新ちゃんの へらへら日記


2009年 4月〜2009年 6月 2009年 7月〜2009年 9月 2009年10月〜2009年12月 2010年 1月〜2010年 3月
2010年 4月〜2010年 6月 2010年 7月〜2010年 9月 2010年10月〜2010年12月 2011年 1月〜2011年 3月
2011年 4月〜2011年 6月 2011年 7月〜2011年 9月 2011年10月〜2011年12月 2012年 1月〜2012年 3月
2012年 4月〜2012年 6月 2012年 7月〜2012年 9月 2012年10月〜2012年12月 2013年 1月〜2013年 3月
2013年 4月〜2013年 6月 2013年 7月〜2013年 9月 2013年10月〜2013年12月 2014年 1月〜2014年 3月
2014年 4月〜2014年 6月 2014年 7月〜2014年 9月 2014年10月〜2014年12月 2015年 1月〜2015年 3月
2015年 4月〜2015年 6月 2015年 7月〜2015年 9月 2015年10月〜2015年12月 2016年 1月〜2016年 3月
2016年 4月〜2016年 6月 2016年 7月〜2016年 9月 2016年10月〜2016年12月 2017年 1月〜2017年 3月
2017年 4月〜2017年 6月 2017年 7月〜2017年 9月 2017年10月〜2017年12月 2018年 1月〜2018年 3月
2018年 4月〜2018年 6月 2018年 7月〜2018年 9月 2018年10月〜2018年12月 2019年 1月〜2019年 3月
2019年 4月〜2019年 6月 2019年 7月〜2019年 9月 2019年10月〜2019年12月 2020年 1月〜2021年 3月

2019年12月

 「桂三金師匠の最後の年賀状。」 (2019/12/7)

 先日急死した、桂三金師匠の今年の年賀状。今年は年男。今年のえと、猪にちなんで、猪豚を食す写真です。右側の、「今年もよろしく」は、自筆です。元気いっぱいのポーズです。48歳。私より20歳も若いのです。「老少不定、我や先、あとや先」とか、言葉では知っていても、こう次々と年下の方々に逝かれるとなんともいえない空しさを感じます。合掌

 「9に飛び入り寄席、中村仲蔵。」 (2019/12/12)

 「9に飛び入り寄席」にご来場いただいた方、ありがとうございます。12月なので、仲蔵をさせて戴きました。「中村仲蔵」は人情噺風ですが、あくまで、オチのある「落語」です。鶴二さんは、仲蔵を見事な上方落語にしてくれると思います。落語の本筋は滑稽噺で、これが一番難しいのです。滑稽噺をきちんとやって受けるのが一番なのです。鶴二さんはそれができる本格派の咄家です。私もそうなりたいので、露新軽口噺で「てんしき」や「めがね屋盗人」、「あみだ池」に挑戦してます。鶴二さんの仲蔵は、いい「仲蔵」になると思います。来年6月7日、松竹座の檜舞台で、ぜひお楽しみ下さい。私は12月14日、ちょうど討ち入りの日、「岐阜落語を聴く会で、今年最後の仲蔵を申し上げます。

 「ミーリーコレクション、お詫びとお知らせ。」 (2019/12/19)

 12月21日(土)の「ミーりーコレクションチャリティー寄席」ですが、申し訳ありませんが演目を変更させて戴きます。「藏丁稚(くらでっち)」、「魂切源五郎(たまきりげんごろう)」 は変更無しです。「宿屋仇」 を「高津の富(こうづのとみ)」 に変更させて戴きます。すみませんが、何とぞよろしくお願い致します。

 「絵本作家によるおうえんカレンダー。」 (2019/12/23)

 先日の、ミーリーコレクションにおける「東北笑生会チャリティー寄席」は、ありがたく満席にして戴きました。その場で、販売させて戴いた絵本作家によるおうえんカレンダーの売り上げは、以下の所へお送り致しました。
 2020年カレンダーの収益金は、「311受入全国協議会(うけいれ全国)」に寄付させていただきます。福島をはじめ、原発事故の影響を受けた地域の子どもたちを保養という形で支援し続ける全国の団体のネットワークです。
 何とぞよろしくお願い致します。ご協力ありがとうございました。
2020年1月

 「謹んで、年の初めのご挨拶を申し上げます。」(2020/1/1)

 旧年中は誠におせわになりました。いろんなことがあった年で、反省することも、自分の情けない心根を見直すことも多々ありました。いっぱい、多くの人に助けて戴きました。おかげで何とか、新年を迎えられました。ありがとうございます。
 私事で恐れ入りますが、数えで70歳、古希となりました。自分でも「へえー!」と驚いています。ええかげんなことばかりやってるうちに、年ばかりとってしまいました。噺家人生の「終活」を始める時やと思います。露新軽口噺(つゆしんかるくちばなし)でのネタおろし、「70歳までに70席」という、低い(私には高い)目標めざして、そして滑稽噺こそ王道と信じて精進してまいります。あと、西宮の門戸寄席「露新落語会」、奈良のここいき亭「露新落語会」を三本の柱としてまいります。
 19歳で、落語のトリコになり、25歳で林家染三(そめぞう)師匠に入門、31歳で露の五郎兵衛門下・露の新次(のちに新治)になり、何とか噺家として生きてこれました。あと何年?とか考えず、一年、一年、一日、一日願生ってまいります。どうぞよろしくお願いいたします。
 皆様、こんな世の中ですが、お元気で、そして笑顔でお過ごしくださいませ。
2020年 元旦 露の新治 拝

 「第六回ここいき亭露新落語会。」(2020/1/11)

 1月11日(土) 奈良市の落語喫茶古々粋亭にて、「第6回ここいき亭なら露新落語会」。石川、滋賀、愛知、和歌山からもお客さまが来てくださり、ありがたい限りです。土曜日開催で、夜席のお客さまが増えました。おかげで、前回の「つばなれせず」を克服。しかし「平日だと来れない」という方と、「土曜日だと来れない」という方がおられ、辛いところです。3月以降は、奇数月の第一金曜日と決めましたが、迷います。お越し戴きました皆さま、ありがとうございます。
【昼席】 14:00開演(お客さま36人)
 番組は、「金明竹」・新幸、「狼講釈」・新治、(写真タイム)、「藏丁稚」・新治、(お中入り)、「高津の富」・新治
【夜席】 18:30開演(お客さま20人)
 番組は、「鉄砲勇助」・新幸、「野ざらし」・新治、(写真タイム)、「かぜうどん」・新治、(中入り)、「宿屋仇」・新治。

 「古民家落語会。」(2020/1/12)

 1月12日(日)、兵庫県宍粟市のNPO法人「ピアサポートひまわりの家」にて、古民家落語会。会場は古民家カフェ。利用者、家族、スタッフなどで、立ち見も出る満席! 昨日の六席で疲れた体にむち打ち、しっかり務めさせて戴きました。
 番組は、「目薬」・新治、「コメディマジック」・こんばらさん、(お中入り)、「かぜうどん」・新治。



 「ロータリークラブ例会にて『井戸の茶碗』 」(2020/1/14)

 1月14日(火)、奈良県大和高田市にて、大和高田ロータリークラブ例会で「井戸の茶碗」をさせて戴きました。聞き上手の会員の皆さま。よく聞いて、うけて戴き、ありがたく勤めさせて戴きました。今年11席目の高座です。

 「大阪市視覚障害者福祉協会主催落語会」(2020/1/15)

 繁昌亭朝席で、大阪市視覚障害者福祉協会主催落語会。視覚障害者、介助者、一般応募のお客さまで、立ち見も出る満員御礼! よくお笑いくださり、盛り上げて戴きました。ありがとうございます。先日のピアサポートひまわりの家に続き、年明け早々、福祉団体の寄席を勤めさせて戴き、いい経験をさせて戴いています。番組は、「下座音楽紹介」・新幸、りようば、新治、はやしや薫子、「子ほめ」・りょうば、「時うどん」・新幸、(お中入り)、「音曲漫才」・てれすこボーイズ(新幸、りようばのユニット)、「兵庫船」。新治。


てれすこボーイズの舞台

 「成長! ささやかな喜び。」(2020/1/17)

 暮れに、ニンジンのへたをプリンのカップに入れ、水を注ぎ窓辺に置きました。数日で芽のようなものが出たので楽しみに眺めていました(写真)。それから3週間。ここまで成長しました。根もヒゲのようなのがいっぱい出てます。こんなことでも自分でやると楽しいものです。成長してるんです。同時に始めたダイコンの方は、大きくなったので土に植えてみました。ちゃんとしたダイコンになるとは思えませんが、生きてゆくと思います。それでいいんやと思います。
 

 「第21回露新軽口噺。」

 動楽亭にて、「第21回露新軽口噺」。お客様は32人。落語会が数ある中、ありがたい30人超え。次回、一人でも多くのお客様が来られることを祈って精進します。番組は、「東の旅・発端、野辺、煮売り屋」・新幸、「かきわり盗人」・新治、(写真タイム)、「七段目」・新治、(お中入り)、「柳田格之進」・新治。

 「専光寺様総報恩講演芸会。」(2020/1/19)

 京都府相楽郡精華町の東畑集会所にて、真宗大谷派(東本願寺)専光寺様の総報恩講。番組は、法要のあと、「前説」・新治、「永田町商店街カラオケ歌合戦」・勢朝、「太神楽曲芸」・豊来家幸輝、「目薬」・新治、「南京玉すだれ」・勢朝。

 「きつつき寄席。」(2020/1/21)

 1月21日(火)、大阪府高槻市のおみやげ処「笹井屋」のイベントスペース「きつつきの巣にて、「初笑い・きつつき寄席」。番組は「七度狐」・新幸、「地獄巡り」・団姫、「中村仲蔵」・新治。終始いい雰囲気で盛り上がりました。ありがとうございます。
 




このページのトップへもどる