新ちゃんの へらへら日記


2009年 4月〜2009年 6月 2009年 7月〜2009年 9月 2009年10月〜2009年12月 2010年 1月〜2010年 3月
2010年 4月〜2010年 6月 2010年 7月〜2010年 9月 2010年10月〜2010年12月 2011年 1月〜2011年 3月
2011年 4月〜2011年 6月 2011年 7月〜2011年 9月 2011年10月〜2011年12月 2012年 1月〜2012年 3月
2012年 4月〜2012年 6月 2012年 7月〜2012年 9月 2012年10月〜2012年12月 2013年 1月〜2013年 3月
2013年 4月〜2013年 6月 2013年 7月〜2013年 9月 2013年10月〜2013年12月 2014年 1月〜2014年 3月
2014年 4月〜2014年 6月 2014年 7月〜2014年 9月 2014年10月〜2014年12月 2015年 1月〜2015年 3月
2015年 4月〜2015年 6月 2015年 7月〜2015年 9月 2015年10月〜2015年12月 2016年 1月〜2016年 3月
2016年 4月〜2016年 6月 2016年 7月〜2016年 9月 2016年10月〜2016年12月 2017年 1月〜2017年 3月
2017年 4月〜2017年 6月 2017年 7月〜2017年 9月 2017年10月〜2017年12月 2018年 1月〜2018年 3月
2018年 4月〜2018年 6月 2018年 7月〜2018年 9月 2018年10月〜2018年12月 2019年 1月〜2019年 3月
2019年 4月〜2019年 6月 2019年 7月〜2019年 9月 2019年10月〜2019年12月 2020年 1月〜2020年 3月
2020年 4月〜2020年 6月 2020年 7月〜2020年 9月 2020年10月〜2020年12月 2021年 1月〜2021年 3月

2020年7月

 「繁昌亭再開。初出番!」(2020/7/10)
 
  再開・繁昌亭昼席。7月16日(木)14:00〜に出番を戴きました。お越しになれない方も、有料(1,500円)で、ネット配信でご覧戴けます。当日の生配信だけでなく、見逃しても2日間は有効。いつでも都合のいい時間に観られます。繁昌亭に来られたことの無い方にも、寄席の楽しさを味わって戴けます。新治@繁昌亭、ぜひお楽しみください。何とぞよろしくお願い致します。
 「いよいよ明日です!」(2020/7/17)
 
 [NHKEテレ1]「雪冤(せつえん)」7月18日(土) 23:00〜 24:00、再放送:7月23日(木) 0:00 〜 1:00、の放送に関して、「狭山パンフを読む会」の事務局より、連絡がありました。誠に意義深い放送だと思います。ぜひご覧くださいませ。そしてこの情報のお広めにご協力ください。何とぞよろしくお願い致します。(露の新治拝)

 (番組の詳細はこちらから。MORI)
 「第五回うずみ火寄席。」(2020/7/23)

 動楽亭にて、第5回うずみ火寄席。番組は、「前説」・新治、智丸、「狼講釈」・新幸、「悋気の独楽」・水野晶子(愉かい亭びわこ)、「鼓ヶ滝」・智丸、(お中入り)、「トーク(命日に黒田清さんを偲ぶ)」・矢野、水野、「竜田川」・新治。前説で、「智丸さんのお父さんは、元読売黒田清軍団で、窓友新聞の記者。智丸さんは詩人。」と紹介しました。明るいお客さまで盛り上がりました。

 「第24回露新軽口噺。」(2020/7/27)

 動楽亭での「第24回露新軽口噺」。番組は、「ちりとてちん」・新治、「鹿政談」・新幸、「雪の旅笠」・新治、(写真タイム/〜お中入り〜)、「淀五郎」・新治。お客さまは31人+常連で、先日惜しくも亡くなられた高田早苗さんが、遺影にてのご参加。高田さん、長い間、お支え戴きありがとうございました。そちらでゆっくりお休みください。そして、ご家族を見守って下さい。遅かれ早かれ、いずれまたそちらで再会させて戴きます。合掌

 「南陵先生。」(2020/7/30)

 今日、7月30日、旭堂南陵先生が亡くなりました。今月初めに「入院され、かなり厳しい状態」と聞いてました。早すぎます。
 40年ほど前、私が林家さん二で、上方落語の世界で根なし草状態だった時、拾ってくれたのが南陵先生(当時、南右から小南陵になったばかり)でした。地域寄席の先駆者「グループ寄席あつめ」の皆さんに引き合わせて戴き、そこで、文福、仁福、南鱗(南光)、南左衛門(南学)の師匠がたと知り合いました。高松の西日本放送のレポーターをバトンタッチさせて戴き、たまに高松で合流した時は、ライオン通り、古馬場と夜の町をお供させて戴きました。カラオケで岡晴夫を歌うのが好きで「岡晴夫を偲ぶ会のお店、りょう」によく連れて行って貰いました。
 とにかく、博学で「なんでも知ってる」という感じがしました。「あんだけ毎日飲み歩いてて、いつ勉強してはんねんやろ」と思うぐらい、よお飲んで、よお本を読んではりました。参議院議員に当選された時は、ほんまに嬉しかったです。ずっと強気で生き抜かれまし
た。腰がひけっぱなしの私には、まぶしい存在でした。
 私の「柳田格之進」は、南陵先生から戴き、サゲだけ付けさせて戴いたものです。御旅寄席に呼んで戴き「柳田をやれ、仲蔵を聞かせてくれ」とリクエストを戴きました。「仲蔵はな、ほんまは煙草入れやなしに、脇差しを伝九郎師匠からもろたんや。そやから、脇差しにかけて『元の鞘に納まった』というサゲでどうや?いっぺん、それでやってくれへんか?」。やらんままになってしまいました。お旅寄席の打ち上げで「男の花道」の話になり、昔見た成駒屋の芝居を思い出し「男の花道て、ええ話ですね」と言ったら「やってみるか?」と言われ「はい」と言ったら、三日ほどして、台本が届きました。べろべろやったのに、そんなとこはほんまにきっちりしてはりました。ずぼらな私は未だに、男の花道に手をつけてません。
 「芝浜」を大阪に移すに当たり「大阪は金貨が流通していて、銀貨は無かったんと違いますか?」と聞いたら「そんなことはないはずや」と言われ、あとはカラオケのドガチャガでそのままになりましたが、翌日、きっちり、以下のショートメールが来ました。「一分銀は幕末に発行されてます。二分銀があるかどうかもう少し調べてみます。」もう少しとゆうてる間に、亡くなってしまいはりました。まだまだいろいろ教えて戴きたかったのに。「福若(桂福若)は、元気でやってんのか?また、御旅寄席に出てくれとゆうといて」。これが最後の電話になりました。
 コロナで自宅待機。反省することが多々あり、文字通り自粛している中、頼りにしていた南陵先生の死です。先日亡くなられた笑福亭鶴志師匠もそうですが、言葉は荒いけど、二人とも繊細で、私にはやさしかったです。頼もしい二人にバタバタと逝かれてしまい、寂しくて、寂しくて。体の力が抜けてしまいました。鶴志師匠、南陵先生、おつかれさまでした。ごくろうさまでした。もう、絶品の「長短、平の陰(鶴志)」も「鬼あざみ(南陵)」も聞かれへんのですね。悲しいです。ため息が止まりません。「テント、雅、仁勇、福車、慎悟、たまる、三弥、三金、鶴志、南陵」こんだけ続くと、向こうへ行くのは、いずれ仕方ないことなんやと思えてきます。
 南陵先生がいなければ、今の上方講談は無かったと思います。

2020年8月

 「じゅとう屋露新落語会。」(2020/8/22)

 今日の寄席が今月三回目の外出で、前の二回がお葬儀に参列。なんともいえない寂しい夏。そんな中、じゅとうやの露新落語会は、いい汗をかかせて戴きました。
 番組は、「金明竹」・新幸、「船弁慶」・新治、(写真タイム・お中入り)、「歌(お富さん ?バージ ョン)」・新幸、「大丸屋騒動」・新治。
 お客様30名。ありがたく勤めさせて戴きました。一席目の船弁慶は、自宅待機のブランクで落語体力と落語勘の衰えを感じる高座となりました。「稽古百ぺん、板(高座)いっぺん」と五郎兵衛はよく言ってました。ただ、二席目の大丸屋騒動では勘も戻り、おちついてやらせて戴きました。「お客さんの前でしゃべることの大事さ、ありがたさ」が身にしみました。
 次は、8月28日(金)繁昌亭夜席「91%の会」です。これが今月最後の高座になります(2回だけかい!?)。私は久しぶりの「狼講釈」です。ぜひお運びください。

 「91%の満足度落語会(第6回、最終回)。」(2020/8/21)

 「91%の会」、ありがとうございました。コロナもあり、一応けじめをつけようということで最終回となりました。手前味噌ですが「いい会」だったと思います。最終回なので写真を撮りました。次回繁昌亭にお世話になるのは、9月8日(火)の昼席。トリは桂勢朝さんです。ご無理の無い範囲で、何とぞよろしくお願い致します。配信もあります。こちらもよろしくお願い致します。
看板
和女、福楽、新治、文鹿、雪鹿、新幸(敬称略)
ねた帳

2020年9月

 「繁昌亭昼席、よろしくお願い致します。」(2020/9/3)

 9月8日(火)繁昌亭昼席(14:00開演)に出番を戴いてます。客席数半減での公演のため、「有料ライブ配信(当日23:59まで視聴券購入可能)」、「空席活用キャンペーン」等も引き続き行っております。併せてよろしくお願い致します。

 「第9回ここいき亭露新落語会。」(2020/9/4)

 2020年9月4日(金) 奈良市の落語喫茶古々粋亭にて、「第9回ここいき亭露新落語会」。
 昼席番組は、「道具屋」・新治、「青菜」・新幸、「転宅」・新治、(写真タイム・お中入り)、「皿屋敷」・新治。お客様25人。夜席番組は、「時うどん」・新幸、「禁酒関所」・新治、(写真タイム)、「牛ほめ」・新治、(お中入り)、「ねずみ」・新治。お客様17人。
 衣装が、前回は絽、その前の3月は袷。今回は単衣(ひとえ)。ぼんやり過ごしている間に、時は過ぎ去って行きます。その早さにとまどいます。ありがたく勤めさせて戴きました。

 「第二十五回露新軽口噺。」(2020/9/11)

 9月11日(金)、動楽亭にて、第二十五回露新軽口噺。番組は、「崇禅寺馬場」・新治、「鉄砲勇助」・新幸、「たちぎれ」・新治、(お中入り)、「大丸屋騒動)・新治。お客様 25人、ありがたく勤めさせて戴きました。

 「訃報 東北笑生会・増子髣搦亦キ逝去のお知らせ。」(2020/9/13)

 東北笑生会の活動をお支え戴いた皆々様へ。
 NPO法人東北笑生会の理事長、増子隆さんが、8月14日に亡くなられました。私、新治とは高校一年生同級で出席番号が続きというご縁。若くして、人工透析の身となり、以来30年、週2回の透析をしながらよく願生って、生き抜いたと思います。高校同期の誇りです。みなが、彼の強く生きる姿に励まされて来ました。東北笑生会には立ち上げ時から誘われ、いっしょに活動をしてしてきました。透析のしんどさなど一度も口に出さず、いつもアホなことをゆうて、機嫌よおしてる男でした。2日前の12日、電話で話をしました。透析のための血管補強の手術で入院中で、14日は退院の予定日でした。それが命日になってしまいました。その日は、お孫さんのお誕生日でもあるそうです。残念です。東北笑生会の活動をお支え戴きました全ての皆さまにお知らせ致すと共に、今までのご支援に心からお礼を申し上げます。ありがとうございました。今後の活動は、副理事長を中心に理事でで進めて参ります。何卒よろしくお願い申しあげます。
 以下は、東北笑生会からのお知らせです。

 「第288回敦賀落語の会。」(2020/9/27)

 コロナで総崩れの中、いろんなハードルを乗り越えて開催して戴きました伝統の落語。ほんまにありがたい会になりました。不安もいっぱいの中、準備して戴きました世話人様、お越し戴きましたお客様のおかげです。ありがとうございました。
 番組は、「金明竹」・新幸、「紙入れ」・新治、「太神楽曲芸」・豊来家幸輝、「猿後家」・新治、(お中入り)、「大丸屋騒動」・新治。
 「大丸屋騒動」はこの会では初の演目。聞き上手のお客様のおかげで、のびのびとやらせて戴きました。「とき呼べ、とき呼べ、おとき、呼〜べえ〜」のみえのところで拍手を戴いたのは初めてです。最初に手をたたいて戴いた方に大感謝です。粋なお客様で助かりました。改めて「落語は、噺家、お客さま、そして下座の三者で作り上げるもの」なんだと実感しました。
 また、ツイッターでに「ふくいらくごごよみ」さんが「脳内映像は『伊勢音頭恋寝刃』風」と書いて戴き、驚きました。そうなんです。「大丸屋騒動」はおっしゃるとおり、師匠五郎兵衛が歌舞伎「伊勢音頭恋の寝刃(いせおんどこいのねたば)」を下敷きにして、自分の型をこしらえたものです。そこに気付いて戴き、さぞ五郎兵衛も喜んでいると思います。ありがとうございます。五郎兵衛は「大丸屋騒動」を演る時、主人公の福岡貢に、そして、松嶋屋になりきっていました。福岡貢の姿が「白絣に、黒の紗の羽織」です。それでこのネタをする時には、そのような衣装を着なさいというのが教えでした。また、「盛り塩が ひざをくずして 夜が更ける」も五郎兵衛自作の川柳です。そんな、師匠五郎兵衛の思いがいっぱい詰まった「大丸屋騒動」をさせて戴き、ほんまに幸せでした。ありがとうございます。
  

 ネタ帳です。今回のものと、第一回から第四回まで。ネタ帳は前座がつけるのが習わしですが、これらは全て師匠方の自筆。宝ものです。

2020年10月

 「繁昌亭昼席に出して戴きました。」(2020/10/2)

 「猿後家」に挑戦しました。敦賀落語の会でも気持ちよくやらせて戴いたので、思いきってやってみました。結果、楽しくやらせて戴きました。これは、林家のネタで、染三師匠は「奈良名所はもちろん立て弁だが、番頭が又兵衛のしくじりを伝えるところも立て弁で」と言ってました。そこを大事にして、やれました。来て戴いたお客さま、配信で聞いて戴いたお客さま。感謝申し上げます。ありがとうございました。

 「香川県二ヶ所の寄席、来年も中止になりました。 」(2020/10/3)

 例年3月に、さん喬師匠をゲストに開催している、香川県東かがわ市と綾川町の新治寄席が、来年も中止と決まりました。東かがわ市は25年、綾川町は30年続いている寄席ですが、コロナのため二年続けての中止となりました。コロナに対する温度差もありますが、お客さまに高齢者が多く、密を避けてできる会場もなく、万一の場合責任のとりようもないので、仕方ありません。今年の3月に中止になった時には「来年にはできる」と思ってましたが、事態はここまで来ました。まだまだ我慢は続きそうです。

 「第26回露新軽口噺(つゆしんかるくちばなし)。」(2020/10/8)

 動楽亭での「第26回露新軽口噺」。番組は、「厩家事」・新幸、「腕喰い」・新治、(写真タイム)、「松山鏡」・新治、(お中入り)、「山隠れ」・新治。糸・はやしや薫子。笛と鳴り物・二豆。お客様、24人。

 「笑いでコロナを吹っ飛ばせ寄席。」(2020/10/9)

 10月9日(土)、コロナで催し物が総崩れになる中、ありがたい演芸会をして戴きました。尼崎市地域総合センター(隣保館)水堂主催「笑いでコロナを吹っ飛ばせ寄席」。香川県と島根県では、その町で最近コロナ感染者が出たため、毎年恒例の寄席が中止になりました。感染者が出てなかった地域なので、コロナに対する温度差もあり、仕方のないことです。そんな中、いろんなリスクを乗り越えて、ほんまによお計画をしていただきました。タイトルも、主催者がつけてくださいました。いろんなことを言う人もおったと思いますが、腹を据えて取り組んで戴きました。なのに今度は台風が来そうな案配になり、「コロナの次は台風か。弱り目に祟り目やなあ」と、半分諦めてました。前々日には、主催者と中止になった場合の対応を相談したほどです。しかし、台風がそれてくれたおかげで、無事開催。定刻には満席。出方も張り切って勤め、お客様もノリノリで爆笑、また爆笑! お見送りはできないので、ちょっと離れたところから、頭を下げてましたら、帰りながらお客様が「コロナになって、初めて腹の底から笑わしてもろたわ」「一年分、わらわしてもろた。こんな面白いのに、なんでテレビにでえへんのん?(タァー!)」。主催者の方々にも、いっぱいお礼をゆうてはりました。これからまだまだ、どうなるかわかりませんが、久しぶりに、私らができることでお役に立ったということを実感しました。演芸は不要不急のもんやと思ってましたが、「不急」ではあるけど、「不要」やないと思わせて戴きました。誇りをもって願生って行こうと思いました。逆風の中、勇気をもって開催していただいた水堂地域総合センターの皆様、ありがとうございました。
 番組は、「前説」・露の新治、「時うどん」・新幸、「永田町カラオケ歌合戦」・桂勢朝、(お中入り)、「太神楽曲芸」・豊来家玉之助、「ちりとてちん」・新治、「南京玉すだれ(スカイツリー版)」・勢朝。
後ろ幕には霧を吹き、シワを伸ばします。新幸がマイクチェック中。 出演者四人の写真が大きく飾られていました。

 「四代目旭堂南陵追善 桃園寄席(とうえんよせ)」

 前回の桃園寄席が、南陵先生最後の高座。舞台上手には、白菊と高座写真。「南陵先生は、私の恩人のお一人。南陵先生がいなったら、上方講談はいったん途絶えてました。今あるのは南陵先生のおかげです。また、南陵先生がいなかったら、今みたいな状態にもなってませんが。また南陵先生は、悪法、小選挙区比例代表制(政治改革法案)に党議拘束に造反してまで反対した気骨のある政治家でもありました。もっともお酒を飲んだら、ふにゃふにゃになってましたが・・」そんなことを申しあげて、ネタに入らせて戴きました。気持ちよく勤められたのは、南陵先生が助けてくれはったのかもしれません。しかし、満70歳。早すぎます。いっぱい聞きたいことあるのに。 合掌。
 番組は、「明智左馬之助湖水渡り」・旭堂南鈴、「直助の恩返し」・南照、「代書屋」・笑福亭伯枝、「柳田格之進(南陵先生より)」・露の新治。

 「第八回新治さかぐら寄席@太陽。」(2020/10/17)

 さかぐら寄席のお席亭、岡崎夫妻の夫人、岡崎宏実さんは元衆議院議員。旭堂南陵先生は元参議院議員。ともに、小選挙区比例代表制に反対した議員仲間。二年前のさかぐら寄席では、二人のトークもして戴きました。今回は、南陵先生を偲んで、愛弟子の南照さんに来て戴き、太陽酒造・田中夫妻の酒蔵再建の顛末を新作講談に仕立てて戴きました。阪神淡路大震災で被災、ベンチャー企業による乗取りなど苦難を、相携えて乗り越えてこられた田中夫妻。借金返済のお祝いの小豆島の花火大会参加。そこで、シャイな夫が仕掛けたサプライズ。袖で聞いていて目頭が熱くなりました。客席の田中さんの涙をぬぐう姿にまた涙。南照さん、ありがとうございました! 同じ演目で二回公演という初めての経験。なかなか難しいと分かりました。
酒蔵よりのご挨拶
枕木の美しさ 履き物消毒(「日本でコロナが比較的多くないのは、履き物を脱ぐ習慣が効果的だったのでは」という説を受け入れて)
借金完済記念打ち上げ花火の玉
南照・「酒蔵再建夫婦愛」の一席
番組
太陽酒造手拭い
手拭いで作ったマスク
蔵に下がる「独断」の垂れ幕。なかなか見られません。 高座風景 画・千田ちはる さん

 「神戸新開地・喜楽館昼席初日。」(2020/10/19)

 今日から一週間、神戸新開地喜楽館の昼席に出演さしていただきます。いいお客さまで、助かりました。いい初日ができました!
 番組は、「
鳴り物と開演前の一席、鉄砲勇助」・新幸、「子ほめ」・大智、「お見立て」・紫、「奇術」 ・天蝶、「ふぐ鍋」・春雨、(お中入り)、「プロローグ癇癪(かんしゃく)」・鶴松、「 鹿政」談・新治。
 
   

 「ヤマケンさん、早いなぁ!」(2020/10/20)

 怒りのヤマケンさんこと、山本健治さん(元高槻市議・大阪府議)が本を出されました。タイトルが「菅=あきまへん」と直球。サブタイトルは「菅義偉人+維新→IR バクチ大阪都へ」。目次をみても「大阪万博あかん、IR=カジノ・バクチ場建設あかん、政府のコロナ対策あかん、スガ政権=アベ改憲路線の継承あきまへん」あかん、あかん、あかんだらけ。しかし、すばやい対応。行動力に感心、感服してしまいます。大阪市が消滅するだけで、大阪都にはならないという「都」構想。都構想やのおて「大阪市消滅構想」。いずれにしても、在住外国人には投票権がありません。三代続いた浪速っ子の在日もいっぱいいてます。ずっと市民税はろてはる「大阪市民」やのに。住民抜きの住民投票、あかん!

 「喜楽館、二日目。」

 団体客もお入り戴き、お客席はあたたかい雰囲気。だいぶ、寄席が甦ってきた感じがします。 「代書・そうば」、工夫がいっぱいで、袖で笑ってしまいました。よう考えてはります。「かんしゃく・鶴松」、リアルな体験がふんだんに入り、松鶴師匠が甦り、ものすごくおかしい咄になっています。刺激を戴きました。「ちりとてちん・新治」、せっかくいい流れにして戴きマクラは快調でしたが、咄に入って、お客さまが微妙に引いていくのが手にとるように分かりました(情けない!)。しかしなんとかテンションを落とさずに、サゲまでやりました。力不足。ほんまに寄席は勉強になります。明日、明日こその気持ちで願生ります! もがかせて戴きます。
 喜楽館には、ゆるやかで、楽しい時間が流れています。私らのもがきぶりも含めお楽しみ戴きます! 皆さま、ぜひお運びください。300円割引のタニマチチケット(要予約)もあります。お待ち致しております!

 「喜楽館三日目速報! 紙入れで、うまくいきました。」(2020/10/21)

 神戸新開地喜楽館昼席、三日目。表で一番太鼓を打つ鶴太さんとお客さまに、挨拶と説明。ネタは「紙入れ」。お客さまも多く、すっかり元の雰囲気に戻った感じがします。マクラで「本日10月21日は、国際反戦デーで、労働者が世界へ平和を発信する日です」と申し上げましたが、あまり反応はありませんでした。なので「ナショナルセンターの総評が・・・」と言いかけてやめました。紙入れの中の入れごと「みんな夢の中、高田恭子」は、少し反応がありました。このくすぐりは、68〜72歳のじいさん、それと浜口庫之助ファン、そして旺文社の大学受験ラジオ講座のあと、千賀かほる「真夜中のギター」で涙ぐんだ世代をターゲットにしています(誰やねん)。中トリの吉弥さんが天狗裁きだったので「夢や、夢や、最後に天狗さんが出てくるねん」は出てしまったアドリブ。下座の方から笑い声がきたのが、ちょっと嬉しかった。不出来も含め寄席は楽しい!
 気持ちよく高座を勤め、帰りぎわ。入り口の喜楽館建設に協力した方々の銘盤に、「三金、三弥」のお二人の名前が並んでいるのを見つけました。まさか私よりはるかに若いこのお二人が、半年の間に亡くなるとは。生きて、このコロナのさ中、こんなあたたかい高座に上がれることは「当たり前のことではないんや、ほんまに有り難いことなんや」と深く自覚し、精一杯勤めさせて戴きます。明日は中日(なかび)!

 「喜楽館中日、四日目。「口入屋」 」(2020/10/22)

 露の棗(なつめ)の一番太鼓の前説。並んでいた人は数人。お客様は、団体無しの30人弱。昨日とはうって変わって寂しい客席。けど、だからあかんわけでないから、寄席はおもしろい! 棗さんから始まり、みんな願生りました。私は「口入屋」に挑戦。結果は(自分なりにですが)大成功でした。終始手応えを感じながらサゲまで。チャレンジしてよかった! 大満足です。ここ数年で希にみる達成感のある一席(当社比。露新軽口噺でこれができればなあ)
 でき不出来に拘わらず、寄席は楽しい! 寄席はありかたい。五郎兵衛が「寄席がなければ、咄家は育たない」とよおゆうてました。その気持ちが分かってきました。繁昌亭、喜楽館、二つの寄席を作って戴いた先達の方々、特に、文枝師匠には、ほんまに感謝申し上げます。ありがとうございます。後半三日間、願生ります。

 「喜楽館五日目。」(2020/10/23)

 今日はお客さまも多く、よくお笑い戴きました。「ちりとてちん」と思いましたが、思いきって「井戸の茶碗」を。サゲまでいい感じでやらせて戴きました。

 「喜楽館六日目。「抜け雀」にチャレンジさせて戴きました。」(2020/10/24)
 
  今年最初の(多分最後の)「抜け雀」。マクラでしつこいぐらい「現在親に駕篭かかせ」をふりました。おかげで、サゲでは「ホーッ」という、なんとも音にならない笑い声がわきおこりました。十分満足です。寄席はいい。ほんまにいいです。寄席こそ咄家の生きる場所です。笑金、二葉、そうば、天蝶、鶴松の各師つないでくれたおかげで、「抜け雀」ができました。お客様が向き合ってくれたおかげで「抜け雀」ができました。関わって戴いた全ての皆さまに感謝申し上げます。ありがとうございます。



このページのトップへもどる