新ちゃんの へらへら日記


2009年 4月〜2009年 6月 2009年 7月〜2009年 9月 2009年10月〜2009年12月 2010年 1月〜2010年 3月
2010年 4月〜2010年 6月 2010年 7月〜2010年 9月 2010年10月〜2010年12月 2011年 1月〜2011年 3月
2011年 4月〜2011年 6月 2011年 7月〜2011年 9月 2011年10月〜2011年12月 2012年 1月〜2012年 3月
2012年 4月〜2012年 6月 2012年 7月〜2012年 9月 2012年10月〜2012年12月 2013年 1月〜2013年 3月
2013年 4月〜2013年 6月 2013年 7月〜2013年 9月 2013年10月〜2013年12月 2014年 1月〜2014年 3月
2014年 4月〜2014年 6月 2014年 7月〜2014年 9月 2014年10月〜2014年12月 2015年 1月〜2015年 3月
2015年 4月〜2015年 6月 2015年 7月〜2015年 9月 2015年10月〜2015年12月 2016年 1月〜2016年 3月
2016年 4月〜2016年 6月 2016年 7月〜2016年 9月 2016年10月〜2016年12月 2017年 1月〜2017年 3月
2017年 4月〜2017年 6月 2017年 7月〜2017年 9月 2017年10月〜2017年12月 2018年 1月〜2018年 3月
2018年 4月〜2018年 6月 2018年 7月〜2018年 9月 2018年10月〜2018年12月 2019年 1月〜2019年 3月
2019年 4月〜2019年 6月 2019年 7月〜2019年 9月 2019年10月〜2019年12月 2020年 1月〜2020年 3月
2020年 4月〜2020年 6月 2020年 7月〜2020年 9月 2020年10月〜2020年12月 2021年 1月〜2021年 3月

2020年12月

 「12人の絵本作家が描く応援カレンダー」 (2020/12/8)

 AHさんから、「12人の絵本作家が描く応援カレンダー 〜3.11東北震災支援〜」についてメールをいただきましたので、紹介させていただきます。よろしくお願いします。 
 ありがとうございます。3.11を風化させてはいけないと、地道に続けております。今年は収益金を一般社団法人リボーンさんに寄付させていただくことになっています。何卒よろしくお願いします。
 応援カレンダープロジェクトのサイトです。こちらからも簡単に入手できます。1部1100円です。

 「露新軽口噺の開催について」 (2020/12/9)

 コロナが大変な状態になってきましたが、12月11日(金)の「動楽亭 露新軽口噺」は、予定どおり開催させて戴きます。ただ、こんな状況ですので、不安を覚える方やご高齢の方は、くれぐれもご無理はなさらないでください。予約をされた方であっても、遠慮なくキャンセルをされてください。今は、無事に乗り切ることが最優先だと思います。皆さま、お気をつけ下さい。 なお、当日は検温と、マスクをご持参いただきますようお願いいたします。

 「露新軽口噺、お支え戴きありがとうございます。」 (2020/12/13)

 リスクがいっぱいの中、お越し頂いた方々には、心から感謝申しあげます。また、コロナを警戒し来られなかった方々のお考えも、もっともだと思います。これだけ感染者が増えている大阪ですから、不安なのも当然です。「露新軽口噺」は今回を以て、いったん終了させて戴きます。「太陽と月」から「動楽亭」に会場を移し、28回。皆さまのお力で続けさせて戴きました。ネタおろしや、お蔵になっていた噺の復活。練れておらず、皆様には、お目まだるい事も多々あったと思いますが、よくぞご辛抱くださいました。おかげさまで、小学校の夏休みの宿題から、これと言ってなにも達成したことのない私が、何とか七十席、七十噺をやることができました。私にとって画期的なことで、噺家人生の最後の大仕事でした。ご提案いただいたNさん始め、七十噺に付き合って頂いた方々には、心より御礼を申しあげます。今後は、これらの噺を持ちネタ、さらには「おはこ」にできるよう願生ります。何卒宜しくお願い致します。皆さま、くれぐれもお気をつけください。そして、お元気にお過ごしください。永い間、ありがとうございました。

 「事始め。」 (2020/12/14)

 13日は、事始めでした。せっかくなので、稽古始めにしました。ネタは‐‐‐。今月末、30日、南森町のツギハギ荘・夜席での「同期の落語会・ツバスの会」で、ネタおろし予定。お楽しみに! コロナもまだまだ収まらず、来年も大変な年になりそうですが、何があっても乗り越えようと決意しました。願生ります。

 「染二さん、芸術祭大賞、おめでとうございます。」 (2020/12/26)
 
 文化庁芸術祭で、林家染二さんが「中村仲蔵」で見事、大賞に輝きました。早速、染二さんから丁寧なお礼の電話を戴き、嬉しかったです。
 以前私が、NHKで「中村仲蔵」をさせて戴いたのを染丸師匠が見てくださり、わざわざハガキでお褒めの言葉を戴きました。私にとって、誠に嬉しく、ありがたいことでした。後にも先にも、こんなことは初めてのことで感激しました。ハガキをスケジュール帳に挟み、持ち歩き、折々に眺め励みにさせて戴いていました。今回、染二さんの受賞にお手伝いをさせて戴き、染丸師匠に少しは恩返しができたかなと思います。「中村仲蔵」は、他にも何人かの方にお稽古をさせて戴きました。その一人、露の瑞さんが、自身の会でネタおろしをした時のゲストが染二さん。その時、瑞さんの熱演を見て「自分もやりたくなりました」と言われました。彼女も貢献したわけです。
 そして何より、師匠五郎兵衛が、先代正蔵師匠に習い、上方へ持ってきて戴いたことが全ての始まりです。おかげで、上方落語の財産が一つできました。師匠には、東京の鈴本の怪談噺の手伝いでお供をしていた時に、宿でお稽古をして戴きました。その時、私は五郎兵衛の仲蔵を一対一で聞いていて、稽古も忘れて泣いてしまいました。「新ちゃん、泣いてたら覚えられへんぞ」笑いながらそう言った師匠の顔が目に浮かびます。師匠、ありがとうございます。染二さん、誠におめでとうございます。私も願生ります。

2021年1月

 「あけましておめでとうございます。」 (2021/1/1)

 あけましておめでとうございます。誰も予想しなかった大変な事態の中ですが、新年の御挨拶を申し上げます。旧年中は、大変お世話に預かりました。おかげさまで「七十席」を満願とさせて戴きました。心から御礼を申し上げます。有難うございました。コロナ禍は、益々激しさを増しています。マスクで過ごすのが「普通の暮らし」になってきました。この日常はまだまだ続くと思います。くれぐれもお気をつけくださいませ。そして、どうぞどうぞ、心も体も、お健やかにお過ごしくださいませ。
2020年1月1日  露の新治 拝

 「仕事始めでした。」 (2021/1/11)

 やっと今年、初の高座を勤めました。動楽亭、二の席。番組は、「真田小僧」・二葉、「笠碁」・そうば、「狸賽」・智之助、「竜田川」・新治、(お中入り)、「太神楽曲芸」・板里、「景清」・雀々。たくさんお越し戴き、ありがたかったです。お客席もよく盛り上がりました。ありがとうございます!
  
2021年2月

 「コロナウイルスあれこれ。」 (2021/2/5)

 3月7日(日)予定の、島根県雲南市加茂町「あったか寄席」は、去年に引き続き中止になりました。また、3月13日(土)の香川県東かがわ市「とらまる座」、並びに14日(日)の綾川町での「露の新治寄席」も、二年続けて中止となりました。この状況では仕方ありません。逆に1月23日(土)の名古屋での「あきつ落語会」や、1月30日(土)の福井県若狭町での「新春寄席」が開催して戴けたことが幸運です。
 「あきつ落語会」は、遠路リスクを超えてお越し戴いたお客さま、お席亭のお力で開催できました。集客力の無い私が、名古屋で初の独演会をやれたのは、私の咄家人生のミラクルです。ありがたい限りです。しかし、隣の岐阜県でも宣言が出たため、岐阜からご予約戴いた方は皆さん、やむなく断念されました。そのことを思えば、喜んでばかりもいられません。なのにその方々から逆に、ありがたい激励や、お気遣いを戴きました。ほんまにもったいないことです。ありがたい気持ちでいっぱいになりました。お気持ちにお応えできるように願生ってまいります。皆さま、くれぐれもお気をつけ下さいませ。私もなんとか生き延びます。露の新治拝

 「門戸寄席 露新落語会。」 (2021/2/13)
 2月13日(土)は、兵庫県西宮市の門戸寄席JSPASEにて、「門戸寄席 第11回記念 露新落語会」。マクラが未整理で、かなりとっ散らかりました。「つる」は誠に魅力的なネタです。「不動坊」は、「首をかしげながらあんころ餠を瓶に詰めている餅屋のおやっさん」と、それを見ている「かもじかのこ生け洗い」のゆうさんの姿が、お客さんの頭の中にリアルに浮かんでほしいと願いながらやりました。番組は、「鉄砲勇助(鉄砲勇助登場のサゲまで)」・新幸、「かぜうどん(桂福楽師より)」・新治、(お中入り)、「つる」・新治、「歌二曲」・新幸、「不動坊」・新治。
 「繁昌亭 上方落語フェスティバル。」 (2021/2/14)

 2月14日(日)は、繁昌亭朝席「上方落語フェスティバル・本格『生』落語会」。私は「持ち時間15分、出番がトリ前(もたれ)」がかなりのハードルでしたが、なんとかやれました。ネタは「つる」か「ふろしき」で最後まで迷いましたが「ふろしき」にしました。番組は「もぎ取り」・吉の丞、「ふぐ鍋」・文華、「気持ち(自作)」・三風、「崇徳院」・八方、(お中入り)、「ふろしき」・新治、「真心サービスおじんタクシー」・文枝。 来月、繁昌亭昼席の三つ目に出してもらいます。それに向けてのええ勉強になりました。

2021年3月

 「鳥取落語会。」 (2021/3/6)

 米子在住の桂小文吾師匠のお弟子さん、桂吾空さんが会主の「鳥取落語会」に出して戴きました。小文吾師匠は、若い頃、師匠五郎兵衛と宝塚落語会で活動された方です。鳥取県江府(こうふ)町での「春を呼ぶ寄席」にゲストとして花を添えて戴くなど、お世話になりました。東京・大阪以外には、他に、岡山の雷門喜助師匠、名古屋には登竜亭一門(獅籠師匠、幸福師匠、福三師匠)のお三方がおられます。少しずつ落語の輪が広がっています。番組は「八問答」・吾空、「紙屑屋(あやつりかっぼれ入り)」・笑丸、「抽選会」・ゲスト 桂小文吾、(お中入り)、「手水回し」・呂竹、「井戸の茶碗」・新治。
開演準備中の吾空さんと
笑福亭呂竹師匠
出番前の林家笑丸師匠。
小文吾師匠を囲んで。
 ちなみに笑福亭呂竹師匠とは、呂竹師匠が鳥取大学落語研究部の部長の頃、私と知り合いました。かつて鳥取県江府町に「露の新治を育てる会江府支部」があり、「春を呼ぶ寄席」は、この支部のお世話でさせて戴いてました。この江府支部が「ちびっこ落語教室」を企画し、そのご指導を小文吾師匠にお願いしました。ただ、小文吾師匠もお忙しく、一人では手が回りません。それで、鳥取大学落語研究会に応援をお願いし、小文吾師匠が校長先生で、当時落研の部長だった現呂竹師匠が副校長先生という体制になりました。発表会もやり、春を呼ぶ寄席にも出演してもらい、よく盛り上がりました。楽しい思い出です。
 「五郎兵衛一門会 十三回忌五郎兵衛トリビュート 繁昌亭夜席。」 (2021/3/31)

 二年ぶりに一門が揃いました。冒頭に、全員で師匠の写真を紹介しお話。その後、直弟子が師匠の十八番に挑む趣向。私は「阿弥陀池」をさせて貰いました。五郎兵衛が大事にしていた噺で、東京の寄席で前座が「新聞記事」としてやると「これはとりネタやのに」とゆうてました。今では、上方でも軽い噺になりつつありますが、うちの一門では大事なネタです。緊張しましたが、なんとか落語らしくやれました。追善の一門会は今回をもって切り上げとさせて戴きます。長い間、お支え頂いたお客様には、心の底から感謝申し上げます。本当にありがとうございました。
2021年4月

 「桂よね吉「中村仲蔵」大当たり!」 (2021/4/16)

 繁昌亭昼席、「桂よね吉繁昌亭大賞受賞ウィーク」。中村仲蔵をリレーで。私が前半、よね吉さんがトリで後半をたっぷり。新解釈、新工夫。鳴り物もふんだんに入り、文字通り「お芝居を見てるよう」。一段と魅力的な仲蔵になってました。最後は、映画のエンドロールのようで、余韻たっぷり。やられました。感動しました。大当たり。お客様も大満足だったと思います。私も久しぶりの高座で咄家としての気持ちが甦りました。今日が、先月30日以来の高座で仕事始め。次の姫路の七福寄席が今月の仕事納め。貴重な高座を大事に勤めさせて戴きます。大阪が大変な状態の中、来て戴いたお客様、くれぐれもお気をつけくださいませ。ありがとうございました。



このページのトップへもどる