新ちゃんの へらへら日記


2009年 4月〜2009年 6月 2009年 7月〜2009年 9月 2009年10月〜2009年12月 2010年 1月〜2010年 3月
2010年 4月〜2010年 6月 2010年 7月〜2010年 9月 2010年10月〜2010年12月 2011年 1月〜2011年 3月
2011年 4月〜2011年 6月 2011年 7月〜2011年 9月 2011年10月〜2011年12月 2012年 1月〜2012年 3月
2012年 4月〜2012年 6月 2012年 7月〜2012年 9月 2012年10月〜2012年12月 2013年 1月〜2013年 3月
2013年 4月〜2013年 6月 2013年 7月〜2013年 9月 2013年10月〜2013年12月 2014年 1月〜2014年 3月
2014年 4月〜2014年 6月 2014年 7月〜2014年 9月 2014年10月〜2014年12月 2015年 1月〜2015年 3月
2015年 4月〜2015年 6月 2015年 7月〜2015年 9月 2015年10月〜2015年12月 2016年 1月〜2016年 3月
2016年 4月〜2016年 6月 2016年 7月〜2016年 9月 2016年10月〜2016年12月 2017年 1月〜2017年 3月
2017年 4月〜2017年 6月 2017年 7月〜2017年 9月 2017年10月〜2017年12月 2018年 1月〜2018年 3月
2018年 4月〜2018年 6月 2018年 7月〜2018年 9月 >2019年10月〜2018年12月 2019年 1月〜2019年 3月

2019年4月

 「繁昌亭にて、お稽古。」(2019/4/4)

 繁昌亭にて、瑞さんとお稽古。
林家染雀師匠と瑞さん。
寄席囃子、林家とみ師匠.。右の写真は、とみ師匠と枝雀師匠(当時は、小米)。

 「九雀師匠の会。」

 豊中市伝統芸能館にて、「いきなり九雀の会」。九雀師匠に用いて戴き、ありがたい限りでした。
 番組は、「つる」・新幸、「リサイクルマン」(紙屑屋の、現代リメイク版)・九雀、「狼講釈」・新治、(お中入り)、「小間物屋政談」・九雀。

 「東京、黒門亭、お出番を戴きました!」(2019/4/8)

 速報!!!! 東京、落語協会ビル二階で開催される「黒門亭」出演決定。お出番を戴きました。 「黒門
亭5月11日(土)1部12:35上がり」定員40人。前日の5月10日(金)は、深川江戸資料館でさん喬師匠をゲストに東北笑生会の落語会! 願生ります!
 「目指せ!七十席・応援シートができました!」(2019/4/15)

 東京の落語ファンで、太陽と月の「露新軽口噺」皆勤のNさんが,七十席を応援しようと、ネタ帳シートを作ってくださいました。ステキなデザインです。今までのネタを印刷し、これからのネタは書き込めるようにして戴いてます。基本は「露新軽口噺」で聞いて戴く予定ですが、それたけでなく他の落語会、「門戸寄席・露新落語会」や奈良古々粋亭の「ここいき亭露新落語会」でも、押させて戴きます。シートをお持ちの方は、受付で「聞いたネタ」をお報せください。2020年1月の時点で七十席満席となった方には、豪華な粗品を差し上げます。満席でなくても、ネタ数に応じて粗品を用意します。もっとも、「私が七十席勤めたら」の話で、ダメなら、期限は延びます。頼りない話で恐れいりますが、ぼちぼちとお付き合いください。しかしこんな形で応援して戴けることは、ほんまにありがたい限りで、「こら、なんとしても七十席完走を目指さねば」と改めて気合いを入れている次第です。何とぞお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。
クリックで拡大
【ネタ帳シートは、露新軽口噺では無料で配布しておりましたが、5月以後につきましては各落語会にて、1部¥100円で販売いたします。シートの利用方法の詳細については、詳細を検討のうえ、ホームページにてお知らせいたします。今しばらくお待ちください。】

 「奈良のタウン情報誌「マイ奈良」に!」(2019/4/19)

 奈良のタウン情報誌「マイ奈良5月号」に、「ここいき亭・なら露新落語会」を写真入りで掲載して戴きました! 清水編集長、ありがとうございます。

○ 第二回ここいき亭・なら露新(つゆしん)落語会
 日時:2019年5/24(金)
 料金:一部、14:00開演(1500円)
    二部、18:30開演(2000円)
    一部、二部通し劵、30000円。
 出演:新幸、新治。
 会場:奈良県奈良市 落語喫茶・古々粋亭(ご予約受付中)


 「仏前結婚式・祝賀寄席」(2019/4/28)

 愛媛県四国中央市土居町、浄土真宗本願寺派心光寺若院様、仏前結婚式・祝賀寄席。出演は、豊来家玉之助、新治。末永くお幸せに。

2019年5月

 「露新軽口噺に牧口一二さんが来られました。」(2019/5/20)

 今回、牧口さんにお越し戴いたのは、露新軽口噺にとって画期的なことでした。初め、橘高さんの名前で問い合わせがあり、それが夢風基金の橘高さんとは分からず、承りました。私は正直「入り口の階段を、皆でかつぎあげるしかない」と思ってましたが、動楽亭管理者の米朝事務所に問い合わせると「可能です」とのこと。「お客様のルートではなく、楽屋口から、下座を通って入ることができます。タイヤの汚れは、雑巾をおいてありますので、それで拭いていただければけっこうです。特に敷物など要りません」とのこと。目からウロコでした。おかげで、露新軽口噺のバリアフリーが一歩進み、入場者が増えました。牧口さん、米朝事務所のおかげです。やはり、牧口さんは障害者解放運動の先駆者です。牧口さん、橘高さん、平野さん、ありがとうございます。
 おまけに、もう一ついいことがありました。お客様のUさんは手押し車を押して来られます。着かれたら連絡を戴き、私らが迎えに行って、手押し車を二階入り口まで上げてました。けど、牧口さんが楽屋口から入って戴いたおかげで、「Uさんもそこから帰って戴けばいい」とスタッフが気がつきました。おかげで帰りは手押し車を下ろさんでもすみました。昔は、私ら芸人がお客様口から入ったら怒られました。けじめです。それも大事ですが、バリアフリーもたいせつです。自分の頭の固さに気づかせて戴きました。次からは、Uさんもエレベーターで上がって戴けます。私らも手押し車を運びあげなくてもいいのです。米朝事務所様、ありがとうございます。
ゆめ風基金会報「ゆめごよみ風だより」の巻頭に、代表、牧口一二さんの文章。(クリックで拡大)

 「5・23 狭山デー・中央集会。」(2019/5/23)

 東京の日比谷野外音楽堂にて、「狭山事件の再審を求める市民集会」。石川一雄さんが、部落差別意識の結果、不当に逮捕された1963年5月23日から、56年目。次々と出される無罪の証拠を無視し、鑑定人尋問や現場検証など裁判所による事実調べが行われていません。弁護側は、無実の新証拠を、200点以上提出しています。東京高裁第四刑事部(後藤眞理子裁判長)は、白黒をはっきりさせるために、再審を開始すべきです。24歳で逮捕された石川さんは、すでに80歳。だけではありません。当時12歳だった私も68歳の高齢者。56年は長すぎます。今年も日比谷野外音楽堂はいっぱいの人でした。石川夫妻を軸に思いは一つ。世論を高め、再審無罪まで、あと一息。ご支援、よろしくお願い致します。

 「第二回古々粋亭なら露新落語会。」(2019/5/24)

昼の部(62人)
 「東の旅、奈良名所、大仏の目」・新幸
 「つる」・新治
 「口合小町」・新幸
 「ちりとてちん」・新治
 (お中入り、写真タイム・新幸)
 「鹿政談」・新治

夜の部(27人)
 「東の旅、煮売り屋」・新幸
 「紙入れ」・新治
 「時うどん」・新幸
 「猿後家」・新治
 (お中入り)
 「井戸の茶碗」・新治

 「喜楽館初日。」(2019/5/27)
 
 5月27日(月)、今日から喜楽館の出番です。さん喬師匠から伺いましたが、咄家人生最初のトリを初トリ(しょとり)というのやそうです。単発の特別興業ではトリがありましたが、定席の一興業(七日間のうち、五日だけですが)、初のトリです。考えたら、私にとって画期的なことです。初日は「ちりとてちん」を申し上げました。明るいお客さまでよく笑って戴きましたが、帰りは、ものも云いたくないほど疲れてました。落語一席で、こんなに疲れを感じるとは意外でした。意識はしてなかったのですが、緊張してたんやと思います。

 「喜楽館、一番太鼓に前説。」(2019/5/30)

 初めて落語に接するお客様も多い昼席。一番太鼓の前に、意味を説明してから聞いて戴きました。打ち手は新幸。出発進行。
 四日目の今日は団体様が無く、お客様は少なかったのですが、よく盛り上がりました。ベトナムからの留学生がお一人、帰国前に日本文化に触れようとお越し戴きました。定席は、ほんまに多彩なお客様で、その方々が落語ファン、寄席ファンになって戴けるかどうか、一回限りの勝負です。だから、緊張します。今日は鹿政談を申し上げました。
 「奈良県立郡山高校にて。」(2019/5/31)

 奈良県立郡山高校の生徒さんに、お話する機会を与えて戴きました。聞き上手のおちついた生徒さんで、楽しくお話させて戴きました。コンプレックスといらん自意識で自分を縛っていた、自分の高校生時代の痛恨の反省から、いろいろお話をさせて戴きました。私の高校生の時よりずっとおとなの生徒さんたちに助けられました。終わって、喜楽館へ。ありがたい一日でした。





 「私の楽日。」

 喜楽館は七日間興行ですが、先にスケジュールが入っていたので、五日目が私の楽日。最後なので、不安でしたが、「中村仲蔵」に挑戦しました。結果は◎で、好評でした。サゲまでついてきて下さったお客様に大感謝です。ありがとうございます!

2019年6月

 「満徳寺寄席報告。」(2019/6/2)

 静岡県磐田市の満徳寺さまにて、第七回満徳寺寄席。昨年亡くなられた代表世話人、鈴木昇さんのご遺族がいっぱいお越し戴き、みんなで故人を偲ばせて戴きました。お客席は、新幸、時うどんから爆笑の渦で大盛り上がり。お客様が、聞き上手になってきてるように思います。ありがたいことです。七十席シートもかなり買って戴きました。番組は、「時うどん」・新幸、「ふろしき」「目薬」・新治、(お中入り)、「口合い小町」「ギター小咄」・新幸、「花筏」・新治。大入叶。
音量チェック中の新幸

 「第15回露新軽口噺。」(2019/6/15)

 動楽亭にて、第15回露新軽口噺。お客様は35人。盛り上げて戴きました。七十席まで、願生って続けて参ります。何とぞよろしくお願いいたします。

 「第12回西生寺落語会。」(2019/6/14)

 岐阜県中津川市・西生寺様の、新築なった本堂にて二回目、通算12回目の落語会。番組は、「金明竹」・新幸、「ふろしき」・新治、(お中入り)、「ギター小咄」・新幸、「マジック」・マッハ金太郎、「ちりとてちん」・新治。廊下まであふれる大入り満堂!爆笑!爆笑! ご住職ご夫妻、総代さま、門徒の皆さま。いっぱいの恩を戴きました。ありがとうございます! お昼御飯は、恒例のごへい餅。

 「木の津講談席15周年記念公演。」(2019/6/21)

 京都府木津川市、ギャラリー「人と木」にて、「木の津講談席15周年記念公演」。番組は、「無筆の出世」・遊花、落語「口合小町」・新幸、「木津の勘助」・南慶、落語「ちりとてちん」・新治。
「口合小町」・新幸 「木津の勘助」・南慶先生
遊花さんと南慶先生。

 「第四回うずみ火寄席。」(2019/6/29)

 動楽亭にて、「第四回うずみ火寄席」。番組は、「青菜」・新幸、「音曲漫談」・パギヤン、「堪忍袋」・愉かい亭びわこ(水野晶子アナ)、(お中入り)、「トーク」・水野晶子/矢野宏(うずみ火主筆)、「鹿政談」・新治。大入り、満員御礼! ありがとうございます!

新幸とパギヤン

2019年7月

 「本日の檜舞台!」(2019/7/1)

 奈良県大和高田市経済会館にて、「奈良労金いきいきクラブ」の総会のあと、一席。

 「第20回あじさい寄席。」(2019/7/4)

 奈良県川上村 村制施行130周年記念・第20回あじさい寄席。番組は、「酒の粕」・波津乃屋笑悠(はづのやしょうゆう(地域起こし協力隊家族、福祉協議会職員)、「子ほめ」・桂りょうば、「太神楽曲芸」・豊来家幸輝、「時うどん」・露の新幸、(お中入り)、「音曲漫才」・てれすこボーイズ(新幸・りょうば)、 「井戸の茶碗」・新治。
    
    

 「着物を着て寄席に行こう!」

 あじさい寄席に併せて「着物を着て寄席に行こう!」という企画がありました。地元の方々の協力を戴き、普段着物を着たことのない方にも体験をしてもらおうというもの。若い方もふくめ20人ほどの着物姿の方が客席を埋めて戴き、非常に華やかでした。過疎化の進む川上村ですが、こういう前向きな企画が実行できる、人の和があります。一丸となって、村の活性化を目指す魅力的なコミュニティです。だから、寄席も盛り上がったのだと思います。そこに用いて戴ける私らは、ありがたい限りです。東北笑生会でボランティ公演をさせて戴きますが、ここにも、私らのできることがありました。奈良県の過疎地を積極的に回らせてもらうのもいいなと思います。



 「鈴本演芸場、8月中席の出番決定!」

 鈴本演芸場、8月中席の出番が決まりました! お盆興行7年目。2012年6月中席から、通算8年目。光栄なことです。今年も私以外は、東京の落語協会の看板どころばかり。そこへ、私らレベルの者が混ぜて戴くなど、考えたら「ありえへんこと」です。ありがたく、精一杯勤めさせて戴きます。
【予約・詳細はこちらからとうぞ。(MORI)】

 
 (該当者なし)
 「直江津から柏崎へ。」(2019/7/6)

 昨日5日は新神戸で、曹洞宗の和尚様にありがたくお話をさせて戴き、そのまま直江津へ。今朝、柏崎へ。たまたま乗った電車が、イベント列車で、車内は新潟の地酒を楽しむ人でいっぱい。コンサートもあり、日本海の絶景を眺めながらのほろ酔い旅。禁酒している身には辛いかと思いましたが、意外に平気でした。お茶を飲みながら、演奏と車窓の眺めを楽しみながら柏崎へ。
    

 「本日の檜舞台。新潟県柏崎市エネルギーホール。」

 お笑い人権高座と「鹿政談」。落語になじみのない方が多かったのですが、説明を入れながら噺をさせて戴き、よくお笑い戴きました。帰りに駅に行くと、また酒蔵列車が着いたところで、赤い顔した人たちがぞろぞろと降りてきました。楽しそう! ええお酒やなあ。

 「新潟県小千谷市、真宗大谷派勝覚寺さま。 」(2019/7/7)

 新潟県小千谷(おぢや)市の勝覚寺様にて、「第17回いのちに学ぶ集い」。お話「お笑い人権高座」と、落語「井戸の茶碗」をさせて戴きました。〜話べた 笑い上手におだてられ〜 満堂の門徒さまに盛り上げて戴きました。

 「グループホーム ほのぼの。」(2019/7/8)

 浄土真宗西本願寺は(お西)の新潟県小千谷市、極楽寺、麻田ご住職のお世話で、二ヶ所行かせていただきました。午前中は、小千谷の「グループホームほのぼの」。地域の方々も含め50人ほど。よくお笑い戴き、汗だくで勤めさせて戴きました。ネタは「ちりとてちん」。

 「露の新治人権落語独演会」

 午後は、長岡市立劇場小ホールにて、「露の新治 人権落語独演会」。200人弱の方々に「お笑い人権高座」と落語「鹿政談」。木戸銭1000円。久しぶりの、有料のお笑い人権高座! やはり、木戸銭を戴くと、お互いの気持ちが違います。おかげで盛り上がりました。長岡の解放同盟や同宗連など反差別の運動を担われている方々のお力で実現しました。ありがたく勤めさせて戴きました。(主催 「露の新治人権落語を聴く中越地区実行委員会」、共催 長岡市・長岡市教育委員会)

 「本日の檜舞台。高知小学校。」(2019/7/12)

 四国は高知県、高知市立高知小学校。超早起き(5:20)して、陸路高知へ。9月21日に寄席を企画して戴いてる社民党高知県連合はじめ各団体に挨拶回り。その後、高知小学校(友村校長)へ。今回のコーディネーターである細川先生と友村校長は、かつて同和教育を推進してきた仲間。私との出会いも25年以上前にさかのぼります。色紙は、25年以上前に書かせて戴いたもの。お二人とも、ありがたくお持ち戴いてたものです。お二人のお気持ちが、ありがたい! ほんまにありがたいです!  えらそうに色紙に書きながら、実践できていない我が身を恥じるのみです。すみませんです。これから、これから。
左、友村校長先生。右、細川先生。
 高知小学校では、落語「つる」、「ごんべえ狸」の二席を、3〜6年生に。並び順が、下手(客席から見て左側)から6、5、4、3年生の縦割り。それで一つの試みをしてみました。小咄「お母ちゃん、パンツ、破れたあ。またか!」これを、区切りながらやってみました。「お母ちゃん、パンツ」で、3、4年生爆笑。「破れたぁ」で5、6年生が笑い、3、4年生は、笑いがMAX。そして「またかあ!」で、5、6年生が爆笑。4年生はおとなしめで、3年生は静かになりました。笑いがデリケートなもんやということは、経験上わかっていましたが、こんなにはっきりわかったのは初めてでした。いい経験をさせて戴きました。ありがとうございます。それと、英語の小ネタで、3年生も笑ったのにも驚きました。最近は小学校でも英語をやってるんですね。進んでます。(こっちが遅れてる)

 「高知から土佐山田へ。」

特急あしずり(アンパンマン号)・高知駅にて。

 「高知県香美市。」

 旧・土佐山田町にて、お笑い人権高座。実は去年伺う予定だったのですが、豪雨のため中止。今年、再び招いて戴きました。会場は、去年は避難所になった中央公民館。あいにくの雨にも関わらず、主催者が喜ぶ大入り。ありかたい! 久しぶりの90分。自分ができていないことも含め、精一杯勤めさせて戴きました。最後の10分は、狭山事件と夜間中学にふれさせて戴き、ご支援をお願いして終えることができました。終わって、司会者の方が、9月21日、高知会館の落語会とお笑い人権高座も紹介をして戴き、ありがたい限りでした。ありがとうございます。

 「第16回露新軽口噺、ありがとうございました。」(2019/7/14)

 お客さま、49人。悲願?の50人超えに迫る勢い。会場を動楽亭に移し、5回目。まだ悲願は達成していませんが、数ある落語会の中から、私と新幸二人だけの地味な落語会に足を運んで戴く、ありがたいお客さま。拙い高座に終始笑顔でお付き合いくださいました。ありがたいことです。最後は、ジャニーズの社長さんの言葉「SHOW must go on」で締め括らせて戴きました。ジャニーズ事務所も参入できない?露新軽口噺。続けてまいります。どうぞ、よろしくお願い致します。
 番組は、「ごんべえ狸」・新治、「手紙無筆」・新幸、「口入れ屋」・新治、(お中入り)、「親子茶屋」・新治。糸・はやしや薫子。鳴り物応援・笑福亭笑助、林家染吉。



このページのトップへもどる