^)【2024.1.8 広島県尾道市 YK様】(こちらも、お誕生日メールをいただきました。今年も追っかけ、無理のない所でよろしくお願いします。MORI)
 明けましておめでとうございます。今年も師匠のお話、楽しみにしております。
 今月7日、名古屋市の中日文化センター、師匠の「芝浜」(「夢の二分金」)も聞かせていただきました。翌日は、岐阜市北部の些か交通の便が厳しい、浄土宗の浄音寺というお寺に出掛けました。師匠方々も行かれるの、大変でしたでしょうね。此処では、落語の祖と言われている「安楽庵策伝の顕彰落語会」が開催されました。第一回目が20数年前の三枝師匠(今の文枝師匠)で、それから毎年続いているそうです。今年は、新治師匠の誕生日に(毎年1月8日に開催されているようですが)開催され、会場でささやかなる拍手でのお祝いをさせていただきました。新治師匠は卯年、私は辰年、それでも学年は2つ下でございます(あまりお話しする様なことでもないのですが、私の戸籍名も発音は同じ「シンジ」です)。師匠には、3席も聞かせていただき、お得感いっぱい、幸せいっぱいの時間でした。また3席目「中村仲蔵」、これまたホロリとさせられ引き込まれる、時間を忘れる一時でございました。【2024.1.9 岐阜県岐阜市 面紙様】
(岐阜市在住とのことですが、7日の名古屋より、8日の浄音寺のほうが時間がかかったのではないかと推察いたします。連日追っかけしていただき、ありがとうございました。MORI)
 あけましておめでとうございます(年明け早々地震や航空機事故あり喜べませんが無事を祈るだけです)。新年になり、狙って、ホームページを開くと当たちゃいました。仕事終わりにメールを忘れ、昨日、今日と帰る準備をしている時に思い出して今返信しているところです。歳をとると忘れっぽくなって困っています。
【2024.1.10 鳥取県八頭町 KT様】(このたびは、キリ番ゲット、おめでとうございます。キリのいいキリ番ですので、景品も豪華に、いまやレアな「新ちゃん状差し」をお送りします。忘れっぽいというと、昨年秋に自分のしたことを完全に忘れ、思い込みから妻や地域の方々に大きな迷惑をかけてしまいました。反省しきりですが、対処方法がわかりません。タァ~。MORI)
 祝 新年明けましておめでとうございます。今年もご支援のほど、どうぞよろしくお願い致します。波乱つづきな年明けですが、良い年を願いましょう。さて皆様に支えて頂きましたお陰で、「♪�ボウリングだよ人生は」より今年インディデビュー25周年、白塗り生活28年目に突入いたします。第1弾としまして、
 ☆ インディデビュー25周年東大阪初リサイタル
  日時:2月3日(土) 18:00~
  チャージ:¥3,500(1drink付)
  会場: MUSIC SALON 雅(みやび)
     東大阪市大蓮東3-3-3 岡本内科医院 2F(近鉄大阪線弥刀(みと)駅より徒歩7分
  お問合せ 080-9165-5432(砂本さん)
 関西の皆様は勿の論、日本列島、北から南までの皆様、tour組んで、ぜひお誘いあわせておこしやす。私がどういう人間かは、こちらから(一時代を築かれた、青春ドラマ花形女優先輩の番組)どうぞ。大声援を何卒おたの申します!
【2024.1.10 大衆ソウルシンガー インディ様】(インディさんからリサイタルの案内が届きました。デビュー25周年、おめでとうございます。リサイタルの成功をお祈りいたします。MORI)
 私にとっての今年の初落語は、ハルカス寄席でした。第1部に我らが師匠登場とあって何とか開演前に駆けつけたのですが、開演10分前に太鼓が鳴って師匠登場、何と開口ゼロ番を「東の旅発端」で勤められたのです。客席はサプライズに大喜び。それにつられてか、次の出番の笑福亭喬介さんは流れに乗って「東の旅・七度狐」を端折りながらも寄席サイズで好演。続いて浪曲の真山隼人さんは、久しぶりの本芸での出番とのことで、沢村さくらさんの合い三味線にノリノリの「紀伊国屋文左衛門の船出」。そして我らが師匠は、鉄板の「抜け雀」。「親不孝」のいわれを浄瑠璃・歌舞伎の狂言をふまえた解説が効いて納得のサゲ、いやぁ楽しませていただきました。
【2024.1.16 京都市下京区 TM様】(ハルカス寄のようすを送っていただきました。打合せがあったのかなかったのかわかりませんが、リレー落語になったということのようです。MORI)
 451000番を頂戴できました。極度の冷え性の為、冬は なかなかつらいのですが、キリ番を戴けてありがたいことです。感謝しております。ひとり一人の 困りごとが 僅かずつでも改善していき、誰もが少しでも安らかな立春を迎えられたらと、心より念じています。「笑い」って 本当に たいせつですよね。【2024.1.18 東京都国分寺 IM様】(このたびはキリ番ゲット、おめでとうございます。豪華な粗品をお送りします。地震、飛行機事故、戦争、裏金問題不起訴・・・すっきりしないことが続きますが、少しずつ解決していってほしいものです。MORI)
 お礼のメールが遅くなってすいません(忘れっぽくなって)。豪華な粗品、届きました。有難うございました。今ままでの豪華な粗品大切に保管していますので、久しぶりに押入れから引っ張りだして並べて見ようと思っています。前前回同様、今朝思い出して今返信しているところです。歳をとると忘れっぽくなって困っています。【2024.1.19 鳥取県八頭町 KT様】(キリ番の豪華な粗品の、お礼メールをいただきました。並べて見るほどゲットされているんですか。反対に、いつも1番違いで、まだゲットしたことのないという読者(関係者ですが)もおられたりします。不思議ですね。MORI)
 豪華な品々をお送りくださいまして、誠にありがとうございます。阪神・淡路大震災で おつらい経験をなさった方々が、今年元日に発生した地震の被災地の人々のために尽力されている尊いお姿を、貼ってくださった切手を見て 改めて思っております。仰るとおり、人々の苦しみ悲しみがわかる救世主のような人が現れてほしいと 私も心から願っています。【2024.1.24 東京都国分寺市 IM様】(こちらもキリ番の豪華な粗品の、お礼メールをいただきました。封筒に貼った切手にまで思いを巡らせていただき、恐縮です。30年前の阪神淡路大震災、東日本大震災ほか、大きな地震をたくさん経験してきているのに、能登半島地震でまだ同じようなことを繰り返していることに、もどかしさを感じてなりません。一日も早い復旧をお祈りいたします。MORI)
 おはようございます。昨晩、正楽氏の訃報に接してびっくり、年齢を確認して本当に残念でした。師匠の東京での会に正楽師が出演されたときの様子、東京の落語好きの方が再掲されていました。たぶん、ご覧になっているとは思いますが、念のためにお知らせします。【2024.1.27 京都市下京区 TM様】(関西ではテレビに出られることも少ない正楽師匠。鈴本演芸場のお盆興行に色物として出演されているのを何度か拝見しました。私の手元にも作品が一つあります。処分されそうになっていたのを譲り受けました。大切にしたいと思います。MORI)
【ほんまにこの時の正楽師匠が紙を操作する姿は、大先輩に失礼ですが「なんとも言えず、かわいらしかった」のです。愛される芸人そのものでした。(新治)】

 2024年2月

 昨晩 452000番を頂戴いたしました。正楽師匠に寄席で会うことが叶わないことが悲し過ぎて、信じたくはない気持ちでいっぱいです。新治師匠が、正楽師匠の立派さを教えてくださったことを感謝しております。早過ぎる旅立ちです。正楽師匠の切り絵は、その時どきの私の暮らしも、あっという間に流れるように表現してくれています。30年20年10年と月日を重ねた切り絵は、どれも白く美しいままです。私も宝物として大切にいたします。【2024.2.2 東京都国分寺市 IN様】(このたびはキリ番ゲット、おめでとうございます。ご夫婦で応募していただいています。前回はお連れ合い(夫)様がゲットされました。次回もぜひとも挑戦してください。なお正楽師匠が切った新治さんの紙切り作品はこちらです。MORI)
 豪華な品々をお送りくださり誠にありがとうございました。一台のパソコンで銘々が、時には一緒に、新治師匠のホームページをお訪ねし、嬉しい時を過ごしています。挑戦者がたくさんいらっしゃるのに、何度か夫婦でキリ番を頂戴し申し訳ない気持ちでいながら、キリ番近くになると胸が高鳴り、挑戦をしてしまいます。この度も、貼ってくださったスミレの切手にびっくりいたしました。スミレは父との思い出のある一番好きな花です。春になるとスミレを見たくて野山に出掛けます。タカネスミレは一度も見たことがないので、是非いつか山で見付けたいと思いました。神戸の灯りに照らされた、日光の陽明門様の封筒もお宝です。この度も誠にありがとうございました。【2024.2.6 東京都国分寺市 IN様】(キリ番の豪華な粗品のお礼メールをいただきました。もう、何を贈っても、どんな切手を貼っても、褒め殺しのようなお礼メールをいただき、恐縮です。次回も挑戦、お待ちしています。MORI)
 アクセスカウンター453000キリ番、画面コピーできず、ホームページから入り方が分からず、申し訳ありません。だめなら大丈夫ですm(_ _)m 寝れず挑戦してみました。【2024.2.16 大阪府守口市 TY様】(このたびはキリ番ゲット、おめでとうございます。画像の送付は必須ではございませんので、ご安心ください。豪華な粗品をお送りします。「寝ないで挑戦」は体によくありませんが、「眠れないので挑戦」というのであれば大歓迎です。MORI)
 私にとっては8月・9月、2月・3月しか行けないハルカス寄席、今日も楽しませていただきました。ハルカス寄席第1部、個人的には今年2度目の落語会になりますが、平日昼間にもかかわらず大入です。1月同様、露の新治師匠が開演10分前に「開口0番」で登場、渾身の(?)前タタキをご披露いただきました。露の紫さん、新治師匠に色々稽古を付けていただいたという前振りからの「つる」、大好きという「ラッパ」をはりこんでの大盛り上がり。笑福亭呂好さん、買物上手の徳さんにはめられる瀬戸物屋の番頭がちょっと可哀相。露の新治師匠、3年前の「上方落語台本大賞」の優秀賞に輝いた作品、個人的には初めて聞きました。背景は高田郁さんの世界を感じさせる佳品、師匠があれこれくすぐりを入れて落語の世界へ引き寄せたという印象、もう一度聴きたいと思いました。
【2024.2.20 京都市下京区 TM様】
(「ハルカス寄席」の感想を送っていただきました。「福蓑」はこの季節にピッタリの噺と思いますが、如何せん今年は暖冬で、ちょっとやりにくいかも。まあ、寒い日でもどうせ暖房の聞いた部屋で聴くのですから、一緒ですかね。MORI)




このページのトップへもどる・・・

トップページへもどる・・・