新ちゃんの へらへら日記


2009年 4月〜2009年 6月 2009年 7月〜2009年 9月 2009年10月〜2009年12月 2010年 1月〜2010年 3月
2010年 4月〜2010年 6月 2010年 7月〜2010年 9月 2010年10月〜2010年12月 2011年 1月〜2011年 3月
2011年 4月〜2011年 6月 2011年 7月〜2011年 9月 2011年10月〜2011年12月 2012年 1月〜2012年 3月
2012年 4月〜2012年 6月 2012年 7月〜2012年 9月 2012年10月〜2012年12月 2013年 1月〜2013年 3月
2013年 4月〜2013年 6月 2013年 7月〜2013年 9月 2013年10月〜2013年12月 2014年 1月〜2014年 3月
2014年 4月〜2014年 6月 2014年 7月〜2014年 9月 2014年10月〜2014年12月 2015年 1月〜2015年 3月
2015年 4月〜2015年 6月 2015年 7月〜2015年 9月 2015年10月〜2015年12月 2016年 1月〜2016年 3月
2016年 4月〜2016年 6月 2016年 7月〜2016年 9月 2016年10月〜2016年12月 2017年 1月〜2017年 3月
2017年 4月〜2017年 6月 2017年 7月〜2017年 9月 2017年10月〜2017年12月 2018年 1月〜2018年 3月
2018年 4月〜2018年 6月 2018年 7月〜2018年 9月 2018年10月〜2018年12月 2019年 1月〜2019年 3月
2019年 4月〜2019年 6月 2019年 7月〜2019年 9月 2019年10月〜2019年12月 2020年 1月〜2020年 3月
2020年 4月〜2020年 6月 2020年 7月〜2020年 9月 2020年10月〜2020年12月 2021年 1月〜2021年 3月

2020年7月

 「繁昌亭再開。初出番!」(2020/7/10)
 
  再開・繁昌亭昼席。7月16日(木)14:00〜に出番を戴きました。お越しになれない方も、有料(1,500円)で、ネット配信でご覧戴けます。当日の生配信だけでなく、見逃しても2日間は有効。いつでも都合のいい時間に観られます。繁昌亭に来られたことの無い方にも、寄席の楽しさを味わって戴けます。新治@繁昌亭、ぜひお楽しみください。何とぞよろしくお願い致します。
 「いよいよ明日です!」(2020/7/17)
 
 [NHKEテレ1]「雪冤(せつえん)」7月18日(土) 23:00〜 24:00、再放送:7月23日(木) 0:00 〜 1:00、の放送に関して、「狭山パンフを読む会」の事務局より、連絡がありました。誠に意義深い放送だと思います。ぜひご覧くださいませ。そしてこの情報のお広めにご協力ください。何とぞよろしくお願い致します。(露の新治拝)

 (番組の詳細はこちらから。MORI)
 「第五回うずみ火寄席。」(2020/7/23)

 動楽亭にて、第5回うずみ火寄席。番組は、「前説」・新治、智丸、「狼講釈」・新幸、「悋気の独楽」・水野晶子(愉かい亭びわこ)、「鼓ヶ滝」・智丸、(お中入り)、「トーク(命日に黒田清さんを偲ぶ)」・矢野、水野、「竜田川」・新治。前説で、「智丸さんのお父さんは、元読売黒田清軍団で、窓友新聞の記者。智丸さんは詩人。」と紹介しました。明るいお客さまで盛り上がりました。

 「第24回露新軽口噺。」(2020/7/27)

 動楽亭での「第24回露新軽口噺」。番組は、「ちりとてちん」・新治、「鹿政談」・新幸、「雪の旅笠」・新治、(写真タイム/〜お中入り〜)、「淀五郎」・新治。お客さまは31人+常連で、先日惜しくも亡くなられた高田早苗さんが、遺影にてのご参加。高田さん、長い間、お支え戴きありがとうございました。そちらでゆっくりお休みください。そして、ご家族を見守って下さい。遅かれ早かれ、いずれまたそちらで再会させて戴きます。合掌

 「南陵先生。」(2020/7/30)

 今日、7月30日、旭堂南陵先生が亡くなりました。今月初めに「入院され、かなり厳しい状態」と聞いてました。早すぎます。
 40年ほど前、私が林家さん二で、上方落語の世界で根なし草状態だった時、拾ってくれたのが南陵先生(当時、南右から小南陵になったばかり)でした。地域寄席の先駆者「グループ寄席あつめ」の皆さんに引き合わせて戴き、そこで、文福、仁福、南鱗(南光)、南左衛門(南学)の師匠がたと知り合いました。高松の西日本放送のレポーターをバトンタッチさせて戴き、たまに高松で合流した時は、ライオン通り、古馬場と夜の町をお供させて戴きました。カラオケで岡晴夫を歌うのが好きで「岡晴夫を偲ぶ会のお店、りょう」によく連れて行って貰いました。
 とにかく、博学で「なんでも知ってる」という感じがしました。「あんだけ毎日飲み歩いてて、いつ勉強してはんねんやろ」と思うぐらい、よお飲んで、よお本を読んではりました。参議院議員に当選された時は、ほんまに嬉しかったです。ずっと強気で生き抜かれまし
た。腰がひけっぱなしの私には、まぶしい存在でした。
 私の「柳田格之進」は、南陵先生から戴き、サゲだけ付けさせて戴いたものです。御旅寄席に呼んで戴き「柳田をやれ、仲蔵を聞かせてくれ」とリクエストを戴きました。「仲蔵はな、ほんまは煙草入れやなしに、脇差しを伝九郎師匠からもろたんや。そやから、脇差しにかけて『元の鞘に納まった』というサゲでどうや?いっぺん、それでやってくれへんか?」。やらんままになってしまいました。お旅寄席の打ち上げで「男の花道」の話になり、昔見た成駒屋の芝居を思い出し「男の花道て、ええ話ですね」と言ったら「やってみるか?」と言われ「はい」と言ったら、三日ほどして、台本が届きました。べろべろやったのに、そんなとこはほんまにきっちりしてはりました。ずぼらな私は未だに、男の花道に手をつけてません。
 「芝浜」を大阪に移すに当たり「大阪は金貨が流通していて、銀貨は無かったんと違いますか?」と聞いたら「そんなことはないはずや」と言われ、あとはカラオケのドガチャガでそのままになりましたが、翌日、きっちり、以下のショートメールが来ました。「一分銀は幕末に発行されてます。二分銀があるかどうかもう少し調べてみます。」もう少しとゆうてる間に、亡くなってしまいはりました。まだまだいろいろ教えて戴きたかったのに。「福若(桂福若)は、元気でやってんのか?また、御旅寄席に出てくれとゆうといて」。これが最後の電話になりました。
 コロナで自宅待機。反省することが多々あり、文字通り自粛している中、頼りにしていた南陵先生の死です。先日亡くなられた笑福亭鶴志師匠もそうですが、言葉は荒いけど、二人とも繊細で、私にはやさしかったです。頼もしい二人にバタバタと逝かれてしまい、寂しくて、寂しくて。体の力が抜けてしまいました。鶴志師匠、南陵先生、おつかれさまでした。ごくろうさまでした。もう、絶品の「長短、平の陰(鶴志)」も「鬼あざみ(南陵)」も聞かれへんのですね。悲しいです。ため息が止まりません。「テント、雅、仁勇、福車、慎悟、たまる、三弥、三金、鶴志、南陵」こんだけ続くと、向こうへ行くのは、いずれ仕方ないことなんやと思えてきます。
 南陵先生がいなければ、今の上方講談は無かったと思います。




このページのトップへもどる