新ちゃんの へらへら日記


2009年 4月〜2009年 6月 2009年 7月〜2009年 9月 2009年10月〜2009年12月 2010年 1月〜2010年 3月
2010年 4月〜2010年 6月 2010年 7月〜2010年 9月 2010年10月〜2010年12月 2011年 1月〜2011年 3月
2011年 4月〜2011年 6月 2011年 7月〜2011年 9月 2011年10月〜2011年12月 2012年 1月〜2012年 3月
2012年 4月〜2012年 6月 2012年 7月〜2012年 9月 2012年10月〜2012年12月 2013年 1月〜2013年 3月
2013年 4月〜2013年 6月 2013年 7月〜2013年 9月 2013年10月〜2013年12月 2014年 1月〜2014年 3月
2014年 4月〜2014年 6月 2014年 7月〜2014年 9月 2014年10月〜2014年12月 2015年 1月〜2015年 3月
2015年 4月〜2015年 6月 2015年 7月〜2014年 9月 2015年10月〜2015年12月 2016年 1月〜2016年 3月
2015年 4月〜2015年 6月 2016年 7月〜2014年 9月 2016年10月〜2016年12月 2017年 1月〜2017年 3月

2017年3月

 「最後の願生る状差し!」 (2017/3/2)

 ひとつだけ出てきました。最後の「願生る状差し」です。切り番スペシャルの賞品に、どうでしょうか?
【250000アクセスキリ番の賞品に使わせていただきます。ありがとうございます。(MORI)】

 「つれもて寄席。」 (2017/3/3)

 永年続けてこられたおかげで、ほんまにいいお客様。前座の新幸から、笑いが絶えず、楽しく、存分に勤めさせて戴きました。ありがたい! 番組は、「鉄砲勇助」・新幸、「兵庫船」・文吾郎、「書割盗人」・呂竹、「みかん屋」・竹林、「紙入れ」・新治。
新幸。 呂竹、文五郎。 竹林。
新幸下座。 ネタ帳。 (敬称略) 

 「桜井市立第三保育所。」 (2017/3/4)

 奈良県桜井市立保育所の先生、給食調理師、指導員さんなどにお話。3月末日で退職されるお二人の所長(園長)先生の思いで実現した講演会。保育士になって40年、咄家になって40年、同じ時間を生きてきた先生方と私。お気持ちを戴き、精一杯勤めさせて戴きました。ほとんどが女性で、盛り上がって戴きました。ありがたい。ほんまにありがたい! 私は幸せもんです。

 「あったか寄席は、ほんまにあったかい!」 (2017/3/5)

 島根県雲南町 第21回目の「あったか寄席。あったか寄席は、人の心のやさしさを実感させられる寄席です。主催のはんどばっくの会が雲南市より表彰され、コツコツと積み重ねてきたことが認められました。寄席を始めて今年で20周年! 喜びを力に変えて、また願生ります! 圧巻の亜空亜SHINさんの変面。ギャラ師匠の人間全開の楽しい司会。川口さんの、鳥取ループの差別事件と部落差別解消推進法ができた意義の重い現実と明日への希望いっぱいのお話。新幸、新治の落語と、たっぷりの中味。お茶とお菓子がついて500円!
 番組は、「前説」・新治、お話「今なぜ、部落差別解消推進法が成立したの?〜『寝た子』はネットで起こされる!〜」・川口泰司、(お中入り)、「鉄砲勇助」・新幸、「紙入れ」・新治、「変面、マジック」・亜空亜SHIN、MCは高井ギャラ。(敬称略)
朝日新聞の記事も貼り出して戴きました。 打ち上げでの新幸ライブ。

 「雲南市、三刀屋川。」(2017/3/6)

 雲南市三刀屋町、三刀屋川堤防。梅。

 「出雲大社」


 「今日はお稽古。」 (2017/3/8)

 桂三馬枝さん、新幸と三人でお稽古。昔は、「咄家は稽古なんかせんと適当にしゃべるのがプロや」という気持ちでした。とんだ考え違いでした。遅まきながら(遅すぎますが)、稽古のたいせつさが分かってきました。遅いということも気にしません。「今の自分が一番若い」のですから。  終わって食事。私が、まかないをしました。豚汁とカメチャブ(露一門の事始めのまかない)、鯖の缶詰め、炒めたハム、昨日、ギャラ師匠がわざわざ届けてくれた島根のたくわん。甘すぎす、辛すぎず、歯ごたえがシャキッとしていて、大根の香りがちゃんとする名品。そして炊きたてのご飯。おまけに声を出したあとの空きっ腹。美味しかった!
 「大阪市人権標語表彰式。」 (2017/3/11)

 選者をさせて戴いた人権標語の表彰式。先ず私が25分お話をし、新幸の歌。その後表彰式。会場は、イオンモール鶴見緑地店。買い物のお客さんも立ちどまったり、椅子に座ったりでいい雰囲気で盛り上がりました。玉之助さんと合流し、車で讃岐、東かがわ市に向かってます。

 「大内新治寄席。」

 香川県東かがわ市、人形劇場とらまる座にて、「大内新治寄席」。番組は、「鉄砲勇助」・新幸、「ふろしき」・新治、「ちりとてちん」・さん喬、(お中入り)、「太神楽曲芸」・玉之助、「あみだ池」・新治、「芝浜」・さん喬。大入叶、ありがたい。ありがとうございました!



サインをする玉之助師匠

 「第29回綾川新治寄席。88歳現役町長!」 (2017/3/12)

 香川県綾川町、藤井賢(ふじいけん)町長。社会党県議の時からお世話になってます。全国最高齢の首長! いつも楽屋を訪ねてくださいます。挨拶も楽しく、お客さんは爆笑。
 会場いっぱいの500人。笑いも爆発! 番組は、「七度狐」・新幸、「看板のピン」・新治、「お菊の皿」・さん喬、(お中入り)、「太神楽曲芸」・玉之助、「短命」・さん喬、「井戸の茶碗」・新治。東かがわ、大内の寄席には、大阪からお二人。綾川の寄席には、更に、高校の同級生が夫妻で駆けつけてくださり、大阪から四人。そして高知からもお一人! ほんまにありがたいことです。遠距離、ごくろうさまでございました! ありがとうございます。
「看板のピン」・新治 「太神楽曲芸」・玉之助
「短命・さん喬師匠 「井戸の茶碗」・新治
JA香川県綾南地区営農センター、満員のお客様。

 「松林荘にて。」 (2017/3/13)

 香川県綾川町、松林荘にて公演。番組は「鉄砲勇助」・新幸、「かぜうどん」・新治、「太神楽曲芸」・玉之助。

 「さぬき寄席ツアー。」 (2017/3/15)

 年々充実のさぬき寄席ツアー。今年は、さん喬師匠にお越し戴き、たっぷり四席(ちりとてちん、芝浜、お菊の皿、短命)、袖で勉強させて戴きました。ほんまにすごかったです。特に、芝浜は別世界でした。この幸せな空間、時間が終わるのがもったいない気分でした。来年もさん喬師匠にスケジュールを押さえて戴きました。今回で、大内は24回、綾川は29回。来年は、25回、30回と節目の会です。綾川は、38才で始めました。来年無事に迎えられれば67才です。なんとか無事に迎えたいものです。

 「露新軽口噺(つゆしんかるくちばなし) 。」

 「太陽と月」で、新幸、新治の勉強会を始めます。タイトルは、「露新軽口噺(つゆしんかるくちばなし)」。初代露の五郎兵衛の咄本から戴きました。私の新治は、この書名から戴いた「新」です。ご予約は、へ。どうぞよろしくお願いいたします。

〇 第1回露新軽口噺(つゆしんかるくちばなし)
 日時:2017年5月13日(土) 13:00〜
 会場:太陽と月(地下鉄、近鉄日本橋駅、I出入口、上がって南へ)
 ゲスト:笑福亭竹林師匠
 木戸:2000円
 定員:
35
 内容:新治ネタおろし、他一席。新幸、一席(たまには二席)。
 終演後、懇親会あり(500円)定員、30人。

 「資生堂葉山研修センター。」 (2017/3/16)

 葉山。資生堂の社員研修で、たっぷりとお話をさせて戴きました。研修室には、美女のポスターがずらり! 聞き上手の人権啓発担当者の皆様に助けられ、なんとか勤めました。ありがとうございました。

 「みゅーじあむ寄席。」 (2017/3/18)

 さん喬師匠のお供で九州ツアー! 福岡県太宰府市の九州国立博物館にて、「みゅーじあむ寄席」。番組は、「せんきの虫」・さん喬、「トーク」・崔英花&さん喬&新治、(お中入り)、「ごんべえ狸」・新治、「ちりとてちん」・さん喬。楽しく勤めさせて戴きました。さん喬師匠の「ちりとてちん」、最後の盛り上がりがすごく、拍手が起こります。刺激をいっぱい戴きました。
 

 「聖福寺寄席。」 (2017/3/19)

 会場となった福岡県福岡市の聖福寺は、日本最古の禅寺。老人六歌仙の仙涯和尚が住職を勤めたお寺。そんな由緒のあるお寺での落語会。ありがたく勤めさせて戴きました。

 「島根県雲南市三刀屋町。」 (2017/3/21)

 一宮交流センター。去年に続き、二度目のお勤め。ありがたい!
宍道湖 会場
ビールケースも活用! お笑い人権高座と落語。
宍道湖。(次の日) 出雲の町。

 お笑い人権高座もよくお笑い戴き、お中入の後は落語。ビールケースの階段で高座へ上がり、開口一番「私がこうして高座に上がれるのも、アサヒビールのおかげです」と言ったら、受けました、受けました。自分でもヒットやと思います。ネタは、あみだ池と思っていましたが、ほんまに、いつの間にか「竜田川(千早ふる)」に入ってしまっていました。こんな経験は初めてです。なんか肩の力が抜けて、楽しく勤めさせて戴きました!
 「お稽古。」 (2017/3/22)

 桂三馬枝師匠、露の吉次師匠と、3人でお稽古。ありがたい。ほんまに勉強になります。

  

 「横浜・憲法展。」 (2017/3/23)

 横浜で「憲法展2017」が開催されます。23日には、私も出演します。どうぞよろしくお願いいたします。
〇 4月22日(土)〜4月25日(火)
 憲法を書き展示する会
 無料
〇 4月22日(土)13:00
 映画「不思議な国の憲法」上映会。入場料700円。松井久子監督トークあり。
〇 4月23日(日)10:30〜12:00 露の新治落語会
 入場料:¥1,000

 会場:ギャラリー&スペース弥平(横浜市港北区篠原北1‐5‐5)
 (東横線・横浜線『菊名駅』西口に出て、左に見える横浜線ガードをくぐり、ローソンの所から上り坂を5分。登りきった辺りに自販機のあるアパートあり。そこを右折。次の角の右側に白い壁のギャラリー&スペース弥平が見えます)

 「法務大臣から感謝状を戴きました。」 (2017/3/26)

 11年やってきたことが認められたのはありがたいことですが、奈良少年刑務所の突然の閉庁は、ほんまに残念で悔しいです。国(権力)というものは、いざとなったら有無を言わさず、強行してくることが、改めて分かりました。篤志面接委員の職は解かれましたが、矯正教育への気持ちは持ち続けようと思っています。しばらくお休みさせて戴き、また機会があれば、勤めさせて戴こうかと思っています。ご縁に任せます。

 「田川ろーおん寄席。」

 今回は、私の一人会となりました。川崎亭好朝さんを間に挟み、三席。久しぶりのネタを並べました。小きぬ社中の下座と、聞き上手のお客様に助けて戴き、ありがたく勤めさせて戴きました。特に、はめものがきちんと入った皿屋敷をトリでさせて戴き、よかったです。田川ろーおんの、川崎亭一門、小きぬ社中、お手伝いの皆さま、そしてお客様、全ての方に感謝、感謝です。ありがとうございました。番組は、「阿弥陀池」・ 新治、「長短」・好朝、「鹿政談」・新治、(お中入り)、「皿屋敷」・新治。

 「お稽古。」 (2017/3/28)

 林家染吉さん。亡き露の雅と同期の染吉さんが、雅が得意ネタにした狼講釈をやってくださいます。いいお供養になると思います。ありがたい。染吉さんは、響きのいい声で声量も豊か。いい形に仕上がりました。

 林家染吉さん、「狼講釈」は下記の会で初披露です。皆さま、よろしくお願いいたします。
〇 4月6日(木)19:00〜「染吉っとんの会」
 会場:地下鉄動物園前駅すぐ「動楽亭」
 料金:前¥1,200、当¥1,500
 問合せ:三栄企画 06-6631-0659 メール info★saneikikaku.co.jp (★を@に)
どうぞ宜しくお願い致します。新治拝

2017年4月

 「繁昌亭にて。」 (2017/4/1)

 上方落語協会創立60周年記念月間スタート。鏡開き。ふるまい酒。大入り叶!

  

 「大丸屋騒動」
 
 今日、慎悟師匠が繁昌亭の独演会で「大丸屋騒動」をかけられます。私も、4月30日の「ももやま亭」では、「大丸屋騒動」をやらせて戴きます。「京都四条で、四条の噺を」という趣向です。あとの二席は、楽しく、愉快な落語らしい噺をと考えています。何とぞよろしくお願いいたします。
 「敦賀落語会、45周年!」 (2017/4/3)

 福井県敦賀市の寄席、敦賀落語会がなんと45周年を迎えます。ここまで続いている寄席は、珍しい。私もお世話になった敦賀落語会。おめでとうございます! 末永く!

 「常蓮寺寄席、アクセス。」 (2017/4/4)

 5月7日(日)の「常蓮寺寄席」の会場、常蓮寺様(奈良県奈良市杏町)へのアクセスです。
・近鉄奈良駅(12:30  13:30)JR奈良駅(12:34   13:34)から、ともに杏中町(からももなかまち)行きバスに乗車。終点、杏中町で下車。そこから南へ徒歩3分。
・近鉄郡山駅、JR郡山駅(10分から15分間隔))からイオンモール大和郡山行きに乗車。終点イオンモール大和郡山下車。そこから北へ徒歩10分。
 どうぞよろしくお願いいたします。
 「第17回大東新治寄席。」 (2017/4/7)

 お笑い人権高座をやるきっかけの地、大阪府大東市での独演会。一回目のサブタイトルは「人権の新ちゃん、本芸で願生る!」 回を重ねて17回目。今回は、ダブル受賞記念の会。各地でやらせて戴きました記念の会も、これで一区切りです。
〇 2017年5月27日(土) 開演14:00
 「奈良人権文化選奨・文化庁芸術祭優秀賞受賞記念 第17回露の新治寄席」
 一部、お笑い人権高座。
 二部 落語会。
 出演:新幸、新治、ゲスト 豊来家玉之助(太神楽曲芸)
 会場:野崎まいり公園・多目的ホール
 木戸銭:予約・前売り2000円、当日2500円。
 予約・申し込み:ホームページまで。

どうぞよろしくお願いいたします。

 「残席僅かになりました。露新軽口噺。」 (2017/4/11)

  新幸がオーナーのライブバー「太陽と月」での、新幸、新治の研鑽の会 「露新軽口噺(つゆしんかるくちはなし)」は、残席僅かとなりました。どうぞよろしくお願いいたします。
〇  第一回露新軽口噺(つゆしんかるくちばなし)
 日時:2017年5月13日(土)13:00〜
 会場:太陽と月(地下鉄、近鉄日本橋駅、I出入口、上がって南へ)
 ゲスト:笑福亭竹林師匠
 木戸:2000円 定員35人
 新治ネタおろし、他一席。新幸、一席(たまには二席)。
 「テント師匠、二百日。」 (2017/4/14)

 1月4日が亡くなって百カ日なので、今日で二百日。初めの百日とでは、時の過ぎる速さがまるで違います。最近では、思いだすことも少なくなりました。ただ、事故現場と前日食事を一緒にした「こけこっこ」には、まだよお行きません。いずれ、きちんとした形で拝みに行きたいとおもてます。「我や先、人や先。今日とも知れず、明日とも知れず。朝には紅顔あって、夕べには白骨となれる身なり。」ほんまにそうです。私もいつどうなるか、わかりません。はっきりしてるのは、今日まだ生きてるということです。生きさせてもろとるのです。テント師匠も見守ってくれてます。精進します。一花咲かせたいとおもてます。

 「完売御礼−露新軽口噺。」 (2017/4/15)

 5月13日(土)の「露新軽口噺」は、おかげさまで完売になりました。当日劵は、キャンセルが出た時のみです。どうぞよろしくお願いいたします。

 「京田辺市民寄席。」 (2017/4/16)

 京田辺施政20周年を祝う記念の寄席。来て戴いた50人のお客様、世話人の次田のり子市議、春日夜間中学、次田哲治先生夫妻に感謝! 番組は、「七度狐」・新幸、「ふろしき」・新治、「代書」・福楽、(お中入り)、「マジック」・こんばらさん、「鹿政談」・新治、「お礼の言葉」・次田のり子、手拭いプレゼント。福楽師匠の「代書」、舞台そでで爆笑。福楽ワールド、軽く語って、無類のおかしさ! これぞ落語!
 「林家染雀師匠とお稽古。 」 (2017/4/17)

 染雀師匠は今年芸歴25年。それを記念して繁昌亭で三度の独演会を企画。そのためにお稽古に来られました。染雀師匠は、若手対象にボランティアで鳴り物教室を主催。新幸もお世話になっています。私の咄の不備も指摘戴き、お稽古がいい勉強の場になりました。ありがたい!

 新幸が自力でお客を呼びました。

 乙夜寄席。新幸が全くの自力でお客様を呼びました。夜席独演会の前座として繁昌亭の高座に上がったことはありますが、協会主催の寄席では「繁昌亭初高座」。気合いが入っていたようです。21:45からの寄席に、よく25人も来て戴きました。それだけの気持ちに支えられているのです。この方々のお気持ちを戴き、精進し、高座でお返しをする。「咄家・露の新幸」としての道は開けてゆくと思います。私も願生ります!

 「パンは町のパン屋さんで買うべきです。」 (2017/4/18)

 今朝、トーストを食べようと思い、食パンを出したら青カビがかなり生えてました。仕方ありません、消費期限を5日過ぎてました。「冷蔵庫にいれといたらよかったなあ」と思い、別のパンがあったので「こっちは大丈夫」と思い、食べようとしてなにげなく消費期限を見ましたら、更に1日早い!「大丈夫と違うやん」カビたほうは、町のパン屋さんのもの。きれいなほうは、スーパーで買った有名メーカーの品。防腐剤の問題はなんとなく知ってはいましたが、こうハッキリ見せられると怖くなりました。パンは、町のパン屋さんで買わなあかんと思いました。これ、パンだけのことやないように思います。特に小さな子供には食べさせたらあかんと思いました。スーパーのパンが、どこまでもつのか見てみます。

 「第二回露新軽口噺をやらせて戴きます!」

〇 2017年6/17(土) 13:30開演 「第二回露新軽口噺(つゆしんかるくちばなし)」
 会場:大阪市中央区日本橋 「太陽と月」
 出演:新幸、新治
 木戸銭:2000円(当日2500円)
 定員:35人(懇親会30人)
予約受付は、5月13日(土) 第一回終演後より。ホームページ受付は5月14日午前零時より。どうぞ宜しくお願い致します。

 「繁昌亭記念興行より。」 (2017/4/20)

 鹿政談をさせて戴きました。




 「ビラ配り。」 (2017/4/21)

 昨日は開場前に、新幸、あおばさんと三人で、商店街でビラ配り。着物にハッピという姿なので怪しまれはしなかったのですが、若い人、特に仕事中の人はなかなか受け取ってくれません。それも、無表情で無視して通り過ぎてゆく。ちょっとイラッとします。どこかの店のアルバイトの五人づれ。見事に無視。了見の狭い私は「この店には行かんとこ」と思いました。これで気づきました。この逆もあるのです。私が失礼、無礼を働くと「もお落語なんか聞かへん、繁昌亭なんか行かへんぞ」となるわけで、誰がいつお客さんになるか、わからんのです。ほんまに身をつつしまんとあかんと思いました。おもしろいもんで、「上方落語協会60周年記念興行のチラシです」と言うより、「上方落語協会60周年記念のチラシです」というと、取りが格段によくなりました。ものも言い様です。

 「三田落語会から憲法展2017」 (2017/4/22,23)

 4月22日(土)、三田落語会にて「鹿政談」と「深山がくれ」。よく稽古して臨むも、まあまあ。しかし、やるだけやったので悔いはありません。田町から神保町へ向かい、明治大学文学部の先生方に一席。よくお笑い戴き助かりました。雨中、田町の三田落語会へ戻り、さん喬師匠の高座を勉強。それから、日吉経由で横浜市菊名の、高校同期生の四元さん宅へ。
 23日(日)、四元さんが関わっている、憲法展2017へ。テーブルとビールケースの高座が、今日の檜舞台! 満員の50人。ありかたく勤めさせて戴きました。さあ、次は、ももやま亭に向かって精進!

 「完売御礼!」 (2017/4/24)

 5月27日(土)大東市での、新治寄席は、おかげさまで完売となりました! 当日劵はありませんので、よろしくお願いいたします。ありがとうございました。

 「憲法展2017感想」 (2017/4/25)

 詳細レポートを見つけました。ホームページやツイッターでご紹介して下さい。

「HOME★9(ほめ・く) 中途ハンパ主義宣言」

 「お稽古繁昌!」

 午前中に、三馬枝師匠。午後から、達瓶師匠。達瓶師匠は、5/14(日)繁昌亭、夜席。笑福亭達瓶独演会にてご披露! ネタは?お楽しみに。
桂三馬枝師匠 笑福亭達瓶師匠、新幸


 「峰歯科・峰矯正クリニック落語会」 (2017/4/26)

 久しぶりに伊賀市での高座。峰先生による、歯と健康なお話。その後、落語会。番組は、「看板のピン」・紫、「紙入れ」・新治。いいお客さんで助かりました。三日前から体がダルく、頭が痛かったのですが、今朝熱を計って風邪だとわかりました。ももやま亭までに治します!


「看板のピン」・露の紫




このページのトップへもどる