へらへらメール

 このページでは、ファンの皆様から寄せられたメールを公開しています。なお、事故防止のため、お名前は伏せさせていただいております。また内容も一部添削させていただいております。ご了承ください。

 (未掲載をご希望される場合は、その旨メールしてください。削除させていただきます。また落語会や講演会の依頼メールは、原則として割愛させていただいておりますので、ご了承ください。)


もくじ・・・ クリックすると、そのところにジャンプします。

2009年10月~2010年3月 2010年 4月~2010年9月 2010年10月~2011年3月
2011年 4月~2011年9月 2011年10月~2012年3月 2012年 4月~2012年9月 2012年10月~2013年3月
2013年 4月~2013年9月 2013年10月~2014年3月 2014年 4月~2014年9月 2014年10月~2015年3月
2015年 4月~2015年9月 2015年10月~2016年3月 2016年 4月~2016年9月 2016年10月~2017年3月
2017年 4月~2017年9月 2017年10月~2018年3月 2018年 4月~2018年9月 2018年10月~2019年3月
2019年 4月~2019年9月 2019年10月~2020年3月 2020年 4月~2020年9月 2020年10月~2021年3月
2021年 4月~2021年9月 2021年10月~2022年3月 2022年 4月~2022年9月 2022年10月~2023年3月

最新版はこちら


 2021年10月

 コロナ禍の中、今年も奇跡的に開催できた「さかぐら寄席」。東京オリンピックでさえ1年延期になったというのに、昨年も一昨年も中止にならずに開催できました。昨年と同様、密を避けて、太陽酒造さんの一階の元精米蔵で、午前と午後の2回公演。午前も午後も、満員のお客さんで、盛り上がりました。特に今年は直前に緊急事態宣言も解除され、昨年より厳しい状況にもかかわらず、何となく昨年より安心して落語鑑賞をしてしまう・・まことに人間は勝手なもんです。今年の出演は、新治さん、新幸さんのほかに、ゲストは桂りょうばさん。りょうばさんは、枝雀さんの息子さんです。昔、よくABCホールの枝雀寄席の公開録画に行っていました。どことなく枝雀さんの面影を感じながら、楽しませていただきました。元音楽家どうしのりょうばさんと新幸さんとの「てれすこボーイズ」は、なかなかの完成度でした。新治さんも2席熱演で、大きな笑い声が響きました。(詳しくはこちらから)。来年はいよいよ、第10回です。その頃にはコロナも終息していることでしょう(と毎年思っている)。
【2021.10.2 MORI】

 第9回新治さかぐら寄席@太陽、午前午後とも満席で開催出来ました。昨年もそうでしたが、コロナ感染拡大の間隙を縫って開催出来たのは奇蹟のように感じています。来場頂いた皆さんが、今後、無事過ごして頂けることを心から祈念しています。今回は、今回もですが、近畿一円はもとより、東京、愛媛からも参加頂きました。新治師匠の落語を楽しみにされている方々の熱い想いに感謝の限りもありません。ありがとうございました。ちなみに、今回の演目は、りょうば・「般若坂の陰謀」、新幸・「替り目」、新治・「転失気」、てれすこボーイズ・「音曲漫才」、新治・「口入り屋」でした。演者の皆さんには、音響の一部不手際にもかかわらず、熱演していただき申し訳ありませんでした。来年、10回目が広い会場で、終演後の試飲会も含めて開催出来ることを信じて、準備していきたいと思っています。よろしくお願いします。【2021.10.2 さかぐら寄席世話人】(会場準備から音響担当まで、ありがとうございました。お囃子の方がいらっしゃらないなか、音響で「口入り屋」の「はめもの」までお世話になりました。午後の部しか見ていませんが、タイミングもバッチリでした。MORI)
 お元気ですか? お陰様で、ようやくやっと先月、ライヴ復帰が出来ました。
 ☆10月18日(月)発売『週刊大衆』にインディ掲載予定!! 「関西発!吉村智樹の この人どエライことになってます」に、ゲストスポットとして紹介して頂きます。全国にインディを知って頂く絶好な機会に。手にして頂き、ぜひぜひ読んでくださいね。袋とじではありません(笑) どうぞよろしくお願い致します!!

【2021.10.14 大衆ソウルシンガー インディ様】(インディさんがメジャー週刊誌に掲載!ということで、久しぶりにメールが届きました。このまま新型コロナウイルスが終息していくことを願いたいですね。MORI)
 2021年11月

 ホームページは毎日覗いていますが、久し振りのメールです。新ちゃんの「コロナ川柳」に座布団3枚と「いいね!」をあげてください。【2021.11.3 大阪市東成区 AN様】(よう考えたら大喜利じゃないので、あまり川柳で「座布団」は配らないと思いますが、気持ちはわかりますね。ちなみに川柳では、秀句ができた時は「抜ける」というそうです。MORI)
 新作落語「福簔」を作りました山本と申します。今回の寄席で新作「福簔」を演じていただけますこと、たいへん有り難く存じます。「どんな世の中になろうとも、人の優しさは変わらない」と師匠にたっぷり語っていただけますと、ここまでの自分の憂さも吹き飛ぶことと思います。よろしくお願いいたします。【2021.11.6 東京都荒川区 山本様】(新作落語の授賞式と発表会が、コロナ禍で中止になってしまいました。11月13日の門戸寄席「露新落語会」が初披露となります。どんな新作か、楽しみです。MORI)
 毎回メールNEWSを楽しみにしています。夏の鈴本演芸場に続き、東京方面での落語会開催復活の日がくることを、楽しみにお待ちしています。【2021.11.7 東京都江東区 ON様】(東京で落語会をとのことですが、今の状態でしたら、東京の噺家さんが呼んでいただいてさえ、いつでも駆けつけると思いますよ。新治さんにではなく、東京の噺家さんに、「ぜひ新治さんをゲストに呼んでほしい」とお声掛けくださいませ(笑)。MORI)

 残念ながら、「新治師匠を呼んでください」とお願いできる落語家さんの知り合いがいないため、落語会のアンケートに「聴きたい噺家は?」という質問があれば、「露の新治」と大きな字で書くくらいしかできませんが・・・。一ファンの影響力など微々たるものですが、地道に広報活動はしていきたいと思います。【2021.11.7 東京都江東区 ON様】(ありがとうございます。東京の噺家さんや落語会の席亭さんから出演依頼が届くことを期待しながら、メールチェックに目を光らせたいと思います。MORI)
 「門戸寄席第13回記念露新落語会」、当初は行けそうになかったのですが、ドタキャンの反対で行けるようになり、午後の部に出かけてきました。今回は珍しく、3本とも初演という新作落語特集。番組は「生魂軽口伝」・新幸、山本智子さん作「福蓑」新治、(中入り)、歌「インマイライフ」・新幸、木積秀公さん脚色「男の花道」・新治、おまけの一席「まめだ」・新治。コロナ禍の感染対策で、午前と午後の2回公演。同じネタだと分かっているのに、午前・午後の通しで聞かれたお客さんが6名おられました。新作落語ばかりなのに、おまけの「まめだ」も含めて、どれもしっとりとした人情噺ばかりで、お客さんも大満足の表情でした。詳しくはこちらをご覧ください。次回は来年の2月11日(金・祝)だそうです。
【2021.11.13 MORI】

 本日、門戸寄席へ参りまして、珍しい新治師匠による新作落語を堪能いたしました。午前と午後の両方を拝聴しましたので、それらの演じ方のちょっとした違いから、師匠が模索をしておられるご様子が窺われ、新たな落語がかたちづくられていく過程を目撃できたような気がいたします。これは当方にとりましてスリリングかつ大変貴重な体験でした。また本日の最後に、特に午前午後と通しで来場した客への御礼であるとして「まめだ」を演じてくださり、新治師匠によるこの噺を特に愛する者として大いに感激するとともに、晩秋の景色を思い描きつつ、しみじみと味わいました。「福蓑」の原作者は、師匠が事前に連絡をくださったことをとても喜んでおりました。新治師匠は落語を愛する者を大切にする方だとあらためて感じました。東京では8月の鈴本で師匠の落語を拝聴しました。コロナがこのまま大人しくしていてくれて、東京でも師匠の会が遠からず開かれることを切に願っております。【2021.11.13 東京都 UO様】(露新落語会の感想を寄せていただきました。この日は東京から、4名の方にわざわざお越しいただきました。遠路はるばる、ありがとうございました。MORI)
 次回の門戸寄席露新落語会の日程が決まりました。次回から新幸さんは落語二席で歌は歌いません。そして落語二席のうち一席は「新幸試練の十番勝負」と題して、新治師匠の十八番をかけます。第一弾は新幸さん入門のきっかけとなったネタ「権兵衛狸」を予定しています。新治師匠は五郎兵衛師匠直伝の崇禅寺馬場と、世話人が上方落語で一番好きなネタ、胴乱の幸助をお届けします。多数のご来場お待ちしております。
【2021.11.13 兵庫県西宮市 YK様】(第13回記念露新落語会が無事終了したと思っていたら、その日のうちに第14回記念露新落語会の案内が届きました。『ガハハハー』←来年のことなので、鬼が笑っています。予約は当ホームページまで。MORI)。

 今日(11月21日)の毎日新聞阪神版に門戸寄席が載りました。
【2021.11.21 兵庫県西宮市 YK様】(いつも「門戸寄席 露新落語会」でお世話になっている、門戸寄席 J:SPACEの記事です。記事の中に露新落語会のことが出てこないのが残念ではありますが・・・ちなみに、「近くに住む落語通の会社員」は、露新落語会の席亭さんです。MORI)
 本日の碑前祭と「もみじ寄席」、ご苦労様でございます。私は碑前祭の途中から寄せていただき、後の都合で寄席の仲入りで失礼しました。京都の観光客の急増ぶりは少し心配ではありますが、露新ラスト以来の生新治さんを堪能させていただきました。例によって、簡単な感想文を認めました。ご笑覧ください。【2021.11.23 京都市下京区 TM様】(2年ぶりに開催された「もみじ寄席」にお越しいただき、感想をお寄せいただきました。TMさんのブログ「あやふや亭」は、こちらからどうぞ。MORI)
 2021年12月

 キリ番を久しぶりにゲットできました。先月27日の午前4時30分頃にキリ番ゲットしました。キリ番の記録を拝見したら、6年ぶりになるのですね。ここのところ、気がつけばキリ番が過ぎていたり、1番後だったりしてご縁がありませんでした。コロナ禍の最中に、久しぶりのゲットに気分をよくしております。ありがとうございました。
【2021.12.3 京都府木津川市 YO様】(「6年ぶり」とは、どこかの高校の甲子園出場のようですね。 ところで、11月30日深夜(12月1日未明)に「露の新治メールNEWS」を配信したときには、まだ392000番に行っていなかったので、12月1日の午前4時30分ではないかと思います。別にどっちでもいいことですが(笑)。このところ3回続けてキリ番ゲットが「該当者なし」でしたので、久しぶりのキリ番の発表でホッとしています。次回もぜひ、キリ番に挑戦よろしくお願いします。MORI)
 次回門戸寄席「露新落語会」の、新幸さんのネタ決定! ほか一席が「権兵衛狸」に決まりました。これからは新幸試練の十番勝負と題して、新治師匠の得意ネタを順にかけて行きます。
【2021.12.10 兵庫県西宮市 YK様】(本家の「露新軽口噺」をはじめ、各地の露新落語会が休止していますが、門戸寄席は新型コロナウイルスにもめげずに願生ってます。次回は2月の11日、金曜日ですが祝日です。次の日が土曜日というのが嬉しいですね。ご予約お待ちしています。MORI)

 堺フェニーチェ落語会。「今年まだかけていないネタ」との事で、なんだろうなって思っていましたが、黒紋付で登場に「中村仲蔵」だ、って思いました。今回、間がいいなあと思いました。お岸さんの襦袢の袖で涙を拭う所作にまたもやうるうるでした。【2021.12.10 大阪市淀川区 MM様】(新治さんの看板ネタの「中村仲蔵が、12月のこの時期に「今年初めて」というのが、ちょっとびっくりです。一応「忠臣蔵」の時期ではありますが。これもコロナ禍の影響ですね。「MORI)
 キリ番393000を踏みました。
 先日、あみだ池寄席で拝聴させて頂いた「男の花道」、ぐぐっと世界に入り込み今回一番楽しめました。あみだ池寄席はとてもアットホームで、落語家さんの息が聞こえるほどの親近感がとても素敵で、毎回聴かせてもらってます。まだまだ大変な時期が続きますが、明けぬ夜は無いこと信じ、微力ですが応援しています。
【2021.12.18 大阪府泉南市 YH様】(キリ番初ゲットということで、メールをいただきました。おめでとうございます。お初の方からメールをいただくのも、また嬉しいものです。豪華な粗品を贈らせていただきます。MORI)
 392000アクセスキリ番の「豪華な粗品」が届きました。ありがとうございました。遅くなりましたが、お礼申し上げます。キリ番をゲットした日は、どっちでもいいことですが(笑)、ご指摘のとおり12月1日午前4時30分でした。
 私も「あみだ池寄席」に行きました。感染症対策とはいえ、落語の中で、高座から演者が写真を撮るというのは、初めての経験でした。良い経験をしました(笑)。因みに、大声を出してはいけないので、全員が「行ってやれえ!!」と書かれた紙を掲げています。そして拍手でした。新治師匠お疲れ様でした。
【2021.12.24 京都府木津川市 YO様】 (この画像を舞台側から見た画像は、「へらへら日記」のほうにあります。壮観ですよ。こちらからどうぞ。MORI)
 12月29日、繁昌亭での「モーニング福楽。」で、久しぶりの「夢の二分金」を聞くことができました。ダンナがおかみさんを殴ったろうか、などと言うセリフは一切出てこない、夫婦愛の素晴らしい演目になってました。魚屋として成功したダンナにおかみさんが、仔細を話すところの優しさに泣かされました。年末の見納めにとてもいい噺を聞かせていただきました。ありがとうございました。【2021.12.29 大阪市淀川区 MM様】

 昨日の「モーニング福楽。」に伺いました。新治師匠の「夢の二分金」、とてもよかったです。最後の場面。家主に「あいつはアホやから」+妻にも「あんたはアホやから」財布を拾ったのは夢やったと思いこませた、という経緯の告白が、おかしくて、なにより重たくなく、さっぱりした聴き心地でとても気持ちがよかったです。スッキリとした年末年始を迎えられそうです。ありがとうございました。【2021.12.30 大阪府東大阪市 FG様】

 29日、「モーニング福楽。」へ行ってまいりました。新治師匠は「芝浜」でした。ネタおろしは「雀のおやど」ででしたが、あれからもう7年になりますね。「夢や」とだまして亭主を送り出す、その後ろ姿に手を合わせる・・・ここで私はKOを食らいました。他の演者でも見たことがなかったので、いつぞや師匠に誰の型か伺いましたが、御自身の工夫だと仰有ってでした。ここらのセンスがすごいですね。毎年12月は是非このネタをお願いしたいです。今回は談志師匠も飛び入りで来てくださいました。新治師匠のことを褒めておられたのが大変嬉しかったです。「名人談志 完全降臨 新治絶賛」・・・田楽7本いただきます。【大阪府高槻市 TS様】
(お3方から繁昌亭朝席「モーニング福楽。」の感想を寄せていただきました。東京では「芝浜」として演じられている噺で、もともとはお客さんからお題を聞いて即興で作る「三題噺」だったそうです(諸説あります)。「芝浜」が江戸の地名なので、関西では「夢の二分金」あるいは「夢の革財布」という演目で演じられることが多いネタです。 MORI)
 2022年1月

 明けましておめでとうございます。明けたての慌ただしい時に申し訳ありません。新治兄の妹弟子のききょうと申します。映画の告知をさせて頂きたく、メールさせて頂いております。

映画『われ弱ければ 矢嶋楫子伝』とは…
 矢嶋楫子(やじまかじこ)は、天保四年(1833年)に今の熊本県に生まれます。封建時代から近代社会へと、新しい日本を女性自らの手で築くのだという、気概を持って文明開化に挑んだ生涯を送ります。当時の女性は酷い差別に合い、人間扱いされなかった。そんな時代に、男女同権、教育、人権など女性解放の多くの分野で、自らを主張し始めた女性が楫子です。男女平等、夫婦一夫一婦制、廃娼運動、婦人参政権運動、禁酒運動、喫煙廃止運動などの社会改革運動に力を入れ、その見識は百年先をも見据えていました。現在もある女子学院初代校長であり、キリスト教矯風会を設立しました。女性のために闘った楫子の勇気は、現在の私達にとっては感謝してもし尽くせない功績です。その矢嶋楫子さんを主人公に三浦綾子さんが書かれた『われ弱ければ』を原作にした映画です。
 製作部広報の方からは、大阪の9条の会(女性部)などにもご賛同いただき、チラシ配布のご協力を頂くように聞いています。大阪の試写会の舞台挨拶には私も駆け付ける予定です。どうぞよろしくお願いいたします。

映画『われ弱ければ 矢嶋楫子伝』
  監督/山田火砂子
  原作/三浦綾子
上映(試写)会スケジュール 【監督及び出演俳優の舞台挨拶あり】
  1月 8日(土) 熊本城ホール(熊本県熊本市) 14:00~
  1月 9日(日) 益城町文化会館(熊本県上益城郡) 14:00~
  1月14日(金) なかのZERO 大ホール(東京都中野区) 19:00~
  1月22日(土) 大阪府立男女共同参画・青少年センター(ドーンセンター) (大阪府大阪市・天満橋)
            1回目 10:30~  2回目) 14:00~
  1月29日(土) 札幌サンプラザ コンサートホール(北海道札幌市) 13:30~
【映画館】
  新宿 K′s cinema  2月12日~
  横浜 横浜シネマリン 2月12日~
  大阪 テアトル梅田  2月18日~
  京都 京都シネマ   2月18日~
 *このほか各地映画館・上映会開催予定。
製作協力券:1,200円
 試写会は当日券ナシ。製作協力券のみ入場できます。
 製作協力券は映画館及び各上映会でも使用できます。
 ただし、公開開始(2月初旬)までの販売。
お申し込みは露のききょうさん〔yukikyo_rosemary-kikyo@yahoo.co.jp〕までお願いします。
【2022.1.2 露のききょう様】(露の五郎兵衛師匠の娘さんで、落語家でもあり女優でもある露のききょうさんが、映画『われ弱ければ 矢嶋楫子伝』に出演されています。その試写会のお知らせです。主演の矢嶋楫子役は常盤貴子さん、楫子の生涯に影響を与える兄・直方役に石黒賢、夫・七郎役に渡辺いっけい、恋に落ちる書生・鈴木役に渡辺大ほか豪華俳優陣が出演、そのうちのおひとりが露のききょうさんです。MORI)
 あけましておめでとうございます。ご無沙汰しています。何年ぶりでしょう? HPのキリ番ゲットしました。しかし、キリ番のコピーの仕方忘れてしまい、焦ってあれこれ画面をいじってると消してしまいました。どっぷり孫の守に浸かってるまに、還暦を迎え第二の人生の始まり 気を引き締め生きていきます。昨年転んで足の筋を痛めてからは、コロナの影響もあり、引きこもりでAmazonのボタンをポチッとするのが得意になりました。孫には、ヘロヘロ婆ちゃんと呼ばれ楽しんで遊んでいます。それでも、アンテナを張り巡らせていますよ。【2022.1.6 鳥取県鳥取市 MH様】(調べてみると、なんと8年半ぶりのキリ番ゲットです。8年半というと、生まれた赤ちゃんが小学校の3年生ですから、まさに光陰矢の如し。その間、ホームページをちゃんとチェックしていただいていることに、感謝です。お年玉代わりの、豪華な粗品をお送りします。あくまで粗品ですけど・・・MORI)
 キリ番の豪華賞品届きました。ありがとうございます。大人になってからお年玉もらったの、何年ぶりでしょうか? もう2年大阪に帰っていません。今年は大阪の姉妹に会えるかな? 年の初めのキリ番いいことありそうです。【2022.1.12 鳥取県鳥取市 MH様】(キリ番の「豪華な粗品」のお礼メールをいただきました。私が大人になってからもらったお年玉といえば、年賀はがきの「お年玉切手シート」くらいです。MORI)
 銀瓶さんの会「新世界で銀世界」。新世界は、会場の動楽亭に近い通天閣界隈のことです。銀世界の銀はもちろん銀瓶さんの「銀」です。ならば新世界の新は、新治さんの「新」とも取れるわけで、今回の新治さんと銀瓶さんの会にふさわしいネーミングだなあと、勝手に思っていました。でも新型コロナウイルスの感染爆発が気になります。幸い、緊急事態宣言もまん延防止等重点措置も出ていませんし、職場で「県境をまたいだ移動の自粛」の要請も出ていませんので、感染対策に気を付けて動楽亭に向かいました。三密を避けて、電車はやめて車で行くことにしました。大阪で車から出たのは、コインパーキングから動楽亭の往復と、動楽亭の中だけ。銀瓶さんの話では、3人キャンセルがあったけど、他は全員出席とのことでした。私は以前から、一度銀瓶さんの会に行きたいと思っていて、新治さんとの二人のこういう会を待ち焦がれていました。今回はそのうえ、新治さんと銀瓶さんとの対談まで組んであって、これはもう行かないわけにはいきません。
 銀瓶さんの「紙入れ」と「井戸の茶碗」は、新治さんの直伝。銀瓶さんの「紙入れ」の残念なところは、銀瓶さんが男前すぎることです。女将さんのあの色気は、いくら古希を過ぎてしまっていても、新治さんのほうに軍配が上がります。でも「井戸の茶碗」に出てくる2人の武士のやりとりは、銀瓶さんの男前が生きて、なかなかよかったです。新治さんの「竜田川」は、いつも以上にリラックス?で新治ワールドを楽しませていただきました。対談は二人の落語への思いや、お稽古のようすなども垣間見れて、もっと話を聞いていたかったのですが、時間の制約もあり仕方がありません。いい会でした。あとは数日後に感染が出ないことを祈るばかりです。
【2022.1.15 MORI】
 コロナ禍に負けず、1月15日に動楽亭で開催されたの銀瓶さん落語会、「新世界で銀世界」にお邪魔しました。新治さんから稽古をつけてもらった落語「紙入れ」「井戸の茶碗」を、その師の前で二つも披露される銀瓶さん。ガチ勝負な格好よさと艶っぽさ満点でした。外に出せないアドリブも豊富で、大爆笑しました。新治さんの「竜田川」も乗りに乗ってました。今回一番好きだったのはお二人の対談。新治さんの落語観もうかがえ、かつ全編落語Loveに溢れていて頷きっぱなし。深かったです。【2022.1.15 奈良県橿原市 SS様】(動楽亭の会の感想をお寄せいただきました。コロナ禍のなか、ありがとうございました。感染拡大のせいもあり、ちょっとお客さんが少なかったですが、ソーシャルディスタンスが取れ、そういう意味ではちょうどいい具合でしたね。MORI)



このページのトップへもどる・・・

トップページへもどる・・・