新ちゃんの へらへら日記


2009年 4月〜2009年 6月 2009年 7月〜2009年 9月 2009年10月〜2009年12月 2010年 1月〜2010年 3月
2010年 4月〜2010年 6月 2010年 7月〜2010年 9月 2010年10月〜2010年12月 2011年 1月〜2011年 3月
2011年 4月〜2011年 6月 2011年 7月〜2011年 9月 2011年10月〜2011年12月 2012年 1月〜2012年 3月
2012年 4月〜2012年 6月 2012年 7月〜2012年 9月 2012年10月〜2012年12月 2013年 1月〜2013年 3月
2013年 4月〜2013年 6月 2013年 7月〜2013年 9月 2013年10月〜2013年12月 2014年 1月〜2014年 3月
2014年 4月〜2014年 6月 2014年 7月〜2014年 9月 2014年10月〜2014年12月 2015年 1月〜2015年 3月
2015年 4月〜2015年 6月 2015年 7月〜2015年 9月 2015年10月〜2015年12月 2016年 1月〜2016年 3月
2016年 4月〜2016年 6月 2016年 7月〜2016年 9月 2016年10月〜2016年12月 2017年 1月〜2017年 3月
2017年 4月〜2017年 6月 2017年 7月〜2017年 9月 2017年10月〜2017年12月 2018年 1月〜2018年 3月
2018年 4月〜2018年 6月 2018年 7月〜2018年 9月 2018年10月〜2018年12月 2019年 1月〜2019年 3月
2019年 4月〜2019年 6月 2019年 7月〜2019年 9月 2019年10月〜2019年12月 2020年 1月〜2020年 3月
2020年 4月〜2020年 6月 2020年 7月〜2020年 9月 2020年10月〜2020年12月 2021年 1月〜2021年 3月

2021年4月

 「桂よね吉「中村仲蔵」大当たり!」 (2021/4/16)

 繁昌亭昼席、「桂よね吉繁昌亭大賞受賞ウィーク」。中村仲蔵をリレーで。私が前半、よね吉さんがトリで後半をたっぷり。新解釈、新工夫。鳴り物もふんだんに入り、文字通り「お芝居を見てるよう」。一段と魅力的な仲蔵になってました。最後は、映画のエンドロールのようで、余韻たっぷり。やられました。感動しました。大当たり。お客様も大満足だったと思います。私も久しぶりの高座で咄家としての気持ちが甦りました。今日が、先月30日以来の高座で仕事始め。次の姫路の七福寄席が今月の仕事納め。貴重な高座を大事に勤めさせて戴きます。大阪が大変な状態の中、来て戴いたお客様、くれぐれもお気をつけくださいませ。ありがとうございました。

 「兵庫県姫路市・七福寄席。」 (2021/4/21)

 姫路駅からお城へ向かって10分弱。西二階町商店街主催の「七福寄席」。落語二席の二回公演。番組は、一回目「代脈」・弥っこ、 「竜田川(千早ふる)」・新治、二回目「八五郎坊主」・、弥っこ、「中村仲蔵」・新治。世話人の方々が落語を楽しもうとされており、それがお客さんに伝わり、陽気な客席で助かりました。姫路在住のいとこも、友達を連れて応援にきてくれました。親戚はありがたいです。おかげでよく盛り上がり、「竜田川」も「中村仲蔵」も、ノリノリでやらせて戴きました。ありがとうございました。

 「笑福亭銀瓶さんが本を出されました!」

 芸術祭の受賞、大阪松竹座で独演会と、乗りに乗っている笑福亭銀瓶(ぎんぺい)さんが本を出されました! 私も、「井戸の茶碗」をお稽古させて戴いたことを載せてもろてます。在日三世として生まれ、民族意識に目覚め、本名宣言。表現者たらんと、笑福亭鶴瓶師匠に入門。落語に目覚め、軸足を落語に移し、更には、韓国語落語公演。ついには、松竹座で独演会をするまでに。そこに一環してあるのは、師匠としての鶴瓶師匠のすばらしさ。
 『師弟〜笑福亭鶴瓶からもらった言葉〜』(西日本出版社)
 すてきな本です。 

 「九条の会。中止です。」 (2021/4/23)

 5月1日(土)の「芸人九条の会」は、去年に引き続き中止になりました。多くのご予約を戴きながら、誠に残念ですが、この状況では仕方ありません。ご予約を戴きました方々には、誠に申し訳ございませんが、何とぞご了解のほどをお願い致します。応援、ありがとうございました。

 「染二師匠の会に出演します。」 (2021/4/24)

 5月22日(土)繁昌亭・夜席・林家染二師匠の会「上方林家染二爛漫」に出してもらいます。これもどうなるかわかりませんが、お知らせ致します。ネタ出しで「狼講釈」です。残席僅かだそうです。この状況ですごいです。

 「上方落語界のミスターライザップ。」 (2021/4/25)

 コロナ太りという言葉をよく聞きますが、こんな中でもダイエットに挑戦している人がいます。上方落語界のミスターライザップ、森乃石松さんです。先日、たまたまお会いして、ほんまに見違えました。ご本人から、ダイエットレポートと写真を戴きました。ぜひご覧ください。要は「やればいい」のですね。勇気を戴きました。」

 森乃石松です。写真を10枚送らせてもらいます。ダイエットとリバウンドは、東西の落語家一だと思います。
 身長166cm、120s(白黒の写真)→半年で52s痩せて68s(緑のTシャツ)

 その後40sリバウンド(首の後ろの写真、黒紋付き:去年)→黒Tシャツ(今年)。去年(110kg)よりは36kgやせて、今は74kg。あと10kg落としたいです。
 一回目はとにかくカロリー制限。今回は筋肉を落とさないように、漢方を飲み、糖質制限して、たんぱく質と油(オメガ3と呼ばれる)を多くとるようにしました。おやつはくるみ。サバ缶の水煮缶を汁ごと玉ねぎスライスにかけ(水にさらすと栄養が逃げる)、ポン酢とオリーブオイルや亜麻仁油をかけてたべました。水泳とプールもしましたが。。。ビットコインの相場乱高下な体型と呼ばれてます。小柄なのに太ってたので、去年トイレでお尻が拭けなくなり、無理やり拭こうとしたらでんぐり返ししました。肥えるのも痩せるのも得意です。
 写真10枚お役に立てたら幸いです。ありがとうございます。m(_ _)m
森乃石松拝

 「染二さんから戴きました。」 (2021/4/30)

 林家染二さんから、芸術祭大賞受賞記念の手拭いや記念品を戴きました。手拭いは「人の字を三つ並べた仲蔵縞」に、林家の兎の紋があしらってあります。いささかでもお役に立ったと喜んでいます。きちんと努力を積み重ねての受賞。誠におめでとうございます。22日の繁昌亭の会には、仲蔵つながりで、私と瑞が呼んでもらっています。ありがたく勤めさせて戴きます。
【22日の「上方林家 染二爛漫」は延期になりました。MORI】



このページのトップへもどる