三者の動きと論点